Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 彼とのセックスが気持ちよくない… 理由2位は胸への過剰な刺激、1位は?

LOVE

2020.09.07

彼とのセックスが気持ちよくない… 理由2位は胸への過剰な刺激、1位は?

不倫している女性を取材し続け、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある、ライターの沢木文が、「アラサー女子のセックスの不満」について紹介していきます。今回は、恋人のセックスが受け入れられなかった女性約30人から聞いた不満を、ランキング方式で紹介します。

恋人とのセックスの悩みと解決法

今回は紹介するランキングの共通点は、「AVなどのアダルトコンテンツをお手本にしている男性」がしがちな行動。「強く速く刺激し、固く長く刺激すれば、女性は気持ちがいい」と思い込んでいる男性がやりがちな行動。

多くのアラサー女性は、「これって相手に合わせないとダメだよな… 結婚もしたいし」と彼に改善を求めずスルー。結果的に彼とのセックスが苦痛で拒否するようになり、そのまま別れてしまう傾向にあります。

また、結婚しても夫とのセックスがイヤで不倫に走ることも。彼の性格にもよりますが、改善の余地があるなら、伝えてみるといいかもしれません。その伝え方のヒントも紹介していきます。早速1位から見ていきましょう。

1位:キスが気持ち悪い

(c)Shutterstock.com

「彼はキスのときに、ギューッと抱きしめて、舌を奥まで入れてきてキモい。高速で舌を出し入れしたり、耳を舐めてくるのはやめてほしい。耳に興奮するという性的志向ならいくらでも付き合うけど、意味なくベロベロ舐められるのはイヤ!」(26歳・派遣社員)

「そもそも、唾液が入ってきそうで、吐きそうならくらい気持ち悪い。いくら好きでも、舌のベロンとする感じを、長時間されるのは無理です」(28歳・外資系証券会社勤務)

他にも多くの人が抱えていた「彼のキスが気持ち悪い問題」。これは、女性側にも「セックスの時はディープキスをするものだ」という思い込みを持っている傾向も強い。ここは、彼に対して「普通のキスの方が好きだな」など、なるべく早めに伝える方ことが効果的。

2位:胸を刺激しすぎて痛い

(c)Shutterstock.com

「片思いしていた人と、初エッチしたんですが、彼は、胸をすごい力で揉んできて痛い。さらには、乳首も痛くなるくらいクリクリされて、痛くて萎えて、別れました」(28歳・商社勤務)

「はあはあ言いながら、胸を揉みながら乳首を舐めるところが、まさにAVのマネをしているみたいで引きました。さらに不器用なのか力加減が強すぎて痛い。もう半年以上セックスを拒否しています。このまま別れそう」(30歳・IT関連会社勤務)

この「胸問題」は、「付き合ったばかりだから、我慢するしかない」と思う女性が多いのですが、ここは流れをぶった切ってでも、「ちょっと痛い… もう少し弱くして」と伝えること大切。AVの内容を真に受けるくらい、素直な男性なら、彼女の言葉に耳を傾けるはずですよ。

3位:あそこをガリガリいじられて、痛い

(c)Shutterstock.com

「指を入れてガリガリいじってくるのが痛い。やめてとも言えず、耐えていたら感じていると勘違い。彼は好きだけど指を入れられているときは憎しみしかない。今は新型コロナできちんと手を洗ってからするようになりましたが、前は言わないと洗わなかった」(32歳・IT関連会社勤務)

「やたら奥の方まで指を入れ、すごい速さで出し入れして痛い。別れました」(30歳・公務員)

おそらくこの行動の背景には、男性がいわゆる「潮吹き」を狙って刺激していると思われます。

これまで100人以上の不倫経験がある女性に話を伺いましたが、潮を吹くという人は少なめでした(私の取材に対してそこは言わないという人もいたでしょうが…)。

女性側から「潮吹きさせたいのかもしれないけれど、私はしないと思うから乱暴に触るのは控えてほしい」と彼に伝えたほうがベター… というか、お互いに幸せな生活のためにぜひ伝えてください。

次回は、男性側から聞いた、女性が行う微妙な行動について紹介していきます。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

沢木 文 Writer&Editor

1976年東京都足立区生まれ。大学在学中よりファッション雑誌の編集に携わる。恋愛、結婚、出産などをテーマとした記事を担当。著書に『貧困女子のリアル』『不倫女子のリアル』(小学館新書)がある。


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.09.29

編集部のおすすめ Recommended

Feature