私らしさをコーデする【パリジェンヌファッション15選】特徴はこのアイテム♡ | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 私らしさをコーデする【パリジェンヌファッション15選】特徴はこのアイテム♡

FASHION

2021.04.19

私らしさをコーデする【パリジェンヌファッション15選】特徴はこのアイテム♡

「自分の感覚が一番!」… シンプルこそが幸せで、意志ある在り方がおしゃれなパリジェンヌ。そんな女性像を目指すフレンチシックな大人の【パリジェンヌコーデ】をご紹介します。シンプルさ・自由さ・自分らしさが輝く着こなしを楽しんで♪

【目次】
基本の【ボーダー・ドット】柄を活かしたスタイル
自由度あふれる定番の【デニム】コーデ
最後に

基本の【ボーダー・ドット】柄を活かしたスタイル

トレンドや人の目など、細かいことは気にしないパリジェンヌ。考え方がシンプルで、自分の感覚を信頼していることこそがおしゃれで、めいっぱい幸せを感じているイメージ。“自分らしさ”を普段着に、気分良く快適な生き方を!

≪POINT≫
・肩の力を抜く
・体裁にとらわれない
・トレンドは自分自身

【1】ボトムはクロップドが好バランス

ボトムはクロップドが好バランス

≪ボーダー 01≫
ボーダー×デニム×トレンチの鉄板パリジェンヌコーデ。ミニマルなブラウンのローファーで、肩の力が抜けた着こなしに。

フレンチシックを楽しむ休日♡ 足元は今旬のアレが正解!

【2】ほどよく力みを抜いたOFFコーデ

ほどよく力みを抜いたOFFコーデ

≪ボーダー 02≫
ジャケットにボーダーをイン。リラクシー感ただようキャスケットで、パリジェンヌ感をプラス。

パリジェンヌなキャスケット×ボーダーでOFFの日コーデ

【3】都会的なムードでフレンチに

都会的なムードでフレンチに

≪ボーダー 03≫
ボーダーにマキシ丈フレアを合わせた、今っぽいパリジェンヌコーデ。カジュアルながら、品格のある雰囲気に。

フレンチシック&都会的なムードで着こなして

【4】かわいさをONして気分をチェンジ!

かわいさをONして気分をチェンジ!

≪ボーダー 04≫
ちょっぴり甘さをまといたい日の、ボーダー×きれい色フレア。かわいさもおしゃれも手に入る。

【ボーダーのおしゃれコーデ】×カラースカートでパリジェンヌのように♪

【5】こだわりのセンスで印象アップ

こだわりのセンスで印象アップ

≪ボーダー 05≫
ボーダー×黒パンツのハンサムコーデ。赤ネイル・レースのシューズなど、小物で女らしさを加えれば『パリジェンヌの日常着風』に。

ブラックデニムをパリジェンヌの日常着風に仕上げる

【6】クラシカルな小物でパリ風に

クラシカルな小物でパリ風に

≪ドット 01≫
着るだけでフェミニンさただようドット柄。黒で締めれば洗練感の高い大人のコーデに仕上がる。

【スカート×ショートブーツ】のベストバランスコーデ

【7】パリジェンヌなガーリースタイル

パリジェンヌなガーリースタイル

≪ドット 02≫
裾が広がるドット柄スカートは、パリッとした白シャツを合わせれば甘くなりすぎない。

フレンチシックなガーリーシャツスタイル

【8】華を添える大人の着こなし

華を添える大人の着こなし

≪ドット 03≫
ドット柄ワンピースは、ベージュを合わせると小粋なパリジェンヌ風に。ワンピの甘さをジャケットで引き締めて。

「何かある日」の【ワンピース】コーデ12選

【9】女らしいタイトスカートで品よく

女らしいタイトスカートで品よく

≪ドット 04≫
ドット柄は小物で投入するのも◎ ボーダーとのカジュアルな掛け算は、黒で締めてなじませて。

【女っぽタイトスカート】をテイスト別に着回し♡

自由度あふれる定番の【デニム】コーデ

カジュアルコーデの定番『デニム』を自分らしく着こなすのも、ハイセンスなパリジェンヌの掟。トレンドよりも重視する“マイスタイル”なコーデとは? パリジェンヌのこだわりを取り入れた、今どきの着こなしをチェックしていきましょう。

≪POINT≫
・アウターにマストなベージュコート
・“女らしさ”をプラスする
・小物で“パリ感”をアップ

【1】トレンチをパリジェンヌ風に意識

トレンチをパリジェンヌ風に意識

デニム×赤バレエシューズのパリジェンヌな組み合わせ。コートをはおる際のデニムはクロップド丈を。

【キツくない顔】代表メイクの作り方…マストアイテムからコーデまで

【2】女らしく上品な色使い

女らしく上品な色使い

ベージュコート×クロップド丈デニムの鉄板スタイル。バレエシューズはソックス使いで、ぐっとフレンチシックに。

品と女らしさを兼ね備えたカジュアルコーデ

【3】ワイドデニムでスタイルアップ

ワイドデニムでスタイルアップ

タイトなトップスとワイドデニムのメリハリが効いたコーデ。アクセントのかごバッグやスカーフでパリジェンヌっぽく。

リラックス感とこなれ感が叶うデニムはコレ

【4】レトロな雰囲気が新鮮

レトロな雰囲気が新鮮

コケティッシュなフレアデニム×ジャケットの甘辛MIXコーデ。レースのトップスをINして女らしさを高めて。

おすすめサファリジャケット&コーデ16アイデア

【5】遊び心を楽しむパリジェンヌ-1

遊び心を楽しむパリジェンヌ-1

黒デニム×ブラウンタートルの辛口コーデ。シンプルだからこそ、キャッチーな小物でやんちゃさが際立つ着こなしを。

おすすめサファリジャケット&コーデ16アイデア

【6】遊び心を楽しむパリジェンヌ-2

遊び心を楽しむパリジェンヌ-2

デニム×バレエシューズのパリシックなコーデ。シンプル&ナチュラルな着こなしは、キャッチーなカゴバッグで気分を高めて。

デニム×バレエシューズで気分はパリジェンヌ♪

最後に

自由度高く自分らしく生きる。憧れのパリジェンヌ気分が楽しめるフレンチシックな着こなしをご紹介しました。シルエットや色使いや小物合わせなど、【パリジェンヌな雰囲気】に触れられたのではないでしょうか? まずは“コーデを遊ぶ”スタイルから。かっこいいのに女らしい、大人カジュアルを楽しんで♪


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.09.17

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi10月号P.60に掲載のフォークバイエヌのピアスの価格に誤りがありました。正しくは¥13,200になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature