Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 浮気
  4. まさか旦那が浮気…!? アラサー妻が夫の不倫に気づいたエグすぎる瞬間3

LOVE

2020.09.26

まさか旦那が浮気…!? アラサー妻が夫の不倫に気づいたエグすぎる瞬間3

「うちの夫に限って、不倫なんてないはず」と思っていたのに、いとも簡単にそんな信頼が崩れたアラサー妻も…。夫の不倫に気づいたエグい決定的瞬間を、3人のアラサー女子が打ち明けます…!

Oggi.jp特捜班

1:夫のライブ配信を見て直感がピンっ…!

(c)Shutterstock.com

「夫が、趣味の歌を披露するライブ配信を始めたんです。夫の配信には、あまり関心がなかったんですけど、なぜかその日は私の直感が『今日は絶対に、夫の配信を見たほうがいい!』と胸騒ぎが(笑)。それで、夫のアカウントは前に教えてもらっていたので配信を見てみたら、何やらやたら親密な女性がコメントしまくっていて唖然…。

しかも夫は、配信の世界では『独身です!』って嘘をついていて、驚きました。その女性は配信上で、ずっと夫の彼女気取り…。コメントの様子から、いかにも男女の仲になっているムードが気になってしまい、おかしいなって思ったのです。

それで数日後に夫を問い詰めたところ、浮気を白状しました。家では特に変わった様子はなかったので、夫のライブ配信を見なければ気づかなかったと思います…」(31歳女性/衣料品関係)

家で見せている顔と、外での顔が異なる男性は多いです。ライブ配信など、ネットの世界で浮気相手を見つける話は最近増えているだけに、興味がなくてもたまにチェックしておくと安心かもしれません。

2:夫の女友達から誤爆LINEが届き…

(c)Shutterstock.com

「夫の女友達とずっと前に会ったことがあり、LINE交換もしていたのですが、交換したままでやりとりはしていなかったんです。ところが、あるときにその人からLINEがきて『昨日はありがと! 奥様にバレないようにねーw』って書かれていたので『えっ?』って思って。その文面が気になって、いろいろ考えているうちに『これって、夫の浮気相手と私を間違えているんじゃ?』ってピンときました。

それで、その子に『私は○○の妻ですけど?』って返信をしたら、いきなりメッセージが送信取り消しされて『申し訳ありません!』って返事が来ました。それっきりだったのですが、さすがにこの流れはおかしいよなって感じたから、帰宅した夫を問いただしましたよ! そうしたら、夫が浮気を白状しました。その女友達と浮気相手の女性を会わせて一緒にご飯していたらしいです…」(32歳女性/PR)

予期せぬ誤爆LINEが引き金で、夫の異変に気づく話も珍しくありません。当人だけでなく、第三者からの誤爆によって悪事が明るみになることもあるから、悪いことはできませんよね…

3:義母から「早く別れなさい」とメールが…

(c)Shutterstock.com

「義母はスマホが使えないので、いまだにガラケーを愛用中。機械音痴なので、ほとんど連絡はきませんが、そんな義母から『早く別れなさい』って書かれたメールが届いて、びっくり仰天。うちは夫婦円満だし、私は義母にも可愛がってもらっているから、裏では離婚を望んでいたのかと思ったら、かなり驚いたしショックでしたよ…でもきちんと義母と話をしようと、少し経ってから電話をしたら、さらにビックリさせられました。

実は、義母は夫が浮気をしているのを知っていて、私に知られる前に相手の女性と別れさせたくて息子に送ったつもりのメールが、間違えて私に届いてしまったとのことでした。私が義母に電話するまで、義母自身、誤送信したことに気づいていなかったんです。

不快な思いをさせて申し訳ない。黙っていて申し訳なかった』と平謝りされましたが…。いろんな意味で複雑でしたね。結局、夫にすべてを話し、相手の女性と別れさせました」(33歳女性/食品関係)

機械音痴な義母絡みでのちょっとしたトラブルは、あるあるのひとつ。しかしそこに夫の浮気を知るきっかけが潜んでいたとは…、なんともエグすぎる出来事です。

* * *

夫の浮気に気づく瞬間は、どんなシーンでもエグいものですが「事実は小説より奇なり」とも聞くように、ある日突然、日常がひっくり返るようなエグいシーンに遭遇したアラサー女子もいるようです。こんな体験をしたら、しばらくはショックが続きますよね…。どんな事情があれ、浮気はダメっ! 絶対…!!

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.22

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「スーツが得意なブランドのジャケットがすごい!」P160に掲載のジャケットのブランド表記に誤りがありました。正しくは、左のジャケットが「ホワイト ザ・スーツカンパニー」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature