Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. ただのお米じゃなかった…【ロハコのお米】を買わない理由がない!

LIFESTYLE

2020.08.27

ただのお米じゃなかった…【ロハコのお米】を買わない理由がない!

ロハコで頼んでみた「北海道産ゆめぴりか」。一見、普通のお米のようだけど……

発送当日に精米! 鮮度が違うと噂の〝ロハコのお米〟

コロナの影響で、ネットで買い物する機会が増えた人も多いのではないでしょうか。かくいう筆者も、ご多分に漏れずそのひとり。日用品から調味料にいたるまで、いままではスーパーやドラッグストアで購入していたものまでネットで買うようになっています!

そんな私が、最近「ロハコ」で注文したもの。それが、こちらの〝ろはこ米〟です!

▲ろはこ米 北海道産ゆめぴりか 令和元年産(精白米)2kg/¥1,080 ※5kg:¥2,380

言うまでもないですが、お米ってとにかく重たい! 特にこの暑いなかスーパーまで買いにいくときは「よし! 今日はお米を買うぞ!」と気合いを入れる必要があります。しかもエコバッグに入れづらいところもプチストレスでした……。

だからこそ、玄関まで運んでもらえるのは本当に助かります!! そして持ち運ぶ手間がなくなるだけでありがたいのですが、実はこの〝ろはこ米〟、こだわりが詰まったお米だったのです♡

それが、注文後、発送日当日に精米しているということ。そのため、いつでも新鮮でおいしいお米を届けてくれるというのです!

お米の品種は、「ゆめぴりか」「こしいぶき」から選べます。それぞれ精白米と無洗米があります。

私が選んだのは、「ゆめぴりか」の精白米。北海道のなかでも高級米として認知されるようになった「ゆめぴりか」ですが、作り手によって品質の違いがでやすく栽培が難しい品種なのだとか。

ろはこ米は、そんな「ゆめぴりか」の中でも、地域・生産者を目利きをしたものだけが使われているそう。

今回、お米の味を最大限に味わうべく、パッケージ裏の手順にきちんと従って炊いてみました!

ちなみにパッケージはチャック付きなので、保存時に便利なところもうれしい!

炊きあがりが、こちら。

写真だとわかりづらいかもしれませんが、つやっつやでふっくらしたお米が炊けました♡ そしてタイ米ほどではないですが、米粒が細長い! これは見るからにおいしそう!!

実際に食べてみると、弾力があってとにかく甘い!! もっちりしていて、噛むほどに甘みを感じます。人によってお米の好みは違うと思いますが、粘り気と甘みを重視する人は絶対に好きだと思います。

さらに、冷めても硬くならないところもこのお米の魅力! そのため、保存用やお弁当のごはんにも重宝します。

ちなみに私はいままで他の品種を食べることが多かったので、スーパーなどで売っている「ゆめぴりか」と比較するのが難しいですが、商品レビューを読むと、普段からゆめぴりかを買っている人からも「ろはこ米のゆめぴりかが一番好き」という声が挙がっていました。

値段も平均的ですし、そのうえ味もよし、自宅まで運んでくれると三拍子揃っているので、これは買わない手はないな、と思いました。気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

ロハコ

※価格は税込み表示です

※記事中の内容は筆者個人の感想です

文/川原莉奈


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.08.13

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi9月号P.32~33に掲載の3商品の価格に誤りがありましたので、訂正いたします。【1】P.32人物着用リング(人差し指手首側/k10×SV)誤:¥26,200 → 正:¥26,400、【2】P.33上リング3点写真(右/SV×ターコイズ)誤:¥30,800 → 正:¥33,000、【3】P.33上リング3点写真(左/K10×クォーツ×ターコイズ)誤:¥35,200 → 正:¥38,500
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature