Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. スキンケア
  4. やりがちな洗顔NG行為!【泡立てネット】にはこんな盲点が…

BEAUTY

2020.06.09

やりがちな洗顔NG行為!【泡立てネット】にはこんな盲点が…

今回ピックアップするのは、正しい洗顔について。

本当に正しいスキンケアできている?

「毎日一生懸命お手入れしているのに、どうしてなのか、肌がこたえてくれない……」そう感じている人も多いのではないでしょうか。また、日々、化粧品や美容に関する情報が私たちの耳に入ってきて、何を信じていいのか…… と混乱している人もいるはず。

でも、肌のメカニズムやスキンケアの原則をきちんと知っていれば、氾濫する情報に惑われることもほとんどなくなるのです! そこで、書籍『素肌美人になれる 正しいスキンケア事典』(高橋書店)の中から、計6回にわたるプチ連載形式で、美肌の近道になる正しいスキンケア方法をお届けします。

■洗顔時、これはNG!

クレンジングに次いで、洗顔も行い方によっては肌に負担のかかるプロセス。しかも、ほとんどの人が正しくできておらず、肌を傷めてしまっている場合も!

泡立てが足りない

泡の量が少ないと、洗顔料の濃度が高すぎるうえ、肌を傷める摩擦の原因にも!

(c)shutterstock.com

ゴシゴシこすりすぎ

洗顔は摩擦で洗うのではなく、泡で汚れを落とすもの。こすって洗うと角層を傷つけるだけです。

すすぎ不足

生え際やあご下など、泡がついたままだと、肌への刺激になってしまいます。

時間のかけすぎ

長々とやりすぎると当然肌の負担に。洗浄剤だということを忘れないで!

仕上げに冷水

肌を冷やすことで一時的に毛穴が締まったように感じますが、その冷却効果は30分ともちません。また急激な温度変化は、赤ら顔の原因になることも。

■便利な泡立てネットも注意が…

洗顔料は、水と空気を含ませながら適正な洗浄濃度にしていくものです。泡立てネットは、スピーディーにたっぷりの泡をつくれるのが便利ですが、実は、水が少なくても泡立つのが盲点。

きちんと適正な水を加えないと、濃度が高いまま肌に触れてしまうので、注意しましょう!

(c)shutterstock.com

* * *

正しい洗顔のステップなど詳細は、書籍『素肌美人になれる 正しいスキンケア事典』でチェックしてみてくださいね!

トップ画像/(c)shutterstock.com

あわせて読みたい!

『素肌美人になれる 正しいスキンケア事典』(監修:吉木伸子・岡部美代治・小田真規子/高橋書店)

「肌の中ってどうなっているの?」「私の洗顔って、ホントに正しいのかしら…」「ニキビができちゃった!ああどうしよう」肌の悩みはつきることがありません。今までどおりなんとなく化粧品を選んだり、なんとなくケアを続けたりするだけで、本当にいいのでしょうか。もし「今までどおり」に違和感を感じているなら、それは「正しい知識」を身につけるタイミングにさしかかっているということ。本書で肌のしくみをしっかり押さえ、本当のスキンケアにぜひ目覚めてください。

詳細はこちら>>素肌美人になれる 正しいスキンケア事典


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.07.02

編集部のおすすめ Recommended

Feature