ビジネスマンなら知っておきたい!「取り急ぎご連絡まで」の正しい意味や使い方とは? 例文や注意点をご紹介 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. ビジネスマンなら知っておきたい!「取り急ぎご連絡まで」の正しい意味や使い方とは? 例文や注意点をご紹介

WORK

2021.02.17

ビジネスマンなら知っておきたい!「取り急ぎご連絡まで」の正しい意味や使い方とは? 例文や注意点をご紹介

「取り急ぎご連絡まで」というフレーズは、ビジネスシーンでも頻繁に使われるため、見聞きすることは多いでしょう。メールの締めにも使える便利な表現ですが、実は正しい使い方を理解していない人も少なくありません。本記事では、「取り急ぎご連絡まで」の基本的な意味や使い方を解説します。

【目次】
「取り急ぎご連絡まで」の意味とは?
「取り急ぎご連絡まで」の使い方と言い換えの表現を知ろう
「取り急ぎご連絡まで」は上司にも使える? 注意点も
最後に

「取り急ぎご連絡まで」の意味とは?

ビジネスメールでは、「取り急ぎご連絡まで」というフレーズが頻繁に登場します。メールの締めに使える便利な表現ですが、いつでもどんな時でも「取り急ぎご連絡まで」を使っている人は注意が必要です。

本記事で、「取り急ぎご連絡まで」の基本的な意味や使い方、注意すべき点を確認していきましょう。

(c)Shutterstock.com

「取り急ぎご連絡まで」の「取り急ぎ」は、「とりあえず急いで」という意味です。「まで」は、本来なら「いたします」とするところを省略した表現になります。つまり「取り急ぎご連絡まで」は、「時間がないので、とりあえず急いで用件のみ連絡します」という意味になります。

「取り急ぎ~まで」を使った表現は他にもあり、「取り急ぎご報告まで」「取り急ぎご挨拶まで」など、色々なバリエーションが存在します。

「取り急ぎご連絡まで」の使い方と言い換えの表現を知ろう

(c)Shutterstock.com

「取り急ぎご連絡まで」の使い方や言い換え表現をご紹介!

1:「部長の急な出張で、午後のミーティングは来週に延期になりました。取り急ぎご連絡まで」

当日になってミーティングの予定が延期になりました。参加予定でスケジュールを空けているメンバーに、急いで共有する必要があります。そんな時、「取り急ぎご連絡まで」を用いることができます。

2:「先日納品した商品が返品されたと連絡がありました。ただいま社外に出ておりますので、帰社次第内容を確認いたします。取り急ぎご連絡まで。」

外出先で、先日納品した商品が返品されたという連絡がありました。すぐにでも問題に対処したいところですが、外出中のため商品を確認することができません。対応が遅いと思われてしまうと信用にかかわります。外出中のため確認が遅くなるというこちらの状況を急いで伝えたい場合に、「取り急ぎご連絡まで」として、連絡を入れておくといいでしょう。

3:「まずはご連絡のみにて失礼いたします」

「取り急ぎ」は、挨拶などを省略しているため、目上の方には失礼となってしまいます。「取り急ぎ」を「まずは」と言い換えることで、雑な印象を持たれずにすみます。

また、「○○まで」は文末を省略しているともいえます。そのため、目上の方には、「申し上げます」「のみにて失礼いたします」など、省略しないように気を付けましょう。

他にも「まずは、メールにてご連絡いたします」や「まずは、ご案内申し上げます」などと言い換えることができますので、「まずは〜を申し上げます」という基本の表現を覚えておくと良いでしょう。

4:「以上、ご報告申し上げます」

「以上、ご報告申し上げます」も、「取り急ぎご連絡まで」と同様、ビジネスメールでよく登場するフレーズです。メールの最後の締めの言葉として使われ、「取り急ぎご連絡まで」よりも、「申し上げます」を使って丁寧に表現しています。

「取り急ぎご連絡まで」は上司にも使える? 注意点も

(c)Shutterstock.com

「取り急ぎご連絡まで」を使う際の注意点を覚えておきましょう。

1:本当に急を要する連絡のみに使う

多忙を極めるビジネスシーンでは、「取り急ぎ」を使ったフレーズは使い勝手のいいものです。しかし、常に使う表現ではありません。

「取り急ぎご連絡まで」は、急ぎで連絡が必要な場合のみに使うべき言い回しです。また「取り急ぎご連絡まで」は、どうしても急ぎで伝えたい内容だけを伝えるようにしましょう。長々と説明した後に「取り急ぎご連絡まで」というフレーズがあると、ちぐはぐな印象です。基本的な使い方としては、要点だけを簡潔に述べ、最後に「取り急ぎご連絡まで」と書きましょう。

そして、このフレーズで連絡した後は、必ず改めて詳しい連絡を入れるのがマナーです。「取り急ぎご連絡まで」と連絡して、そのままにしておくと、雑な印象を持たれかねません。便利な言葉ですが、注意が必要な言葉でもあります。

2:目上の方へは使わない

「取り急ぎ○○まで」というフレーズは、目上の方へは使わない方がよいでしょう。「取り急ぎ」は「とりあえず」という意味が含まれ、「○○まで」は、「します」や「いたします」を省略した、いわゆる略語です。略語を目上の方に使うのは、失礼にあたります。

ビジネスシーンで、どうしても目上の方に至急連絡しないといけないシーンでは、「まずはご連絡のみにて失礼いたします」と伝えましょう。このフレーズなら、目上の方へも失礼にはあたりません。さらに、「大変恐縮ではございますが」と前置きすると、さらに丁寧な印象になります。

3:「取り急ぎご連絡まで」には返信不要!

「取り急ぎご連絡まで」というメールを受け取った場合、基本的に返信は必要ありません。後から来た、詳細な内容の連絡に返信しましょう。返信しないことが気になる場合は、「承知いたしました」等のように、簡単な返信をしておけば、問題ありません。

最後に

(c)Shutterstock.com

メールの締めの言葉としてもよく使われる「取り急ぎご連絡まで」は、便利なフレーズであるとともに、きちんと理解して使わなければ失礼にあたることがお分かりいただけたかと思います。また、「取り急ぎご連絡まで」をクセで常用している人は、これを機に、メールの締めの言葉のバリエーションを増やす努力をしてみてもいいかもしれませんね。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.09.19

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi10月号P.60に掲載のフォークバイエヌのピアスの価格に誤りがありました。正しくは¥13,200になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature