Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. マナー
  4. 告白は電話でしても大丈夫? 成功するための準備やセリフ・メリットやデメリットもご紹介

WORK

2020.07.23

告白は電話でしても大丈夫? 成功するための準備やセリフ・メリットやデメリットもご紹介

電話での告白はアリ? なかなか会えなかったり、つい話すタイミングを逃してしまったりという日が続くと電話で告白してしまおうかと思う人も少なくないはず。本記事では、電話で告白するときに成功するためのポイントから、デメリット・注意点を合わせてご紹介していきます。

【目次】
告白を電話でしても良い? 成功率や直接会わないメリットやデメリットとは
告白を電話でするための準備・言葉や時間帯も考えよう
告白を電話でする時の成功率を上げる方法は? 切り出し方や注意点も
最後に

告白を電話でしても良い? 成功率や直接会わないメリットやデメリットとは

(c)Shutterstock.com

◆告白を電話ですることはアリ

好きな人に思いを告白するためのツールといえば、手紙やメール、最近はSNSのDMやビデオ電話などがあります。でも直接告白するのは緊張するし、メールやLINEではなんか軽く感じられるかもしれないし… そんな時に助けてくれるのが、同じく言葉で思いを伝えるツールでも“書かない”のが電話です。

なかなか会えなかったり、つい話すタイミングを逃してしまったりという日が続くと電話で告白してしまおうかなという思いに駆られませんか? 告白は直接会ってするもの、電話やメールは何か違うというイメージがありがちですが真剣な気持ちを伝えるのに決まったやり方なんてありません。電話で告白するのはもちろんアリです。

ただし、電話の場合は相手の状況が見えない分、かけるタイミングを間違えると取り返しのつかないことになりかねません。また、ふざけてギャグで言ってるの? なんて軽く受け取られる可能性も否定できませんので、電話で告白する場合はくれぐれも相手への配慮を怠らないことです。

◆告白を電話でする成功率

直接会っての告白や、メール、手紙などと比較して、電話で告白した時の成功率はどのくらいになるのでしょう。メールなどよりは成功率が高いですが、本人を目の前にして告白するのに比べると、成功率はやや低いようです。

メールやLINEなどの場合、相手が見えない分だけ断りやすい雰囲気があり、またメールを既読スルーしてしまうというケースもあります。一方、直接会って告白するのは、やはり目の前に相手がいて、その表情がリアルに見えるので断りにくい空気が生まれます。また臨場感がありますから、告白のパワーも全開になるかもしれません。

その点、電話は相手の声がリアルタイムで聞こえて、その声色から心理状態を窺うこともできますから、相手はノーと言いにくい状況になる可能性は高いかもしれませんね。

◆告白を電話でするメリットやデメリット

(c)Shutterstock.com

電話での告白だからこそのメリットもあるし、気をつけなくてはいけないこともあります。まず、電話のメリットは「好き」という気持ちを直接伝えられることです。相手を目の前にした時はドキドキして、恥ずかしくて言えなかった「好き」も電話なら言える。

もし、断られたとしても、顔が見えない分、気まずさも軽減されます。辛くても「大丈夫、気にしないで」なんて笑ってやり過ごすこともできます。

デメリットをあげるとすれば、相手に本気度が伝わりにくい点かもしれません。しょっちゅう電話で話す間柄で冗談を言い合うような関係の相手だったとしたら、急に告白されても「何ふざけてんの!」なんて笑い飛ばされてしまうかもしれません。

逆に、相手がまったく恋愛感情を抱いていない、もしくは自分の恋愛感情をまったく相手に伝えていない状態で告白した場合、「そんな風な関係は全く考えたことなかった」と距離を置かれてしまい、そのまま終わってしまうリスクもあります。

また、なかには「大切な告白は直接言ってほしい」というタイプの人もいますから、そういう人に電話で告白するのはマイナスイメージになることもあります。電話で告白するときは、相手との距離感、タイミングなどを見極めて事前に準備するのを忘れずに。

告白を電話でするための準備・言葉や時間帯も考えよう

(c)Shutterstock.com

1:告白する前に、シナリオを考えておく

今日こそ告白する! と意気込んで電話をしても、すぐに告白する雰囲気にはなりませんよね。自分だけ感情が盛り上がっていても、相手は仕事が終わって疲れている時間かもしれませんし、他のことを考えているかもしれません。

そもそも、相手との関係性がどういうものかを見極めてから告白しないと、「恋愛対象だと思ってなかった」なんてきつい一言を浴びるかもしれません。なぜ、いま告白するのか、いつから彼を好きになったのか、彼のどこに魅かれているのか… そうしたシナリオを考えておけば、焦って困ることは避けられます。

2:相手の心に響くセリフで伝える

「あなたが好きです」というストレートな言い方が悪いわけではありませんが、告白はあなたと相手の二人の関係だからこそ心に響くという言葉を選びましょう。回りくどい言い方よりもシンプルな言い方の方がわかりやすいですが、相手がどんな風に言われたら喜ぶか、相手の好むようなセリフを考えて伝えてみましょう。

3:電話するタイミングを間違わない

電話で告白する時に最も気をつけたいのは、電話をかける時間と場所です。相手が電車やバスで移動している場合に告白されても返答に困ってしまいます。また、都合が悪ければ電話に出ないことも考えられます。確実に告白するためには事前にLINEなどで、いつ電話をしても大丈夫かどうかをあらかじめ確認しておくのがおすすめです。

告白を電話でする時の成功率を上げる方法は? 切り出し方や注意点も

(c)Shutterstock.com

1:信頼関係を構築しておく

電話で告白するためには、きちんと相手と信頼関係が作れていることが大前提です。せっかく電話しても電話に出ない、出ても「今までそういう目で見ていなかった」といわれては告白すらできませんよね。

特に仕事や職場関係のつながりだと、名刺交換やLINE、電話番号を交換しあったからといってすぐに友達になれるとは限りません。何度か食事へ行ったり、LINEで連絡しあうなど、ある程度、信頼関係が構築されたと確信できたら告白のタイミングです。

2:声のトーンと聞き取りやすさ

告白は、言い方が悪いと成功率を下げることになりかねません。電話をかけていきなり「もしもし? あのーちょっと… えーとね」なんて、モゴモゴ言われると、聞いている方は、イライラしてしまいます。まずは電話では聞き取りやすい話し方とはつらつとした声を心がけましょう。

3:切り出すタイミング

ただ「告白するぞ!」と心に決めるだけで電話をすると、タイミングがつかめず告白が難しくなることがあります。告白の切り出し方は意外に難しく、場合によっては相手に話をそらされてうまく伝えられなくなってしまうかもしれません。

どんな流れから告白までつなげるか、いろんなことをシミュレーションして準備しましょう。先を急がず、「この話をしたら相手はこう返してくれるかな?」というように、話の順番や流れを想像しながら、切り出すタイミングを間違わないように。

最後に

(c)Shutterstock.com

告白する時は、自分の気持ちが盛り上がっていますが、そのまま突っ走るのではなく相手の状況や今日気持ちを推し量る心の余裕を持ちましょう。相手の気持ちに寄り添うことができれば告白もきっとうまくいくはずです。

もし、告白がうまくいかずフラれてしまっても、ギクシャクすることなく、いい友人としての関係を続けられるような余韻を残しておきたいですね。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.02

編集部のおすすめ Recommended

Feature