【東京ステーションホテル】“お食事系アフタヌーンティー”の春メニューが3月から♡ 大人気エッグベネディクト含む12種のスイーツ&セイボリー | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. スイーツ
  5. 【東京ステーションホテル】“お食事系アフタヌーンティー”の春メニューが3月から♡ 大人気エッグベネディクト含む12種のスイーツ&セイボリー

LIFESTYLE

2021.03.06

【東京ステーションホテル】“お食事系アフタヌーンティー”の春メニューが3月から♡ 大人気エッグベネディクト含む12種のスイーツ&セイボリー

東京ステーションホテルの完全予約制アフタヌーンティーが春メニューにチェンジ。特別感のある空間で、旬の素材を使ったスイーツと食べ応えのあるセイボリーを、多彩な紅茶とともに提供します。

上品なルックスで大満足ボリューム! ホテルメイドの味を満遍なく楽しんで

東京駅舎の屋根裏空間に位置する、東京ステーションホテルのゲストラウンジ「アトリウム」で人気を博している「ペントハウス アフタヌーンティー」にて、春メニューの提供がスタート。3月より、日にち限定で開催します。

昨年から完全予約制で開催されている「ペントハウス アフタヌーンティー」は、開放的な空間で、込み合うことなく優雅にティータイムを過ごせると大好評。シーズナルのウェルカムドリンクに始まり、オリジナルのティースタンドには季節のフルーツや素材を使った大きめのスイーツ5種と、手の込んだ小さなサイズのセイボリー7種がセットされています。

今春は、旬の苺を味わうショートケーキや、甘酸っぱいリンゴのタルトが登場。また、“お食事系アフタヌーンティー”と称される所以であるホテル特製エッグベネディクトは、できたてをテーブルにお届け。特注のパン生地に生ハム、グリュイエールチーズ、ポーチドエッグ、そして濃厚なオランデーズソースをかけて焼き上げた、朝食でも人気の高い一皿です。

ドリンクは、高級紅茶ブランド「ロンネフェルト」の紅茶やオリジナルフレーバーティーなど全11種。追加料金でいただけるオリジナルブレンドのフレッシュフルーツティーは、苺やマンゴー、パイナップルなど、数種のフルーツとブレンド紅茶を合わせたもので、華やかな香りと味わいがティータイムにぴったりです。

密を気にせず楽しめる、オリジナルスタイルのアフタヌーンティー。メニューなどの詳細・予約はホテルのウェブサイトをチェックして。

【ペントハウス アフタヌーンティー】
価格:6,280円/6,980円(フレッシュフルーツティー付)※税サ込
期間:2021年3月6日(土)、13日(土)、14日(日)、29日(月)
※2021年4月・5月も同メニューにて開催。
時間:13:00~/13:30~ ※2時間制(ドリンク30分前L.O.)
※各日限定30名。2日前の12時までに要予約、満席になり次第受付終了。
場所:東京ステーションホテル4階 ゲストラウンジ「アトリウム」
予約:03-5220-0514(アトリウム直通 10:00~16:00)


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.23

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature