Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 生理用品にあれまで! ロハコから届いたこのリュックの中身は…?

LIFESTYLE

2020.09.21

生理用品にあれまで! ロハコから届いたこのリュックの中身は…?

万が一のときのために備えておきたい! ロハコで発売中の『女性用防災セット』についてご紹介。

災害時の女性の悩みに対応!『女性用防災セット』

地震だけでなく台風や豪雨など、毎年のように自然災害に見舞われている昨今、いざというときのために防災グッズは備えておきたいところ。でも、日々の生活に追われて後回しになっていませんか?

▲アスクル限定 東京商工社 女性用防災セット/¥9,207

ロハコで発売中の『女性用防災セット』は、緊急時に備えておきたい21 品を女性ならではの視点でセレクトしたもの。ひとつひとつ必要なものをピックアップして準備するのは大変なので、最低限必要なものがセットになっているのはうれしい!

収納用リュックは、軽いのに機能的!

収納用のリュックはシンプルなデザインだから、部屋の見える場所に置いておいてもインテリアの邪魔をしません。しかし、これはあくまで防災用品。デザイン性だけでなく、機能性だって折り紙付き!

まずは、重量について。災害時は急いで避難しなければいけないこともあるため、持ち運ぶリュックが重過ぎるのはNG。こちらは、21品目も入って約2kg。女性が背負っても無理なく持ち運べる重さです!

ポケットは全部で6箇所。ペットボトルを収納できるサイドポケットや、貴重品の管理に便利な内ポケットも付いています。

防災用のリュックってその特性上さまざまなものを入れるから、きちんと仕分けられるのは便利! いざというときでも、必要なものをサッと取り出せそう

さらにショルダーには、反射板付き。暗い夜道を歩かなければならないときでも心強いです!

中身は、女性が「あったらうれしい」と思うものばかり!

肝心な中身については、災害時の女性特有の悩みも考慮し選ばれているので、自分でも気づかなかったけれど、改めて考えると「これは必要かも」と感じるものまで入っています。

保存食やライト、簡易トイレなど

保存食や飲料、ライト、簡易トイレなど、絶対に備えておきたい基本セットもしっかり入っています。

生理用品や使い捨てショーツ

災害発生時に生理になっていなくても、避難中になってしまうことも。生理用品や使い捨てショーツは、少し多めに持っておくと安心です!

泡なしシャンプーや歯磨きシート

断水してしまった場合、どうしてもシャンプーや歯磨きなどはままならないもの。少しでも快適に過ごせるように、水のいらないシャンプーや歯磨きシートがあると便利!

メイク落としにも使えるウェットティッシュ

肌にやさしいノンアルコールのウェットティッシュも。汗を拭きとりたいときはもちろん、メイク落としや赤ちゃんのおしりふきにも使えます。

爪切りや綿棒などのセット

防災セットを準備していても、爪切りまでは入れていなかった! という人も多いのではないでしょうか。でも、爪の伸び過ぎはケガにつながる恐れも。忘れがちなものまで入っているのは、助かります!

他にも、一般的に必要とされるものから女性が備えておきたい特有のアイテムまで、全21品目が入っています(詳細は、下記を確認ください!)。

さらにリュックはまだスペースに余裕があるので、常備薬やメガネなど、自分で必要なものを追加することもできそう

* * *

災害は、いつなんどき起こるか分からないもの。まだ防災セットを用意していない方は、ぜひ早めにチェックしてみてくださいね!

[セット内容詳細]

保存水(500ml)1本/保存用クッキー(8本入)/生理用品(6枚入)/ぺーパーショーツ(3枚入)/泡なしシャンプー(2枚入)/ウェットティッシュ(10枚入)/ペーパー歯磨き(5包入)/簡易トイレ(5回分)/女性用軍手/LED防雨ライト/10年保存電池(2本)/使い切りマスク(5枚)/エマージェンシーブランケット/カイロ(1枚入)/エイドバン(5枚入)/綿棒(10本入)/コットンパフ(3枚入)/包帯/爪切り/毛抜き/はさみ

ロハコ

※価格は税込み表示です

文/川原莉奈


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.20

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「スーツが得意なブランドのジャケットがすごい!」P160に掲載のジャケットのブランド表記に誤りがありました。正しくは、左のジャケットが「ホワイト ザ・スーツカンパニー」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature