Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. ヘア
  4. シャンプー
  5. 【白髪予防におすすめのシャンプー6選】その他のケアと合わせて効果アップ!

BEAUTY

2022.04.13

【白髪予防におすすめのシャンプー6選】その他のケアと合わせて効果アップ!

黒髪はどうして白くなるの? 白髪の原因は明確には解明されていないけれど、着目したいのは皮脂&頭皮ケアです。大人の髪悩みにおすすめのシャンプーや、シャンプー後に守ること・日常生活で気をつけるべきことをまとめました。頭皮を老化させる菌について学び、これから生えてくる髪のために健やかな頭皮環境をキープしましょう。

【目次】
白髪はどうしてできるの?
【原因と対策】白髪ケアは“頭皮”に着目を!
【白髪予防におすすめ】頭皮環境を整えるシャンプー
最後に

白髪はどうしてできるの?

髪を黒くしているのは「メラニン」という色素。加齢にともない、メラニン色素を作り出す細胞「メラノサイト」の再生が遅くなることで、黒色が維持できなくなり白髪になると言われています。

〈POINT〉
・白髪は増えないように予防対策を
・原因を防ぐために内側からのケアも大切
・シャンプー後の注意点も確認しよう

【原因と対策】白髪ケアは“頭皮”に着目を!

年齢を重ねて白髪になるのは仕方のないことなのでしょうか? 髪を黒くしている仕組みと、白髪を急激に増やさないための対策を、菌ケア専門家の下川穣さんにお聞きしました。

【1】頭皮の健康状態に大切な3つのこと

下川穣さん

教えてくれたのは… 下川穣さん
[菌ケア専門家。株式会社KINS 代表取締役。慢性疾患に対する根本治療を目指した生活習慣改善指導を行っている]

白髪や抜け毛などの悩みは、“頭皮”にフォーカスしないと解決しません。髪の悩み=頭皮の悩みなのです。

研究で明らかになっているのですが、頭皮の健康状態に深くかかわるものは下記の3つ。

1. 細菌
2. 真菌
3. 皮脂

頭皮はこの3つの要素が複雑に絡み合い、そのバランスが崩れることでさまざまなトラブルが起こるのです。

【2】皮脂は質と量が重要

皮脂は質と量が重要
イラスト/渡邉 唯(eidos)

肌同様に頭皮にも無数の細菌が生息しています。良い働きをしてくれる真菌もいれば、悪さをしてしまう真菌も。

皮脂をエサに増殖する細菌は、増えすぎると“菌バランス”が崩れて頭皮に悪影響を与えます。

細菌も真菌も暴走の原因の一つに「皮脂」が関わっているので、皮脂の質や量をコントロールする“菌ケア”を意識することが大切です。

【3】シャンプー後も『菌ケア』を

健康な頭皮を維持するためには、「お風呂上がりケア」にもポイントがあります。

シャンプー後も『菌ケア』を
(c)Shutterstock.com

1. すぐにドライヤーをかける
汗も含め、髪を濡れたまま長時間放置すると、湿気が大好きな「コリネバクテリウム」という菌が増えやすくなります。この菌が増えすぎると、さまざまな頭皮トラブルのもとに。

2. 高温でドライヤーをかけない
髪のほとんどはタンパク質でできているため、高温になりすぎるとタンパク質に変性が起きてしまいます。髪が濡れている場合は60℃・乾いているときは120℃以上にならないよう、気をつけましょう。

【4】日常生活でできること

皮脂をコントロールするためには、内側からのケアも大切です。

1. 血糖値の急激な上昇を抑える
血糖値が急上昇すると、成長ホルモンに似た物資が過剰に作り出され、皮脂が大量に分泌されます。パンやパスタなどの白い炭水化物・白い砂糖・果糖ぶどう糖液糖など、血統値の急上昇を招く食品を抑えましょう。

2. ホルモンバランスを整える
偏った食生活やストレスが続くとホルモンバランスが乱れ、皮脂分泌が過多になる傾向が。ホルモンバランスの乱れにも“腸内細菌”が関わってきます。

美しい髪は菌バランスが整った健やかな頭皮に育つもの。今日のヘアケアと、毎日の生活習慣を見直して、健やかな髪をキープしましょう。

フケ・痒みに悩むなら“菌ケア”! 肌荒れ予防も期待

【白髪予防におすすめ】頭皮環境を整えるシャンプー

直接白髪を予防するシャンプーはほとんどありませんが、頭皮環境に影響を与える皮脂を除去しつつ、うるおいを守って優しく洗い上げるものが理想。顔の肌と同じく、頭皮も乾燥を招くのはNGです。大人の髪悩みを考えたシャンプーを紹介します。

【1】ITRIM|エレメンタリー シャンプー N(写真:1)

ITRIM|エレメンタリー シャンプー N

毛髪サイクルを整え、健やかな髪を育むシャンプー。美しい髪を育む成分のシナジー効果を考えられて厳選配合。

1万円越えの高級シャンプーがバカ売れ!? なぜ!?

【2】La ViLLA ViTA|リ・ヘア シャンプー

La ViLLA ViTA|リ・ヘア シャンプー

ヘマチンを濃厚に配合。アミノ酸系洗浄成分で髪と頭皮を洗い上げながら、頭皮環境を整えます。

かゆみもフケもさよなら♥ 多忙でもすぐできる髪の乾燥対策

【3】HACCI|ハーブ×ハーブ シャンプー

HACCI|ハーブ×ハーブ シャンプー

たっぷりの泡で洗い上げるノンシリコンシャンプー。頭皮の毛穴をひきしめて、巡りを高めながら健やかな頭皮環境に。

【HACCI】の新ヘアケアで頭皮をケア&心地よいサラサラ髪へ

【4】オージュア|グロウシブ シャンプー(写真:左)

オージュア|グロウシブ シャンプー

地肌や髪に影響を与えている、地肌表面に存在する細菌群(スカルプフローラ)に着目。頭皮環境を整えながら、豊かで健やかな黒髪へ導きます。

「白髪・抜け毛・やせ細り」のメカニズムを徹底的に研究!

【5】美巣|美巣シャンプー

美巣|美巣シャンプー

加齢による髪悩みにアプローチするシャンプーを目指して開発。アミノ酸系と石鹸系の洗浄成分で、皮脂汚れをしっかり落としつつ、地肌にやさしい洗いあがりです。

薄毛・細毛に悩む女性へ…【美巣】シャンプー

【6】ジョンマスターオーガニック|S&Mスキャルプシャンプー

ジョンマスターオーガニック|S&Mスキャルプシャンプー

スペアミント油・トウガラシ果実エキス配合。スーッとした清涼感が頭皮を引き締めながら、余分な皮脂や古くなった角質を除去します。ベタつきをケアして健やかな頭皮環境に。

健やか頭皮で美髪を育む【ジョンマスターオーガニック】

最後に

1本、また1本と、見つけるたびに「何かケアしなきゃ」と気になる白髪。加齢だけが原因とは限らない、白髪を招く頭皮環境や生活習慣について解説しつつ、おすすめのシャンプーも紹介しました。使う物ももちろん大切だし、ケアの仕方も大切。さらに、体の内側もケアして効果を高めていきましょう。

トップ画像/(c)shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.06.27

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature