あなたは読めますか?「霊験灼たかな神様」の"灼たか"を正しく読むと…? | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. あなたは読めますか?「霊験灼たかな神様」の“灼たか”を正しく読むと…?

WORK

2020.10.31

あなたは読めますか?「霊験灼たかな神様」の“灼たか”を正しく読むと…?

普段、何気なく使う漢字の読み方をクイズ形式で出題! 今回は、「霊験灼たかな神様」。

「霊験灼たかな神様」の「灼たか」はなんと読むのが正解?

ここ最近、良いことに恵まれないで悩んでいる友人から「霊験灼たかな神様を参拝したいから、一緒に行かない?」とLINEで誘われました。気分を変えたいときや、流れを変えたいときには、参拝に行くと気持ちが清々しくなりますよね。

灼たか”は、神仏の利益(りやく)が際立ってあるさまという意味です。この「灼たか」を、正しく読むことができますか。

【問題】
「霊験灼たかな神様」の「灼たか」の読み方はどっち?

1. しゃくたか

2. あらたか

正解は?

2. あらたか

灼たか(読み:アラタカ)
[形動][文][ナリ]《形容動詞「あら(灼)た」から》神仏の利益(りやく)が際立ってあるさま。あらた。いやちこ。「霊験灼たかな神」
(小学館デジタル大辞泉より)

【もっとことばの達人になりたいときは!】
ジャパンナレッジ 知識の泉「賢くなること請け合い! 言葉力クイズ


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.01.17

編集部のおすすめ Recommended

Feature