Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 自分がしてほしい事が、実は相手がイヤがっている事と判明! 男女の闇は深いっ!

LOVE

2019.09.30

自分がしてほしい事が、実は相手がイヤがっている事と判明! 男女の闇は深いっ!

恋愛中のカップルも結婚した夫婦も必見! 超テロメア企画は、20代~60代の既婚男女を対象に、「夫婦生活」に関する意識調査を実施。夫婦の本音を聞き出し、パートナーは今どのようなことを考えているのかを調査。

1127人の男女に調査。パートナーにしてもらいたいことは?

◆夫婦で過ごす時間ってどれくらい?

夫婦で過ごす時間はどれくらいありますか? 結果グラフ

男女に「夫婦で過ごす時間はどれくらいありますか?」と質問したところ、「毎日3時間程度」(33.2%)という回答が最も多く、次いで「週5〜6時間」(22.4%)、「毎日6時間程度」(18.0%)、「ほとんどない」(14.4%)、「週1〜2時間」(12.0%)という結果に。

共働きの場合、一緒に過ごす時間は、なかなか取れないもの。わかってはいるけれど、難しいですよね。続いては、男性に質問してみました。

◆夫が思う「妻にしてほしいこと」「勘弁してほしいこと」

男性に「妻にしてもらいたいことを教えてください」と質問したところ、「趣味に付き合ってもらう」(24.6%)という回答が最も多く、次いで「家事・育児」(21.1%)、「マッサージ・リラクゼーション系」(20.1%)となりました。以下、「デート」(13.7%)、「晩酌」(11.7%)と続きます。

妻にしてもらいたいことを教えてください 妻にお願いされたが、できればしたくないことを教えてください 結果グラフ

自分の趣味への理解や家事・育児をして欲しいという方が多かった模様。マッサージ・リラクゼーション系の回答率もその2つに匹敵していて、疲れた身体を癒して欲しいと思っている方が多いことが読み取れますね。

次に、「妻にお願いされたが、できればしたくないことを教えてください」と質問したところ、「家事・育児」(28.8%)という回答が最も多く、次いで「マッサージ・リラクゼーション系」(21.5%)、「趣味に付き合ってもらう」(21.3%)、「晩酌」(8.9%)、「デート」(6.2%)と続きます。

この調査結果を照らし合わせてみると、驚くことに「妻にしてもらいたいこと」は、実は「自分がやりたくないこと」だということが分かりました。

◆女性と男性で「してもらいたいこと」に大きな差が

では、女性はどのように考えているのでしょう。

夫にしてもらいたいことを教えてください 夫にお願いされたが、できればしたくないことを教えてください 結果グラフ

女性の方に「夫にしてもらいたいことを教えてください」と質問したところ、「家事・育児」(39.8%)という回答が最も多く、次いで「デート」(21.7%)、「マッサージ・リラクゼーション系」(15.8%)、「趣味に付き合ってもらう」(11.3%)、「晩酌」(4.0%)と続きます。

男性の家事・育児への参加も当たり前の時代と言われていますが、まだまだご主人に対して不満を抱いている奥様が多いよう。定期的にデートをすることで、リフレッシュしたいと思う方もいるようですね。そして、夫婦がお互いに「マッサージ・リラクゼーション系」を求めているということもわかりました。

次に、「夫にお願いされたが、できればしたくないことを教えてください」と質問したところ、「趣味に付き合ってもらう」(27.7%)という回答が、次点の「マッサージ・リラクゼーション系」(26.1%)を僅差で上回りました。以下、「晩酌」(17.0%)、「デート」(5.9%)と「家事・育児」(5.9%)が同率。

この結果から、女性も男性と同様に「夫にしてもらいたいこと」が実は「自分はやりたくないこと」だということが分かりました。

男女間での意識の違いには、大きな差があることが浮き彫りに。やりたくないことはやりたくない。パートナーなんだから、代わりにやってほしいと願っているんですね。世の男性のみなさんは、もっと女性の気持ちを理解する必要があるかもしれませんね。。

疲れを癒すセルフアイテムが必要

疲れ

調査結果を見て、男女どちらも癒しを求めていることも分かりました。日々の労働で疲れた身体を癒すにはマッサージが効果的ですよね。しかし、プロにお願いするにはそれなりのお金がかかるし、パートナーにお願いしても、疲れているのは相手も同じだと思って遠慮しちゃう。

そんなお疲れのあなたに最適な、疲れを癒してくれる画期的なアイテムがあります。

◆2019年春発売の「コリストップ」

コリストップ

使い方はとても簡単で、直径7.5mmの粒を「コリや痛みを感じる場所」に貼り付けるだけ。匂いゼロ、刺激ゼロ。妊娠中も安心して使用可能。血流が流れやすい「睡眠中の使用」でより効果を実感しやすくなっています。

その圧倒的な効果は肩こりに効果を発揮するだけでなく、虚血性症状による神経痛の改善事例も報告されています。また、磁気治療器ではないため、顔にも使用可能。むくみ改善による小顔効果ニキビ改善などの美肌効果も期待できます。

1粒で72時間効果が持続するこちらのアイテムは、3日間使用可能、張り替えシールが付属しているので衛生的、価格もリーズナブルでお小遣いへの影響も少なく済みますよ。

セルフケアにはもちろん、パートナーへのプレゼントとしても。疲れを感じた時は、ぜひ試してみてくださいね。

特許取得 一般医療機器『コリストップ

調査概要:「夫婦生活」に関する意識調査
調査期間:2019年9月13日(金)~9月14日(土)
調査方法:インターネット調査
調査人数:1,127人
調査対象:20代~60代の全国既婚男女
モニター提供元:ゼネラルリサーチ

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.10.24

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号 P213に掲載の中央のカットのパンツの本体価格が変更になりましたので、訂正させていただきます。(誤)¥10,000→(正)¥11,000

Feature