【おしゃれな春コーデおすすめ57選】モデル体型じゃなくても似合う着こなし方は? | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 春ファッション
  5. 【おしゃれな春コーデおすすめ57選】モデル体型じゃなくても似合う着こなし方は?

FASHION

2021.04.03

【おしゃれな春コーデおすすめ57選】モデル体型じゃなくても似合う着こなし方は?

この春の新作アイテムは、きれいめアイテムとカジュアルなアイテムがそれぞれ豊富な印象だけど、どう着こなすの? そんな疑問に答える、きれいめな中にリラクシーなおしゃれ感を加えた春コーデをご紹介します。今押さえておくべきトレンドアイテムとともに、お気に入りの春コーデを探してみて。

【目次】
春コーデを楽しむには?
この春は着映えとリラックス感を両立させるのがカギ
気分をあげてくれるのはいつだって春めくスカート
最後に

春コーデを楽しむには?

フットワーク軽く、あちこち出かけたくなる春。3月の早春の頃はまだ肌寒いけれど、5月に向けてどんどん暖かくなるので、着こなしも軽やかさを意識して選びたいですね。きれいめ派が取り入れるべきトレンドとともに、今着たい春コーデをチェックしてみましょう。

・シーンレスに使えるスポーティアウター
・透け感素材やフォルム袖などの着映えトップス
・らくちんで洒落見えするボトムス
・きれい色アイテム

この春は着映えとリラックス感を両立させるのがカギ

きれいめな装いでありながら、リラクシーなシルエットであることが、この春のトレンド。難しそうに思えるけれど、甘いトップスなら辛口テイストをボトムスや小物に託す、カジュアルなアイテムは女っぷりよく着るなど、ルールは簡単。ここでは、着慣れているアイテムと合わせやすい春コーデをご紹介します。

【1】ショルダーウォーマー型グレーニット×黒ワイドパンツ

ショルダーウォーマー型グレーニット×黒ワイドパンツ

寒暖差がある日は、この春注目のショルダーウォーマーをレイヤード。腰回りがすっきりしたワイドパンツなら、短め丈とも相性抜群。抜け感のある白スニーカーと合わせて、きれいめカジュアルスタイルに。

きれいめにもカジュアルにも履ける“CABaN”ワイドパンツ【スタイリスト金子綾さん】がレコメンド!

【2】ブルースウェット×白Tシャツ×ネイビーパンツ

ブルースウェット×白Tシャツ×ネイビーパンツ

力の抜けたフォルムのきれいめスウェットは、着心地がいいのにこなれ感漂うアイテム。爽やかなブルーには上品なネイビーパンツを合わせて。首が詰まったTシャツをインすると抜け感アップ。

春っぽい爽やかブルーのスウェットを着こなしの主役に

【3】セージグリーンのフリルブラウス×水色デニム

セージグリーンのフリルブラウス×水色デニム

着映え力が高まる、華やかなフォルムブラウスを主役にしたコーデは、たっぷりとしたフリルの甘さを引き算するようなカジュアルアイテムがちょうどいい。水色デニムなら、セージグリーンにもなじんで品よく。

2021春は… セットアップとフォルムブラウスなしでは始まらない!

【4】カーキのスポーティアウター×赤ニット

カーキのスポーティアウター×赤ニット

アースカラー同士の組み合わせも、スポーティアウターに変えるだけで旬の表情に。カーキアウター×ライトグレーデニムのクールな配色に、赤ニットのスパイスを効かせて大人の洒落感に。

カーキアウターは、赤を差し色にしてスパイシーに!

【5】黒パンツ×オーガンジーシャツ

黒パンツ×オーガンジーシャツ

今春トレンドのオーガンジーシャツ×黒パンツの洗練コーデ。透けるシャツこそ辛口な色味でかっこよく取り入れるのが鉄則。こっくりとドライなモカブラウンで今どきの女っぽさを主張して。

シアーなアイテムはかっこよく仕上げるのがコツ!

【6】ベージュサロペット×ピンクカーディガン

ベージュサロペット×ピンクカーディガン

着るだけでコーディネートが完成する、大人な「つなぎ」が頼れる存在。今季、ワンピースよりも通な印象を与えるサロペットにきれい色カーデを合わせて洒落感のある着こなしに。

簡単に着こなせる! 通なサロペットコーデ

【7】白パンツ×カーキのAラインコート

白パンツ×カーキのAラインコート

バサッと広がるロングのAラインコートは、丸みを帯びた肩のフォルムを選んで今っぽさを演出。ボトムや小物をナチュラルな白でまとめて、大人のきれいめカジュアルを体現して。

シルエットが抜群に今っぽいジャケットで春仕様に!

【8】白ワイドクロップドパンツ×ネイビーテーラードジャケット

テーラードジャケットのボリュームに負けない、白のワイドなクロップドパンツが正解。インディゴ素材の軽やかなネイビーは白との相性が抜群! さらに靴には赤をセレクト。アクセントを少量効かせて、旬のバランスに導きます。

ベーシックだけど無難じゃない! 上品リッチなマリンスタイル

【9】ベージュワイドパンツ×白カットソー

薄着のように見えて、ぽかぽかのUNIQLOの極暖カットソー。白ハイネック×白シャツなら、春っぽいクリーンなレイヤードが完成します。

クリーンな白で一足早く春気分♪ 実はあったかレイヤードスタイル

【10】白デニム×オレンジリブニット

ジューシーなオレンジのリブニット×白デニムに、インディゴジャケットをはおってメンズトラッドな着こなしを。ワンハンドルのかごバッグと、色をリンクさせたローファーの上品リッチな小物使いで、ドラマティックな装いにアップデートできる。

今年のトラッドコーデは、カラートップスがアップデートの鍵!

【11】白細身パンツ×2WAYイエローニット

クリアな華やかさを表現できる白パンツは、美脚効果の高いセンタープレス入り。細身の白パンツには、きれい色で上半身映えを狙って。アクセサリーは最小限にするのがベター。

仕事帰りの飲み会スタイルは、きれい色ニット×白パンツで好感度1位!

【12】ピンクパンツ×グレージャケット×白ブラウス

パリッとしたクリーンな白ブラウス×桜色のパンツには、マニッシュなグレージャケットを肩がけが、颯爽とした印象を与えてくれます。

ピンクパンツをハンサムな印象で履くなら…

【13】ロイヤルブルーの美脚パンツ×ブラウンニット

ブライトカラーパンツの美脚効果を生かすべく、トップスはシンプルに。なんてことない着こなしも、色をアップデートするだけで見違えるほど今っぽく仕上がります。

はくだけで自信がもてる、カラーパンツコーデ

【14】デニムパンツ×イエローのロングカーデ×クルーネックニット

インディゴデニムは、明るい春カラーで初対面映えを狙うのが正解。イエローのロングニットカーディガンは、アームは細リブ、ウエストはツイストのあしらいで細見え対策も万全です。

きれいめカジュアルで、どんな予定にもフレキシブル対応!

【15】グレーワイドパンツ×カーキシャツ

グレイッシュなトーンにまとめるために、ワイドパンツには黄みのない浅い色味のカーキシャツをセレクト。色が浅いほうが、素材のごわつきがいい感じに活かせます。

カーキシャツはあえて崩さずかっちり着れば、新鮮なマニッシュコーデに

【16】カーキチノパン× 黒レースブラウス

カーキのチノパンにレディなムードを加える、クラシカルなワンハンドルバッグや華奢なピンヒールを合わせて。カーキのカジュアルさを大人っぽく仕上げるのが正解。女らしい要素を盛ってもトゥーマッチにならないのが、カーキのいいところ。

レースブラウスでユニセックスなチノパンツを女っぽく!

【17】デニムパンツ×ネイビーラクーンニット

インディゴデニムに合わせる、軽くて暖かいラクーンニットは優秀な2WAYアイテム。後ろ身ごろをフロントにすればシンプルなニットとしても活躍します。

出張コーデは、両A面トップス投入で着まわし力強化!

【18】グレーのチェックワイドパンツ×ピンクニット

単品だとマニッシュな印象のグレンチェックのワイドパンツも、ベリーピンクのニットと合わせるとこんなに女っぽく。グレーパンツと合わせるとコントラストがつきすぎず、きれいめに着られます。

チェックパンツはジェニックなピンクニット合わせで女度アップ♡

【19】グレーワイドパンツ×白カーディガン

グレーのワイドパンツと白カーディガンの淡色カラーで親しみやすく。気分だけでなく好感度もアップ。

ハイウエストなワイドパンツは配色で女らしさをプラスして

【20】ネイビーセットアップ×白スニーカー×キャップ

ハンサムなセットアップに、キャップとスニーカーを投入することで、途端に身軽でアクティブな印象に。スポーティな白スニーカーとなじませの黒キャップで、エフォートレスなジャケパンスタイルの完成。

意外! ジャケットセットアップは、スポーティ小物でお洒落にキマる♡

【21】ブルーシャツ×白ワイドパンツ×黒カーディガン

シャツ×ワイドパンツの定番コーディネートを丸メガネやベレー帽など小物使いでカジュアルダウン。ハリと光沢がリッチなブルーシャツはロングカフスがクラシカルな印象に。ハイウエストパンツのリボンで脚長効果を。

地元で過ごす日は「シャツ×ワイドパンツ」を小物でカジュアルダウン!

【22】白ニット×デニム×紺ブレ

白ニット×デニムというベーシックな組み合わせも、ジャケットをはおることで年相応の大人っぽさをまとって。小物で季節感とトレンドを表現して◎。

プレス・根本久仁子さんが大切にする【仕事服】3つのルールとは?|自分をプレゼンする服

【23】V字白ニット×淡ピンクパンツ×トレンチコート

春の定番配色といえば、トレンチ×きれい色。そのまま着たら普通の印象のニット×パンツも、ウエストポーチやパイソンブーツでひねりをきかせて、ありきたりにならない個性を発揮して。

定番ベージュ【トレンチ】おしゃれに着こなす! お手本着回し12コーデ

気分をあげてくれるのはいつだって春めくスカート

春はアウターや足元も軽やかになり、着こなしがレディライクに寄りすぎないようにしてくれるアイテムも豊富。女らしいスカートもテイスト次第で印象も変わります。ダークトーンでモダンに、シンプルで都会的に、カジュアルアイテムで外しを加えたり…。ここではスカートの甘さを引き立たせる春コーデをご紹介します。

【1】フューシャピンクのタイトスカート×グレーフーデットコート

フューシャピンクのタイトスカート×グレーフーデットコート

スポーティアウターのラフさは大胆にカラーを差すのが正解。鮮やかなフューシャピンクのタイトスカートにマットなグレーを合わせると上級な配色コーデが、かわいげのあるカジュアルに導いてくれる。

グレーアウターに鮮やかな色を効かせて上級配色に♡

【2】白フレアスカート×ビットローファー

白フレアスカート×ビットローファー

春を象徴するように軽やかな白フレアスカートは、黒のビットローファーをアクセントにエレガントに引き締めて。スカート~ローファーは、ライトグレーのリブタイツでつなぐのが早春のおしゃれの秘訣。

旬のローファー×ミモレ丈フレアスカートで今っぽく!! 早春の甘辛MIXコーデ3

【3】シトラスイエローのプリーツスカート×カーキブルゾン

シトラスイエローのプリーツスカート×カーキブルゾン

春の花が咲いたようなシトラスイエローのプリーツスカート。コンサバな印象があるプリーツスカートも、こんなきれい色ならモダンな雰囲気に。旬のスポーティアウターやスニーカーで鮮度よく。

春はやっぱり“きれい色”を着たい♡ 2021春の4大トレンドカラーは…

【4】イエローフレアスカート×ベージュブルゾン

イエローフレアスカート×ベージュブルゾン

鮮やかなターメリックイエローのフレアスカートは、着こなしを春にシフトしてくれるアイテム。ベージュのブルゾンやブラウン小物で落ち感のあるスタイルに導いて。

カラーアイテム投入で春への気持ちを高めて♡

【5】グレーサテンスカート×イエローロングカーディガン

グレーサテンスカート×イエローロングカーディガン

グレーニット×イエローロングカーディガンのニットレイヤードには、サテンスカートでキレをプラスして。旬のニットonニットも鮮やかな色と落ち感のある色を組みあわせることで、こなれた印象に。

トレンドのサテンスカートでニットコーデにキレをプラス!

【6】ライトグレーのプリーツスカート×黒ブルゾン

ライトグレーのプリーツスカート×黒ブルゾン

繊細なプリーツが入ったフレアスカートに黒ブルゾンを合わせた大人上品な着こなし。インナーはクリアな白Tシャツを選んでカジュアルなスタイリングに。

カジュアルDAYはリップにひねりを!

【7】オレンジタイトスカート×カーキブルゾン

ビビッドなオレンジのタイトスカートにグリーンのカラーをMIX。カジュアルなカーキを合わせることで、気張って見えずほどよい抜け感に。くたっとやわらかなニュアンスのスウェード素材を選ぶとハードになりすぎずキレ味よくまります。

スタイリスト金子 綾さんがオススメする春のモードスタイル

【8】ラベンダーフレアスカート×グレーカットソー

定番のグレートップスにラベンダーのフレアスカートを合わせた、春らしい配色コーデ。ひざ下丈スカート×ロングブーツでより今っぽいムードに。

ラベンダー色のフレアスカートを淡いトーンで春っぽく♡

【9】赤フレアスカート×グレーリブニット

街で映えるヘルシーなトマトレッド。大げさに見えないよう、合わせるアイテムは彩度を落としてバランスを取るのが正解。

今日から仕事始め! 赤のフレアスカートで気分もあげていこう♡

【10】ターコイズブルーのロングスカート×ショート丈Vニット

コーデュロイのロングスカートには、鎖骨見せやゴールドのツヤで色気を足して。カーキやブラウンのくすんだダークカラーがヴィンテージっぽいスカートとちょうどよくマッチします。

マキシスカートを女っぽく見せる深Vニットコーデ

【11】マスタードイエローのフレアスカート×ブラウンニット

マスタードイエローのフレアスカートで、品よくやさしげな印象に。足元の深みのあるグリーンが引き締め役として効果てきめん。ベーシックな組み合わせも配色でグッと今っぽく更新できます。

アフター7の映画デートはカラースカートでレディライクに

【12】サックスブルーのフレアスカート×黒ニット

映えるサックスブルーのフレアスカートと、同系色のヴィンテージスカーフで春色を取り入れて。タイツは青みのあるチャコールで、さりげなく色のリンクさせるとバランスよく。スカートに長さとボリュームがあるから、タイツは薄手の30デニールがベストなセレクト。

サックスブルーのフレアスカートが主役!

【13】赤フレアスカート×黒のタートルニット

女らしい華やかな赤のフレアスカートは、コンパクトニットと合わせるのが鉄板。ミニチェーンバッグとレザーブーツのモードめ小物で小気味よく仕上げてると、よりドラマチックに。

女らしいフレアスカート×モードめ小物で華やぎ仕事服

【14】ピンクのスウェードスカート×ボーダーカットソー

ちょっと気分を変えたい日に選びたい、ピンクのフェイクスウェードスカート。かわいいもオシャレも手に入るから、ボーダーのカットソーとの合わせでパリっぽく演出できます。

【ボーダーのおしゃれコーデ】×カラースカートでパリジェンヌのように♪

【15】ブルーテールスカート×ハイネックブラウス

すっきりした透明感のあるブルー配色のフレアスカート×ハイネックブラウスで大人の余裕が漂う装いに。アイテムがフェミニンなぶん、太めのシルバーバングルで女性らしさを引き算するのが正解。一見甘くなりそうなコーデもさらに小粋でさわやかな印象を与えられます。

【資料作りの日】足さばきのいいスカートは、座ってもよし立ってもよしの優秀アイテム

【16】白フレアスカート×白カーディガン×テーラードジャケット

白フレアスカート×白カーディガン×テーラードジャケット

カットソー素材を使用したフレアスカート。「シンプルトップスに映えるスカート」という発想でつくられたスカートなら、甘さではなく、女らしさを感じさせてくれます。

おしゃれプロ絶賛!【ATON(エイトン)】のフレアスカートが支持される3つの理由

【17】白タイトスカート×ネイビーブルゾン

白のひざ下タイトは全身をキュッと引き締めてくれるので、簡単にスタイルアップが叶うスカート。知的な印象のスカートには、ネイビーのブルゾンと、ぐるぐるストールとの組み合わせで。

簡単に細見えできちゃう! ひざ下タイトスカートでスタイルアップ♡

【18】白タイトスカート×ピンクスニーカー×ボーダー

清潔感と女性らしさのある、白タイトスカート×ボーダーサーマルのスポーティコーデ。足元にスモーキーなピンク色のスニーカーを持ってくれば、主張しすぎることなく着こなしに華を添えてくれます。

2足目のスニーカーなら、白黒コーデに春らしく映えるスモークピンクを指名買い♪

【19】グレージュのタイトスカート×ニット

グレージュのタイトスカート×ニット

ニット素材のタイトスカートとニットには、グレーとブラウンをブレンドしたような絶妙な色味のタイツを。おすすめはグレーモカのタイツ。同じトーンのスウェードブーツでなじませるとおしゃれにまとまります。

おすすめはグレーモカのタイツ。同じトーンのスウェードブーツでなじませるとおしゃれにまとまります

【20】グレージュのラップスカート×キャメルのラクーンニット

グレージュのミニ丈ラップスカートには、ラクーン100%のエアリーなふんわり感が愛らしいふんわりニットで温かい印象に。キャメル色が素材のやさしい表情を後押ししてくれます。

キャメルニット×ベージュスカートのワントーンで大人かわいく

【21】白フレアスカート×ブラウンニット

シンプルながら女らしく着こなす、白フレアスカートのまろやか配色コーデ。コーデュロイスカートがくれるカジュアルさが、きれいめコーデにあたたかみをプラスしてくれます。

カジュアルなコーデュロイフレアスカートで等身大エレガント

【22】グレーレースタイトスカート×テーラードジャケット×白T

女らしいレースのタイトスカートに、メンズライクなジャケットを合わせた甘辛ミックスコーデ。着丈があるテーラードジャケットは、タイトスカートのような細身ボトムと相性抜群。インナーに白Tを効かせることでこなれ感もアップします。

女っぷりのいいレーススカートをクリーンな辛口方向に振る!

【23】カーキタイトスカート×ピンクベージュニット

黄み寄りカーキのタイトスカートには、ピンクみのあるベージュニットをセレクト。あえて色味をずらすことで、おしゃれ感がぐっとアップします。小物は茶系で統一し、丸みをプラスします。黒よりもやさしい雰囲気になります。

グーコミューン×Oggiのひざ丈スカートで挨拶回りも好印象♪

【24】ブラウンタイトスカート×ダンガリーシャツ×ネイビータートル

上品リッチなタイトスカートは、ダンガリーシャツとネイビータートルを重ねて、トレンドのレイヤードスタイルに。シャツの後ろはゆるっとアウトします。トレンドのコーディネートもきれいめにまとまります。

ニット&シャツのレイヤードスタイルをタイトスカートで洗練に導いて

【25】ロング丈の花柄ワンピ×きれいめウールコート

花柄ワンピースは、ともすると子供っぽくなりがち。ダークトーンの花柄を選べば、きれいめのアウターとも合わせやすくなります。春コーデの着まわしにマストハブな一着です!

この春のマストハブはヴィンテージ調花柄ロングワンピース!

【26】濃グリーンニットワンピ×ライダースジャケット

ニットワンピとカゴバッグ… 冬から春につなぐ重×軽バランスの妙を楽しむのも◎。季節感の違いはあれど、温もり感があるという点で、もともと相性はいいはず。ダークトーンのモダンなデザインをチョイスして、カジュアルすぎないバランスに。

かごバッグで冬コーデを春へ繋ぐ! 重×軽のバランスが洒落見えポイント

【27】ブラウンシャギースカート×ドルマンスリーブ白プルオーバー

定番のペンシルタイトは、シャギー素材なら着こなしをフレッシュにしてくれます。トップスには、ほどよく女っぽさのあるドルマンスリーブを選んで。蓄温素材を使っているから、1枚で着てもあったかくしてくれます。

シャギースカート×シンプルトップスでヘルシーなかわいさをゲット!

【28】ブラウンラップスカート×白タートルネックニット

ミニ丈のブラウン・ラップスカートは、ほどよい抜け感が手に入る、ローゲージのざっくりタートルを合わせて。白×ブラウンのやさしい配色、かつボトムを選ばないユニセックスなデザインが使いやすく注目。

来季はミニボトムが本格カムバッグの気配。ブラウンスカートでいち早くトライ♪

【29】ブラウンミニスカート×イエローニット

2wayのイエローニットに合わせたいのが、好感度の高いミニ丈ボトム。ちょっぴりエッジを効かせたモードなスタイルにアレンジするのが、おしゃれ理解者の多い女子会でも即戦力として活躍してくれるはず。

高感度な女子会スタイルは、ミニスカート×ローファーで決まり!

【30】ブラウンレーススカート×白ニット

男女ともに好印象なレーススカートは、ブラウンをセレクト。ひざが隠れる丈感にファーバッグ&カラーパンプスで遊びを盛り込めば、さりげなく女らしい、これ見よがしじゃない理想のスタイルが完成です。

レーススカートで女っぷり高く仕上げた、ざっくり白タートルコーデ

【31】光沢カーキのフレアスカート×黒タイトカーディガン

光沢素材のカーキスカートは、タイトな黒カーデでミニマルに合わせれば、品が漂うシックなスタイルに。足元は肌の透け感を感じる30デニールの薄手が正解。カーキとの色のつながりがきれいになるよう、青みのある大人っぽいグレーを選んで。

旬なシャイニースカートをシックに着るなら…

【32】赤ニット×グレースカート

裏毛スウェットで描くフェミニンシルエットなニット×スカートコーデ。生地をたっぷり使うことで、スウェットなのにエレガントに見えるスカート。ショート丈のニットでバランスアップしてこなれ感を加味して。

【ナゴンスタンス|nagonstans】エンフォルドの休日服として誕生したブランド

【33】黒ブラウス×水色レーススカート

1枚で着映えるレーススカートは頼れる通勤アイテム。合わせがちな白のトップスを黒へシフトし、足元をブーツにするだけで、ぐっと辛口に。即、華やかさが手に入るレーススカートこそかっこよく着ることで、気分も印象もリフレッシュ!

【ANAYI】のレーススカート|働く女性の「ドラマな服」

【34】黒カーディガン×黒デニムスカート×フード付きジレ

カーディガン×デニムスカートのダークカラーコーデは、スカーフ使いで華やかさをプラス。旧友に会うときには、ちょっとした小物使いで差をつけて◎。フード付きで薄手のジレをさっとはおって、トレンド感のあるレイヤードスタイルに。

旧友とお出かけ♪ 日中は内勤だからデニムスカートでちょっぴり崩して

最後に

身も心も軽くなる春コーデはいかがでしたか? 振り切ったテイストの組み合わせって勇気がいるけれど、そのメリハリこそが気温差のある季節のおしゃれをバランスよくまとめる秘訣。甘くなりがちなきれい色アイテムの場合は、端正なシルエットを選ぶのがおすすめ。カジュアルアイテムと合わせたときに、今っぽいきれいめ×リラクシーがつくれますよ。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.05.17

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature