美人を作るメイク術まとめ|ほんのひと手間で大きく変わる丸秘テクニックを大公開! | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. メイクアップ
  4. トレンドメイク
  5. 美人を作るメイク術まとめ|ほんのひと手間で大きく変わる丸秘テクニックを大公開!

BEAUTY

2021.05.04

美人を作るメイク術まとめ|ほんのひと手間で大きく変わる丸秘テクニックを大公開!

「メイクをちょっと変えたくらいじゃ顔なんて変わらない…」と諦めていませんか? もしそうなら、これからご紹介するメイク術をぜひ試してみてください。このちょっとしたひと手間が、きっとあなたを美人顔に導いてくれるはず! いつもやっているメイクを一旦休憩して、美人を作るメイク術にぜひ挑戦してみてくださいね。

【目次】
肌をキレイに見せるベースメイク術
小顔に見せるシェーディング&チークの入れ方
美人に見えるアイメイクのやり方
顔の印象を左右する眉メイク
マスクを取っても美人をキープするリップメイク

肌をキレイに見せるベースメイク術

実はスキンケアが超重要!

清潔感のあるキレイな肌を叶えるためには、メイクだけでなくスキンケアの段階から仕込みが必要!

\How to/

実はスキンケアが超重要!

1. 洗顔したらブースターオイルを使って肌をやわらかくほぐします。2、3滴手に取ったら、優しくハンドプレスするようになじませましょう。乾燥した肌がほぐれ、次に使う化粧水の浸透もアップします。

実はスキンケアが超重要!

2. 次に化粧水をコットンにたっぷり取ったら、じっくり浸透させるように優しくパッティングしましょう。ヒタヒタになるまでなじませて、肌をモチモチに!

実はスキンケアが超重要!

3. 次に使うベースアイテムのことを考えて、ベタつかないタイプの乳液でうるおいのフタをします。カサつきやすい目元は乳液を重ねて、しっかりうるおい補給を。

ナチュラル肌はコンシーラー+パウダーで作る

ナチュラル肌を作るなら、コンシーラーとパウダーでミニマルに仕上げるのが○! 下地をしっかり使って気になる部分を先にカバーしておけば、ファンデーションを使わなくてもキレイな肌に。

\How to/

ナチュラルにしたいならコンシーラー+パウダーで

1. まずはティッシュでスキンケアで残った油分を優しくオフ。そっと押さえるようにして、過剰な油分を吸いましょう。

「高温多湿な夏は、肌表面の油分をオフしておかないと崩れやすい土台を自分で作っているようなもの。これだけで、もちのよさが大きく変わります!」(ヘア&メイク・笹本恭平さん)

ナチュラルにしたいならコンシーラー+パウダーで

2. トーンアップ下地を、額、鼻、両頬、あごに均等におきます。ラベンダーピンクの色味がついた下地は、肌色を補正し透明感のある肌へ。

ナチュラルにしたいならコンシーラー+パウダーで

3. 下地を内側から外側に伸ばします。フェイスラインは薄づきでOK。

「顔の外側を薄づきにすることで、自然なシェーディング効果も実現。わざわざ影色を入れなくても、下地のなじませ方しだいでメリハリのある骨格が可能に!」(笹本さん)

ナチュラルにしたいならコンシーラー+パウダーで

4. 皮脂が出やすい気になる毛穴は、毛穴カバー専用の下地を鼻周りに伸ばし、フラットに整えましょう。

ナチュラルにしたいならコンシーラー+パウダーで

5. コンシーラーで顔の中心をカバーしていきます。“ココがキレイだと美肌に見える”と言われている、目の下の三角ゾーンには放射線状に入れます。Tゾーンにも小さく入れて、ハイライト効果を狙って。

ナチュラルにしたいならコンシーラー+パウダーで

6. 肌と一体化したような仕上がりにするために、スポンジを使用します。こすらずポンポンと垂直になじませていきましょう。

「スポンジを使う際にありがちなNGが、パウダーファンデーションを広げる感覚で横にのばすこと。せっかくつけたものを拭い取ってしまうので注意!」(笹本さん)

ナチュラルにしたいならコンシーラー+パウダーで

7. 仕上げにパウダーをパフ全体にもみ込んだら、一度手の甲にのせ量を調整し、Tゾーンと小鼻、目の周り、頬全体に軽くのせましょう。

ナチュラルにしたいならコンシーラー+パウダーで

内側はたっぷりのうるおい、表面はサラサラの清潔感のある肌が完成! もともと肌がキレイな人のような仕上がりになるメイク術です♡

若月佑美が実践♡ ほぼすっぴんメイクはこうつくる!【スキンケア・ベースメイク編】

小顔に見せるシェーディング&チークの入れ方

立体感のある小顔を叶えるシェーディングの入れ方

スティックタイプのシェーディングを使えば、鼻筋の通った立体小顔を実現!

\How to/

立体感のある小顔を叶えるシェーディングの入れ方

1. フェイスラインにネコひげのようにシェーディングを入れ、指でぼかしましょう。

2. アイホールの目のくぼみにも影を入れ、しっかりとぼかし、鼻筋を通します。

SNS映え!【小顔ひと技メイク】写真写りが変わる骨格矯正パウダー&スティック

一瞬で立体フェイスができるチークの入れ方

チークはノンパールのマットな仕上がりのアイテムを使用。色はピンク系よりもベージュ系がGOOD。存在感がないくらいの入れ方の方が、ナチュラルで意志のある顔に!

\How to/

一瞬で立体フェイスができるチークの入れ方

1. チークをブラシに取ったら粉を少し落とし、頬骨の下にふんわりと円を描きながらのせましょう。

一瞬で立体フェイスができるチークの入れ方

2. チークの上部を指でトントンと軽くたたいて、肌との境目を曖昧にしナチュラルな印象にします。パフでポンポンとなじませるのもOK。

一瞬で立体フェイスができるチークの入れ方

チークの位置や入れ方をちょっと変えるだけで、自然な立体感のある小顔が完成します!

【シェーディングチーク】頰下に入れて立体感フェイスに|メイクの悩みを解決する超簡単プロセス

美人に見えるアイメイクのやり方

メイク下手でも失敗しないこなれアイメイクのやり方

アイメイクは少し引き締めて、キリッと感と知的さを出しましょう。ちょっとしたテクニックでこなれ感もアップします!

\How to/

メイク下手でも失敗しないこなれアイメイクのやり方

1. 二重幅よりもやや広い範囲にベージュのアイシャドウをぼかします。

メイク下手でも失敗しないこなれアイメイクのやり方

2. 下まぶたの際目尻⅔には、カーキ色のアイシャドウを目尻を5mmほどはみ出すくらいスーッとのせます。

メイク下手でも失敗しないこなれアイメイクのやり方

3. アイラインはペンシルタイプを使って、まつげとまつげの隙間を埋めるように入れていきます。線でくっきり引くのではなく、まつげ際に“深み”を出していくイメージです。

メイク下手でも失敗しないこなれアイメイクのやり方

4. 下まぶたは目尻から黒目の目頭側の端まで。こちらもまつげの間を埋めるように描くのがポイントです。

メイク下手でも失敗しないこなれアイメイクのやり方

5. [4]で引いたラインの上に、カーキのアイシャドウを重ねてラインをなじませます。にじみにくくなる効果も!

メイク下手でも失敗しないこなれアイメイクのやり方

6. 目尻のラインをまつげの上に1~2mm幅で、黒目の中心真上あたりから目尻に向かって足していきます。3~4mmほど横にスーッと伸ばして横幅を追加すれば、目力が倍増♡

メイク下手でも失敗しないこなれアイメイクのやり方

7. さらに[6]で引いたラインにベージュのアイシャドウを重ね、くっきりとしたラインの強さを和らげます。

メイク下手でも失敗しないこなれアイメイクのやり方

線をアイシャドウでぼかすひと手間で、こなれ感があるのにキリッと美人な目元が完成です!

オフィスで浮かない【目元メイク】いまどき囲み目メイクの作り方

下まぶたにレッドブラウンを仕込むとエッジが効く!

アイメイクに洒落感を出したいときは、レッドブラウンのアイライナーペンシルを使ってあか抜けさせて。アイシャドウはベージュ系でナチュラルにまとめるのが○。

\How to/

下まぶたにレッドブラウンを仕込むとエッジが効く!

1. 目尻から目頭に向け、ペンシルでキワをつぶすようにラインを引いていきます。

2. 二巡目は、まつ毛の内側ちょっと下あたりをなぞるように引きましょう。

3. 最後は綿棒を使ってラインをぼかし、肌へなじませたら完成です!

旬のドットトップスを垢抜けて見せるメイク【笹本恭平プレゼンツ】HOW TO動画付き

顔の印象を左右する眉メイク

洗練された柔らか眉の描き方

急なカーブを描くシルエットはきつい印象に見えてしまうので、ストレートぎみの形が理想的。眉の下側に重心をおいて太さを出せば優しい印象に。

\How to/

洗練された柔らか眉の描き方

1. ブラシに中間色のブラウンカラーを取ったら、眉の下をストレートにスッスッと描き足します。

洗練された柔らか眉の描き方

2. 濃いブラウンと中間色のブラウンを混ぜてブラシに取ったら、今度は足りない部分を埋めていきます。そのまま眉尻まで描き足して。眉間1cmは空けておくのがポイントです。

洗練された柔らか眉の描き方

3. ブラシに残ったパウダーを使って、上のラインをふんわりと足します。輪郭を整えながら太さを出していきましょう。

洗練された柔らか眉の描き方

4. 描いた感をなくすために、指の腹を使って軽いタッチで、眉頭から眉山までをなでてなじませましょう。

洗練された柔らか眉の描き方

5. 一番明るいブラウンを太めのブラシに取ったら、空けておいた眉頭1cmにふんわりなじませます。描いたか描いていないかくらいのバランスで仕上げるのがポイント。

洗練された柔らか眉の描き方

6. 最後は透明マスカラを使って、眉頭の毛を軽く立ち上げましょう。眉頭以外は毛流れに沿ってとかし、凛とした雰囲気もプラス。

洗練された柔らか眉の描き方

柔らかいのに洗練された印象の眉が完成!

やわらかい【眉】7つのプロセス|洗練された印象に♪

マスクを取っても美人をキープするリップメイク

女っぽさとおしゃれ感を両立させるならオレンジリップ

気負わないカジュアルさがある、でもどこか女らしい…。そのバランスを満たしてくれるのは、まろやかなオレンジリップ! マットな質感ならマスクにもつきにくい♡

\How to/

女っぽさとおしゃれ感を両立させるならオレンジリップ

1. オレンジのリキッドリップのチップ部分で、唇の輪郭を取りながら全体に色を塗っていきます。

2. 指を使ってポンポンとぼかしたら完成です。

女っぽさとおしゃれ感を両立させるならオレンジリップ

指でぼかせば唇から色が浮かず、程よくラフな仕上がりになりますよ。

マスクにもつきにくい♡ カジュアルなのに女らしい【ソフトオレンジリップ】でメイクを更新♪


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.22

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature