この人は無理! 友達や知人と距離を置きたいときの伝え方<働く女性のお悩み相談室#27> | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. お悩み相談室
  4. この人は無理! 友達や知人と距離を置きたいときの伝え方<働く女性のお悩み相談室#27>

LOVE

2020.12.26

この人は無理! 友達や知人と距離を置きたいときの伝え方<働く女性のお悩み相談室#27>

“新型コロナでも飲み会”する人と縁を切りたい! 行き場をなくしたお悩み相談に作家・安本由佳が答えます。

ライター・安本由佳が悩める女性の人生にアドバイス♡<働く女性のお悩み相談室#27>

こんにちは、ライター・安本由佳です。

およそ1年前から、Instagramのストーリーズでお悩み相談を受けています。

私自身すべての「正解」を知っているわけではありませんが、相談者さんの立場に立って真摯に考え発信し続けたところ、連日たくさんのお悩みが届くようになりました。

Oggi.jpでは、いただいたお悩みの中から、ぜひ皆さんと共有したい内容をピックアップ。一緒に答えを探していきます。

前回記事:『「クリスマスは検査入院なんだ」あからさまな嘘をついてる彼氏… 何て言えばいい?<働く女性のお悩み相談室#26>

お悩み相談は、現在もInstagramのストーリーズで受け付けています(匿名も可能)。真剣な相談内容には、種類を問わず可能な限りすべて答えます。

安本由佳 Instagram

さて… 今回みなさんと一緒に考えたいお悩みはこちら!

新型コロナ感染拡大中にも関わらず飲み会をやめないオジサン

(c)Shutterstock.com

お悩み:新型コロナ感染拡大中にも関わらず大人数での飲み会をSNS投稿している知人男性(オジサンです)がいます。社会的な地位もあるお金持ちの方ですが、非常識だなと驚きを隠せません。今後は付き合いをやめたいなと思っていた矢先「誕生日をお祝いしよう」と食事に誘われてしまって… 上手に断るにはどうすれば良いでしょうか。

新型コロナウイルス感染拡大が長引く中、海外のようにロックダウンせず「外出自粛要請」にとどまる日本では、判断が個人に委ねられています。

あくまでも「要請」であって「禁止」されているわけではないため、飲み会をしていてもSNSに投稿していても個人の自由。他人がとやかく言う筋合いはない、というのが現状です。

どう向き合うか・どのくらい日常を維持するか。皆が各自の価値観で生活するので「非常識だな」「この人とは相容れないな」と感じる場面が起きて当然と言えます。

飲み会をするのはオジサンの自由です。一方で、相談者さんがそんな彼を見て「今後は付き合いたくない」と感じるのも自由ですよね。

新型コロナの一件に関わらず、苦痛や不愉快に感じてしまう相手と無理に付き合う必要はない。距離を置けば良いと思います。

角を立てずに距離を置く方法

(c)Shutterstock.com

ただ、今回のご相談の難しいところは「誕生日をお祝いしよう」という言葉で誘われた点ですよね。

相手の男性は相談者さんが自身をどう見ているかについてまったく気付いていないし、むしろ好意を抱いている可能性もあります。

そして「誕生日を祝いたい」と思ってくれたこと自体は(受け容れられないにしても)ありがたい話でもある。相談者さんも「上手に断りたい」とおっしゃっていますが、できることなら角を立てずに終わりたいですよね。

これは一例ですが…

「新型コロナも収まっていませんし、お気持ちだけありがたく頂戴します。ありがとうございます」

まず、このように伝えてみるのはいかがでしょうか。

相談者さん自身は新型コロナに感染しない・させないよう気を遣って生活していることを暗に伝えた上で、誘ってくれたこと自体には感謝を示すことができます。

ここで「また改めて…」などと濁してしまうと後日ふたたび誘われてしまうので「お気持ちだけ頂戴します」と言い、食事に行く気がないことを伝えておくのが重要です。

もし、それでもまだしつこく誘ってくるようなことがあれば… その時はもう「角を立てずに」なんて気を遣うことなく無視してしまっても良いかと思います。

空気を読んでくれない相手には、ハッキリした態度でわかってもらうほかありません。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

ライター 安本由佳

慶應義塾大学法学部法律学科卒
化粧品メーカー広報、損害保険会社IT部門で勤務したのちフリーランスへ。
2015年に軽井沢に住まいを移し、ホテルやカフェのPRに従事するほか、軽井沢暮らしを紹介するコラムを連載中。2016年〜2020年1月 東京カレンダーWEBにて執筆。2020年10月15日 講談社文庫より初書籍「不機嫌な婚活」発売。現在Amazonにて販売中


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.01.27

編集部のおすすめ Recommended

Feature