Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 大人なら正しく使いたい!「お納めください」の意味や使い方・類語・注意点をまとめてご紹介

WORK

2021.05.23

大人なら正しく使いたい!「お納めください」の意味や使い方・類語・注意点をまとめてご紹介

ビジネスシーンで商品を納める時などに使う「お納めください」という言葉。「正しく使えていますか?」と言われると、少々不安になる方もいるのではないでしょうか。本記事では、「お納めください」という言葉の意味やビジネスシーンでの使い方、類語について解説します。

【目次】
「お納めください」の意味・使える相手・正しい表記とは?
「お納めください」の使い方を例文でチェック
ビジネスでも使える「お納めください」の言い換え表現
メールや口頭で「お納めください」と言われた時の返し方とは?
最後に

「お納めください」の意味・使える相手・正しい表記とは?

「お納めください」は、ビジネスシーンでよく使う言葉です。意味や、どんな相手に対して使う言葉なのか、正しくはどう書くのか理解しておきましょう。

「お納めください」の意味

(c)Shutterstock.com

「納める」は「金や物などを受け取って自分のものとする(小学館『デジタル大辞泉』より)」こと。「お」「~ください」とすることで、「お受け取りください」という意味の、受け取る相手を敬う尊敬語になります。

「収める」「治める」「修める」との違いは?

同じ読み方をする漢字、「収める」「治める」「修める」という言葉があります。それぞれの言葉の違いを説明していきましょう。

「収める」は、「中にしまう」「記録をする」「良い結果を得る」という意味。「貴重品を収める」や「記録に収める」「成功を収める」のように使われます。

「収める」と「納める」は、似た意味で使われますが、明確な違いがあります。「納める」は「義務を伴う事に使う」ということです。例えば、「税金を納める」「公共料金を納める」というように、「しかるべきところに入れる」という意味を持ちます。

「治める」は、「物事を落ち着いた状況にする。安定した状態にする」という意味。「領地を治める」「騒動を治める」「咳が治まる」など、統治や沈静といったニュアンスで用いる言葉。

「修める」とは、「心や行いを整える」「学問を身につける」こと。「身を修める」「フランス文学を修める」のように使います。

「お納めください」を使える相手

「お納めください」は尊敬語であることから、目上の方や取引先の相手など、敬うべき相手に使える表現です。よって、同僚や部下、目下の者に使うのは相応しくありません。

「お納めください」の漢字表記は間違い

メールや文章で「お納めください」と書く時に、「ください」なのか、「下さい」と書くのか、時折、迷いますよね。正しくは「ください」と仮名書きにします。

「下さい」は、「くれ」の尊敬語。「連絡を下さい」や「書類を下さい」というように、何かをもらいたい時に使います。「ください」は、「お伝えください」や「ご覧ください」など、「お」や「ご」をつけて、何かお願いをする時の敬語表現に用います。「ください」は「please」、「下さい」は「give」と英語で覚えておくと便利ですよ。

「お納めください」を使う時の注意点

(c)Shutterstock.com

「お納めください」は、お礼や手土産を贈る際に使われる表現。「遠慮なく受け取ってください」というニュアンスの言葉です。よって、給料や協力、労働の報酬など、相手が受け取るべきお金や物に対しては使いません。

OK「弊社の記念品です。よろしければ、お納めください」
NG「先月のご請求分です。お納めください」

また、結婚式でご祝儀を渡す際に「お納めください」と言うと、マナー違反だとされる事もあります。「納める」には、「終わり」や「死者の埋葬」という意味もあり、葬儀に使われる言葉だとされているからです。

「お納めください」の使い方を例文でチェック

贈り物をする時に、覚えておくと便利なフレーズをご紹介していきます。

1:「わずかですが、本日の御礼でございます。どうぞ、お納めくださいませ」

こちらは、お世話になった人に、御礼としてお金を渡す時に使える表現。「お納めくださいませ」は、「受け取ってください」ということをより丁寧に懇願したものです。

2:「つまらないものですが、お納めください」

取引先の相手に、手土産を渡す際に使えるフレーズ。「つまらないもの」は、「自分が持ってきた物は、つまらなく感じられると思いますが受け取ってください」と、自分をへりくだって相手を立てる表現です。

3:「いつもお世話になりありがとうございます。心ばかりの品ですが、お納めください」

「心ばかりの品」とは「ほんのささやかな品」という意味。自分の贈り物を謙遜していう言葉です。お世話になっている相手に、お中元やお歳暮などを渡す時に、この言い回しが使えますよ。

ビジネスでも使える「お納めください」の言い換え表現

(c)Shutterstock.com

1:ご査収ください

「査収」とは、「金品や書類などをよく調べて受け取ること」。「ご査収ください」は、「よく確認して受け取ってください」という意味で、請求書など確実に目を通してもらいたい種類に対して使います。

2:ご笑納ください

「ご笑納ください」は、「つまらない物ですが、笑って受け取ってください」という意味で、贈り物をする時に添える言葉。ざっくばらんな言葉になるので、目上の方や、取引先の相手に使うには注意が必要です。気心のしれた相手に対して使いましょう。

3:ご受納ください

「受納」は、「金品や贈り物を受け取り納めること」。「ご受納ください」は「金品や贈り物を、受け取って納めてください」という意味。一般的に、メールや手紙で使われる書き言葉です。

メールや口頭で「お納めください」と言われた時の返し方とは?

「お納めください」と贈り物を頂いた時は、「いただきます」や「頂戴します」と言って受け取ります。実際どのようにいうのか、メールの場合と口頭の場合のフレーズをみていきましょう。

【口頭の場合】

相手「心ばかりですが、どうぞお納めください」
自分「ありがとうございます。遠慮なくいただきます」または、「ありがとうございます。頂戴します」

「頂戴します」は「いただきます」よりも丁寧な表現になります。

【メールの場合】

「この度は、大変結構な品を頂戴しまして、ありがとうございました。お心遣いをいただき誠に恐れ入ります」

メールでの場合は、口頭より丁寧な言い回しをします。

(c)Shutterstock.com

最後に

贈り物をする時に添える言葉「お納めください」は、これからのお中元やお歳暮の季節にとても重宝しますよね。ビジネスシーンでお世話になっている方などに、「お納めください」と手紙を添えて、贈り物を送られてみてはいかがですか?

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.06.26

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature