銀座を一望できるランチ♡ プチ贅沢女子会にアルマーニのレストラン! | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. 銀座を一望できるランチ♡ プチ贅沢女子会にアルマーニのレストラン!

LIFESTYLE

2021.01.14

銀座を一望できるランチ♡ プチ贅沢女子会にアルマーニのレストラン!

東京・銀座「アルマーニリストランテ」で楽しめる、贅沢ランチを紹介します。大雄寺幹子さんによるブログです。

手土産姉ちゃん 大雄寺幹子

豪華な空間でランチ♡ 伊の伝統と和の食材が見事に融合したアルマーニリストランテ

今回はカルミネ・アマランテ氏(CARMINE AMARANTE)が8月にエグゼクティブシェフに就任して話題になっている「アルマーニリストランテ」に行ってきました! ランチコース「ASSAGGI」(5皿のコースメニュー)、「STAGIONE」(6皿のコースメニュー)で登場するお料理の中からシェフお勧めの冬のメニューを頂いてきたので紹介させていただきます!

コース料理のすべてが美しい! アルマーニリストランテ ランチ

アルマーニリストランテ 銀座タワー 10階にある「アルマーニリストランテ」は、銀座の街が一望できる洗練されたラグジュアリーな空間。ひとつひとつの席もゆったりしており、優雅な気分でゆっくりお食事がいただけます。

◆アミューズ

まずはアミューズ3品から(ASSAGGI/STAGIONE 同様)。

奥から時計回りに紹介していきます。

バターをたっぷり染み込ませたブリオッシュに人参ピューレとさよりのマリネをのせた一品。じゅわーっとしたブリッシュとマリネしたさよりの組み合わせが新鮮です。

次に、かぼちゃのタルトにのったコンソメスープ入りのゼリー。口の中にスープが広がります。

最後は、きのこで作られたお皿の上には可愛らしいお花の形の和牛の燻製カルパッチョ。

つけあわせには、暖かいサラミが入ったブリオッシュとフォカッチャ、全粒粉のパンも!

◆前菜

STAGIONEの前菜は、白いお皿に赤と白のコントラストが美しい、ホタテのカルパッチョ ビーツとスモークしたポテト。

北海道産の甘みのあるホタテのカルパッチョに、色合いも華やかな真っ赤なビーツが合わさった一品です。上には、桜チップでスモークしたポテトのエスプーマとキヌアが! 食感の違いを感じながら食べられるのも楽しい♡

ASSAGGIは、「マグロ ビーツのバリエーションとヨーグルトとキャビアのソース」がいただけます。

◆パスタ

ASSAGGIのパスタは「トルテッロ ジェノベーゼ」。

エグゼクティブシェフのカルミネ・アマランテ氏の故郷であるナポリの伝統家庭料理をアレンジしたこちらのパスタ。中にぎっしりと詰め物を入れた丸いパスタ“トルテッロ”と飛騨和牛との組み合わせは、まさににイタリアと日本の融合。きめ細やかで柔らかな飛騨和牛を包み込み、オニオンソースと絡めて、上にはトリュフのスライスが飾られた贅沢さ! 口に入れた瞬間、豊潤な味わいが広がります。

STAGIONEでいただけるパスタは「リングイネ 貝とブロッコリーのソース」。

しっかりと食べ応えのあるパスタ“リングイネ”には、旨味がギュッと凝縮された貝と、ブロッコリーの風味を存分に楽しめる鮮やかなグリーンのソースを絡めていただきます。

◆肉料理

ASSAGGIのメインは「仔羊または仔牛のローストとちりめんキャベツの詰め物」※和牛のローストへの変更の場合、通常+¥2,500。

低温調理で仕上げられた驚くほど柔らかな食感は歯が必要ないくらい柔らか! ちりめんキャベツの詰め物は、本場ミラノでは寒い季節になると食べられる豚ミンチを使用した煮込み料理“カッソーラ”をアレンジしたものだそう。

牛ミンチを包み込みレタスやキャベツを使ったグリーンのソースをかけていただきます。キャベツのパリパリとした食感とお肉のジューシーさが新鮮な味わいです!

STAGIONEのメインでは、魚料理の「甘鯛のアクアパッツァ」が楽しめますよ。

◆デザート

STAGIONEのデザートでは、シェフの出身地であるナポリの伝統菓子「スフォリアテッラ」が登場。

“ひだ を何枚も重ねた”という意味の「スフォリアテッラ」は、通常のパイ生地を使用した焼き菓子ではなく中身のフィリング部分をリコッタチーズとオレンジのカラメリゼで 再現したムースで、オレンジピールが爽やかなアクセントとなっています。STAGIONEはもう一品、「リンゴのミルフィーユ 赤ワインのシャーベット」も楽しめます。

ASSAGGIでは、「苺 マスカルポーネのエスプーマ カントゥッチのジェラート」がいただけます。こちらもおいしそうでした♡

アルマーニリストランテの夜のメニューも見逃せない

最後は、夜のメニューから特別に出していただいたデザートをいただきました。

ババ ナポレターノ(GINZA TOWER ディナーコースより)。

コロンとした可愛らしい形のババ(サバラン)の生地にはレモングラス、シナモン、スターアニス、バニラ、オレンジ、レモンが練りこまれており、甘いスパイスが効いた奥が深い優しい味わい。上にはシャンティークリームがたっぷりと乗っています!

チェリーのコンポート“アマレーナ”の乗ったさわやかなベルガモットシャーベットも一緒に。ババにはお好みで選べるラム酒もしくはリモンチェッロをかけると一気に大人の味に変身します。

* * *

アルマーニリストランテのメニューは、どれもイタリアの伝統と厳選された日本の食材を組み合わせたお料理。見た目だけでなくとても繊細で優しい味なので、見た目だけじゃなく味にもこだわりたい、ちょっと贅沢な女子会にオススメです!

アルマーニリストランテ 銀座タワー Armani/Ristorante – Armani Ginza Tower
ランチコース「ASSAGGI」5皿のコースメニュー ¥4,500(サービス料10%別)
ランチコース「STAGIONE」6皿のコースメニュー ¥10,000(サービス料10%別)

※文中の表示価格は税込価格です。

アルマーニリストランテ 銀座タワー

手土産姉ちゃん 大雄寺幹子

女性誌の制作に15年以上携わり、常に情報のシャワーを浴び続けるデザイナー。

職業柄見た目も重要だけど、味が一番大切。「手土産はコミュニケーション」を信条としている。学生時代にデパート地下のお菓子売り場でアルバイトをしたのをきっかけにデパ地下の魅力に取りつかれる。

以来、20年以上最低でも週に3回以上(多いときは週5日)はデパ地下に通うマニア。今までに手土産、お土産、自分へのご褒美に費やした総額は高級外車が買えるほど。(現在も金額は日々更新中!)

365日手土産、お土産、お取り寄せ、自分へのご褒美情報を仕入れ、デザイナーとしての仕事の他、手土産の相談を受ける日々。手土産は貰うのもあげるのも大好きで365日、何かしら甘いものを食べるスイーツマニアでもある。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.01.16

編集部のおすすめ Recommended

Feature