会社員から一転! 極上のウニをとる女性漁師の素顔とは… | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. エンタメ
  4. 映画・テレビ
  5. 会社員から一転! 極上のウニをとる女性漁師の素顔とは…

LIFESTYLE

2020.09.27

会社員から一転! 極上のウニをとる女性漁師の素顔とは…

今回ご紹介するのは、漁師・川内谷 幸恵(かわうちやさちえ)さん。人生観を映し出すドキュメンタリー番組「7ルール」を振り返り、仕事をする女性たちへのヒントを見つけます。

川内谷 幸恵さんってどんな人?

札幌から電車で1時間半ほどの場所にある北海道・余市町。ウイスキーの聖地として知られ、NHK連続テレビ小説「マッサン」の舞台にもなったこの町は、海の幸に恵まれた漁業が盛んな土地でもある。

ここで全国でも数少ない女性漁師として活躍しているのが、今回ご紹介する・川内谷幸恵(かわうちやさちえ)さん

彼女が最も得意とするのがウニ漁。彼女のとるウニは品質が良く、専門店などが指名買いするほど支持を得ている。

−−漁師になった理由とは?

余市町で漁師をする父・藤一(ふじいち)さんと母・伸子(のぶこ)さんの長女として誕生。

福祉施設の事務員として働いていた彼女にとって、転機となったのは5年前。父の藤一さんが心筋梗塞で倒れたことだった。「私が駆けつけたときには全然意識もなくて。もう元気な姿は見られないんじゃないかなと思った」という。

3日後に意識を取り戻し、奇跡的に持ち直した藤一さんだったが、これまでのように一人で漁を続けるのは厳しくなった。一念発起した彼女は、家業を継いで漁師になることを決意。

川内谷 幸恵さんの「7つのルール」

さて、そんな彼女が「いつもしている7つのこと」=「セブンルール」とは…?

■1. 他の漁師の見落としを狙う

過去に他の漁師が探した場所でも探すのが川内谷さんのスタイル。どうしても男性と女性で力の差はあるから、そこは自分なりの工夫や忍耐力でカバー。

■2. 殻に沿ってウニの身をむく

ウニの身をむくときは、殻をなぞるように殻に沿ってむくのがこだわり。身を傷つけないように細心の注意を払っている。

■3. シケの日は息子とキャッチボール

シングルマザーとして息子と暮らす彼女。父親代わりにできることもやってあげたいという想いから、漁に出られないシケの日は、息子とキャッチボールをする。

■4. 両親にハンドルは握らせない

家族が移動するとき、両親には車のハンドルを握らせないと心に決めている彼女。両親にはいつまでも元気でいてほしいと願っている。

■5. 毎週土曜日は観光ツアーを企画する

ウニ漁が休みの土曜日、彼女には休日を返上して取り組んでいることが。それは、ウニの身むきの体験ツアー。多くのひとに漁師という仕事に興味を持ってもらいたいという思いから。

■6. 網を張った後は寝て待つ

サケ漁では、魚が通過する場所に網を張り、網目に魚をからませる漁法でとる。網を張った後は、漁師は一旦家に帰ることが多いが、彼女は船内で仮眠をとることで体力を温存。

■7. 働く姿を子どもに見せる

彼女が漁師になって心からよかったと思う瞬間、それは子どもに働く姿を見せられるとき。自分自身も親の背中を見て育ってきたので、子どもには働く姿を見せていきたいという。

* * *

次回の「7ルール」の放送は、9月29日(火)よる11時00分~。主人公は、映画の町・尾道に復活した小さな映画館の支配人・河本清順(かわもとせいじゅん)さん

Oggi.jpでは、番組を振り返りながら仕事をする女性たちへのヒントを見つけていきます! ぜひチェックしてみてくださいね♡

セブンルール(カンテレ/フジテレビ系列 全国ネット)

【放送日時】毎週火曜よる11時~11時30分
番組は“今最も見たい女性”“最も見せたい女性”に密着し、7つのルールを手がかりに、その女性の人生観を映し出す新感覚ドキュメント。スタジオでは、YOUさん、芥川賞作家の本谷有希子さん、俳優の青木崇高さんに加え、「クリープハイプ」の尾崎世界観さん、元欅坂46の長濱ねるさんの5人が縦横無尽な人生観トークを繰り広げます!

【7RULES(セブンルール)オフィシャルWeb site/SNS】

オフィシャルWeb

Twitter

Instagram


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.25

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「スーツが得意なブランドのジャケットがすごい!」P160に掲載のジャケットのブランド表記に誤りがありました。正しくは、左のジャケットが「ホワイト ザ・スーツカンパニー」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature