Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 悪気はなかったのに…! アラサー妻が義母を怒らせた【やらかしLINE】3選

LOVE

2020.01.01

悪気はなかったのに…! アラサー妻が義母を怒らせた【やらかしLINE】3選

アラサー妻がなにげなく送ったLINEに、義母が激怒! 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするライター並木まきが、女子たちのそんな体験を3選紹介します。

並木まき

1:助詞ひとつで誤解を…

「都内にある夫の実家には数ヶ月に一度遊びに行き、食事をしています。それで、この前食べた義母の作った鍋料理が美味しかったので、翌日、お礼のLINEをしたのですが…。私の書き方が悪くて、義母が激怒!

油断してテキトーに書いた、たった1通のLINEのせいで、しばらく険悪なムードが続き、猛反省しました…」(32歳女性/販売員)

「昨日は」と「昨日も」では、同じ内容を伝えるのでも、受け手の印象はガラリと変わりますよね。日本語は微妙な違いひとつで、ニュアンスがかなり変わる場合もあるから、要注意です。

2:気を使いすぎて「拒絶」に見えてしまい…

「義母はちょっと神経質な性格なので、LINEするときはとても気を使います。でも、この前のLINEでは、私が気を使いすぎて曖昧な表現を多用したのが原因で、かえってコミュニケーションがおかしくなってしまいました…。

『結構です』『大丈夫です』ばかり言ってたら、拒絶されたと思ったみたいで、夫に義母からクレームが入りました。日本語って難しい!」(31歳女性/IT)

過度な遠慮は、義母から見て「拒否されている」と感じる場合も。義母という特殊な関係性ゆえに、距離感が難しいところです。

3:実母に接するようにホンネを書いたら…

「義母とは、そこそこ仲がいい自負があったので、結婚2年目のこの頃は、自分の親に接する気持ちで接していたんです。

でも、この前義母が体調を崩したときに送ったLINEで『もう若くないんだから』と、義母の身体をいたわる意味で書いたら、それが地雷に…。やっぱり、なんだかんだで義母は義母だなって悟りました」(30歳女性/福祉)

心の垣根がなくなるのはいいことなはず。しかし実母とのコミュニケーションと比較すると、歴史が浅い分、誤解も生みやすいかもしれません。

悪気なく送ったLINEでも、義母には地雷となるケースもあります。不用意なLINEでトラブルを招かないよう、みなさんもくれぐれもご用心を…♡

並木まき

並木まき

ライター・時短美容家。シドニー育ちの東京都出身。28歳から市川市議会議員を2期務め政治家を引退。数多くの人生相談に携わった経験や20代から見てきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様を活かし、Webメディアなどに執筆。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.23

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi6月号P.113に掲載の下モデルカットで着用のピアスの価格に誤りがありました。「¥55,000」ではなく、正しくは「¥66,000」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature