"壁ドン"はさすがにもう古い!? 男性がやりがちなモテない行動3選 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. “壁ドン”はさすがにもう古い!? 男性がやりがちなモテない行動3選

LOVE

2020.11.21

“壁ドン”はさすがにもう古い!? 男性がやりがちなモテない行動3選

女性側の好みが分かれる、男性からの「胸キュンシチュエーション」を3つ紹介。女子の本音をアラサーOLライターのタケ子が調査してきました!

OLライター タケ子

あなたは好きですか? 彼からの胸キュンシチュエーション3選

皆さんこんにちは! アラサーOLライタータケ子です。恋愛ドラマを見ていると、素敵な彼から彼女に対する胸キュン仕草って出てきますよね。

そんな胸キュンシチュエーション、実は苦手と思う女性も多いようです。今回は彼からされて萎えちゃった勘違いモテテクを、周囲の働く女性たちに聞いてみました!

◆時と場合を考えて欲しい「頭ポンポン」

(c)Shutterstock.com

私が真っ先に思い浮かんだのは「頭ポンポン」。可愛い彼女への愛情表現としてやっていることなのか? それとも「これ、女子はみんな好きだろ?」というモテテク教科書で勉強した男性心理なのでしょうか。

働くアラサー女性たちに話を聞いてみると意外にもハッキリと意見が分かれてしまいました。

「これ絶対ヤダ! なんかバカにされている気がする!」(28歳・女性)
「朝とかベッドでポンポンしてくれるのは嬉しいけど、日中はやめてほしい。人に見られて恥ずかしい」(33歳・女性)
「私はやってほしいです♡ けど逆に彼にやってあげたら嫌がるんですよね」(29歳・女性)

確かに私もいつでもやってほしい! という感じではないかもしれません。10代の頃は嬉しかった気もしますが、さすがに30代ともなると、ちょっとね… たとえば映画を一緒に見ている時にふいに彼が頭をなでなでしてくると映画に集中できないし、ましてや多くの人たちがいる前では恥ずかしくてやめてもらいたい。私はスキンシップはおうちでされた方が嬉しいタイプ。

◆さすがにもう古い「壁ドン」

(c)Shutterstock.com

これもまた女子が好きそうな行為なのかもしれませんが、もうとっくに過去の産物みたいです。OLさんたちの意見がこちら。

「彼氏に真顔でやられましたが普通に引きました。ドラマの見過ぎ」(30歳・女性)
「キスする前提で壁ドンする男の人多くないですか? 狙ってる感バレバレでぷぷって笑っちゃう」(28歳・女性)

けれど実際にキュンとしたパターンも!

「つきあう前の彼とのデートの帰り道だったんですけど、その道は人通りが多くて、すし詰め状態。たまたま後ろから押されてしまい、彼は私をかばおうと不意に壁ドンしてきました。その時はさすがドキっとしました」(35歳・女性)

愛する彼女を守ろうとする不意の壁ドンにはキュンとしちゃいますね。でもそんなタイミングってなかなかないもの。壁ドンの多用は女性に引かれる一因になりかねません。

◆恐怖の「バックハグ」

(c)Shutterstock.com

多くの女子が喜びそうなものかと思いきや、苦手と感じる方も。

「バックハグって、急にされると結構怖いんですよね。本能で『襲われる!』て感覚になっちゃって」(31歳・女性)
「私も苦手です。外で不意にされて『キャ〜!!』って叫んじゃったことも(笑)」(34歳・女性)

後ろからの唐突なバックハグはびっくりしちゃいますよね。あらかじめ近くに寄ったり、会話したりするなど、安心感を与えてもらえると受け入れやすいかも

* * *

一見どれも女子が好きそうなシチュエーションかもしれませんが、不快に思われた時点でそれは失敗に終わっちゃいます…。男女ともに言えることですが、大事なことは相手の好みの把握。より円満なコミュニケーションを目指すなら、嫌なことは嫌と伝えるのも大事ですね♡

TOP画像/(c)Shutterstock.com

OLライター タケ子

恋愛コラムや指南書を読み漁り、婚活の糧にしているOLライター。スイーツや食にも興味あり♪


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.11.26

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「すみません、先輩もわかりません!」P210に掲載のTBS山本里菜アナ着用のワンピースの価格に誤りがありました。正しくは¥29,000(税抜)になります。お詫びして訂正いたします。

Feature