Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 彼氏
  4. こんな時に… コロナ禍で発覚した「別れるべき彼氏」の特徴3

LOVE

2020.04.18

こんな時に… コロナ禍で発覚した「別れるべき彼氏」の特徴3

不安や孤独を感じたときに、心を開ける彼氏がいると頼もしいですよね。反対に、まったく頼りにならない彼氏がいると、不安も増長されがちに…。コロナ問題が発端で「彼との別れを決めた」というアラサー女子のホンネを直撃しました。

Oggi.jp特捜班

1:不安になる情報ばかり送ってくる

「彼氏は早々に在宅勤務になっていましたが、私の職場は、しばらくは通常どおりの業務が続いていました。すると彼からは『お前さー、早く在宅にしたほうがいいよ!』などと毎日LINEが届き、さらに不安になるような情報のリンクを次々に送ってきて…

私だって在宅で仕事できるならしたかったし、どうせなら彼氏には励ましてもらいたかったです。職場の環境的に難しく、渋々出社していたのに、そこにさらに不安をあおることばかり連絡してくる彼のせいで、一時はメンタルもやられました。そんな彼がどんどんウザく感じてしまって、結局ついこの前、私から別れ話を切り出しました」(30歳女性)

(c)Shutterstock.com

彼女を心配しての言動であっても、不安をあおってばかりの彼がいると、メンタルが弱りますよね。不安になる情報だけでなく、安心感を与えられるような情報も与えてくれれば心強かったはずなのに。

2:自分のことしか考えていない言動を平気でする

「まだここまでコロナの問題が深刻になる前、私が住んでいる地域では早々に感染者が出たんです。そうしたら、付き合っている彼からいきなりばい菌扱いされ、デートをドタキャンされたうえに『君が実家に帰らないなら、しばらく会えない』と冷たく言われました。

不安なのはわかるけれど、私だってもっと不安だし、恋人同士ならもっと精神的に支え合うべきじゃないですか? 今回のことで、彼は結局自分のことしか考えていないんだなって思ったし、気持ちが冷めてしまって、別れました」(29歳女性)

(c)Shutterstock.com

非常時には、人間の度量が出ますよね。自分のことしか考えていない発言が平気できる彼氏なら、この先一緒にいても何かが起きるたびに、自分を最優先しそう。こんな彼なら別れて正解です。

3:自分で何も考えず他人の言いなり

「今回って、今までに経験したことのない危機だと私は思っています。だから対策も、自分でいろいろ考えて、“できることはやる必要がある”と考えているんですけど…。彼氏はまったく危機感が薄く『とりあえず、世間で言われていることさえやっていれば、大丈夫だろ』みたいなタイプで、ガッカリしました。

報道とかで言われている対策って『最低限、これだけはやってくださいね』ってレベルだと思っているので、私は自宅内の除菌なども入念にしたいタイプ。だけど彼は『友達も、そこまでやってる人いないし、やらなくていいんじゃない? って言ってたぜ』と、必死で対策する私を小馬鹿にしてきて…。自分で何も考えず、なんでも他人の言いなりだし、このまま一緒にいても頼りないなって感じたら、気持ちが冷めてしまい別れました」(33歳女性)

(c)Shutterstock.com

大変なときには、頼りにならない彼氏がいても、不安感だけが増してしまうだけかも。無用なイライラや不安を招く存在になりますよね。

何もないときには問題なくつき合えていた彼でも、非常事態となれば話は別。彼の本性によって、心の平穏が乱されるのであれば、いったんお別れするのも選択肢かもしれません。彼氏には、安心感を与えてくれる存在でいてもらいたいですよね。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.07.11

編集部のおすすめ Recommended

Oggi 8月号P.63に掲載のサングラスの値段とブランド表記に誤りがありました。正しくは、物撮りの一番上のサングラスが「サングラス¥1,900(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店<センスオブプレイス>)」で、一番下のサングラスは「サングラス¥3,500(SNIDEL)」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature