Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. スイーツ
  5. <東京人気手土産>パッケージ200種以上のくるみクッキー♡ 老若男女に喜ばれる!

LIFESTYLE

2019.10.14

<東京人気手土産>パッケージ200種以上のくるみクッキー♡ 老若男女に喜ばれる!

20年来、週3回以上もデパ地下に通い続けるマニア・手土産姉ちゃんこと、大雄寺幹子さんによるおすすめ手土産ブログ。今回は、200種類以上のパッケージがある、西光亭のくるみクッキーを紹介します。

手土産姉ちゃん 大雄寺幹子

パケ買いでリピーター続出!? 西光亭のくるみクッキー

今回ご紹介させていただくのは、イラストレーター藤岡ちささんが描く、りすのイラストと、箱に書かれた「いつもありがとう」「お世話になりました」「ハッピーバースデー」などメッセージがかわいい、「西光亭のくるみクッキー」です。使い勝手が良く、よく手土産にも使わせてもらっていて、手土産にも頑張った自分へのご褒美にもオススメ!

全部で200種類以上もあると言われるパッケージは定期的に出る期間限定やキャラクターとのコラボなど、そのかわいさの魅力に虜になってコレクションする人も多いそう(確かに集めたくなる気持ち分かります! 大人ウケする、かわいさなんでしょうかね?)。

そんな中、私が購入したのはハロウィン限定パッケージ!

「西光亭のくるみクッキー」ハロウィン限定パッケージ

ビビットなピンクのフチと、りすとおばけたちのイラストに惹かれて思わず手にとってしまいました。何故か、亀とカタツムリもいますが、、、ギターを弾いているりすが個人的にはお気に入り!(細かくてスミマセン)

早速、箱を開けてみると、ビニールの中にはたっぷりと入った真っ白い粉糖に包まれた、くるみクッキーが12粒。(大量の粉糖に隠れていて、2個ほど見つけられず、探してしまいました。)

西光亭のくるみクッキー

手にとって食べてみるとホロっと崩れるほどの柔らかいクッキーとくるみのホロサクの食感が美味しい。ひと口で食べれてしまう小ぶりサイズと周りの粉糖もクッキーもちょうど良い甘さで一気に半分ほど食べてしまいました。

西光亭のくるみクッキー

食べるときの難点を挙げるならば、粉糖がたくさんかかっていて食べるときに、手が汚れてしまう事と粉糖が最後に残ってしまう事。。楊枝やフォークで刺すとクッキーが割れてしまうのです。それ以外は箱もかわいいし、美味しいしで女子向けの手土産。

ちなみに大箱を50箱以上注文すれば、オリジナルのメッセージ名入れサービスにも対応してくれるのでウエディング、出産、記念日など特別な日にオリジナルのパッケージを作るのも良いですね。

オリジナルのメッセージ

オリジナルのメッセージ

余談ですが、今回私が伊勢丹新宿店で購入した際に、壁一面にズラリと並んだパッケージから一生懸命プレゼント(多分)を選ぶらしき男性(推定年齢40歳)の姿がとても可愛らしくて何だかキュンとしてしまいました!(失礼)

くるみクッキー以外にもたくさんの種類のお菓子があり、リアル店舗以外では西光亭のサイトでも購入できるので気になる方は、ぜひチェックしてみてください!

【購入出来る店舗】
・代々木上原にある本店
・松屋銀座
・伊勢丹新宿店
・西武池袋本店
・羽田空港
・エキュート東京店
・JR名古屋高島屋
・阪急阪神百貨店
・札幌丸井今井

【詳細】
内容量:100g・12粒
販売価格:1,296円(税込)
原材料名:小麦粉、くるみ、バター、ショートニング、粉糖(砂糖、コーンスターチ)

西光亭

手土産姉ちゃん 大雄寺幹子

女性誌の制作に15年以上携わり、常に情報のシャワーを浴び続けるデザイナー。

職業柄見た目も重要だけど、味が一番大切。「手土産はコミュニケーション」を信条としている。学生時代にデパート地下のお菓子売り場でアルバイトをしたのをきっかけにデパ地下の魅力に取りつかれる。

以来、20年以上最低でも週に3回以上(多いときは週5日)はデパ地下に通うマニア。今までに手土産、お土産、自分へのご褒美に費やした総額は高級外車が買えるほど。(現在も金額は日々更新中!)

365日手土産、お土産、お取り寄せ、自分へのご褒美情報を仕入れ、デザイナーとしての仕事の他、手土産の相談を受ける日々。手土産は貰うのもあげるのも大好きで365日、何かしら甘いものを食べるスイーツマニアでもある。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.11.18

編集部のおすすめ Recommended

Oggi12月号 P183に掲載のバナナ・リパブリックのコートの本体価格に誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。(誤)¥25,818 →(正)¥27,637

Oggi12月号 P242に掲載のイレーヴのジャケットの本体価格に誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。(誤)¥66,000 →(正)¥72,000

Feature