Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. マネー
  4. 消費増税前に! 公認会計士は何を買った?【賢いお金の使い方】

WORK

2019.09.13

消費増税前に! 公認会計士は何を買った?【賢いお金の使い方】

お金のプロによる、お気軽マネー講座。今回は、消費増税前にできる買い物について。公認会計士・オッジェンヌ(Oggi専属読者モデル)赤荻典子が紹介します。

オッジェンヌ 赤荻典子

消費増税目前! 今から対策できること!

10月に迫った消費増税。今までは8%でしたが、10%に増税されます。計算は楽になりますが、負担は増えてしまいますね。そこで今回は、私がおこなった消費増税前の対策についてご紹介したいと思います。

1:家電を購入

そろそろ買い替えどきかなと思っていた自宅のパソコン。かれこれ8年ほど使っていました。

消費増税を前に、思い切って最新のものにしようと購入! 家電は安い金額ではないので、その分消費税による影響額も大きいのです。そろそろ替え時かな〜と思っている家電があったら、10月に入る前に購入しておくことをおすすめします。

2:定期券を更新

定期券や旅客運賃については、利用が10月以降であっても、支払いが9月末までであれば8%となることが経過措置として認められています。また、定期券は、利用開始の数週前に購入が可能です。私もちょうど10月前半に期限が切れる予定なので、9月のうちに購入しようと思います。

定期券だけでなく、遊園地の年間パスや映画や演劇の前売り券も同じように経過措置が適用されるので、9月末までの購入がおすすめですよ。

(c)Shutterstock.com

3:置き薬を買っておく

もっと身近にできることも考えてみました。日用品の購入です。特にセールなどで値引きされることがない医薬品は、買いだめにぴったりです。我が家もお薬サプリを購入。夫はコンタクトを購入していました。

ここで注意することは、消費期限のチェック。消費増税を前に買い置きしても、消費期限が切れて無駄になってしまったら、元も子もないですよね。購入する際には、消費期限を確認して、できるだけ期間が長いものを選ぶことをおすすめします。ちなみに、食品は増税の対象外なので、買いだめはしなくても大丈夫ですよ。

消費増税をきっかけに、身の回りの買い替えが必要なものや、買いだめしておくものを点検してみてはいかがでしょうか。次回は周りの友人に聞いた消費増税の対策をお伝えします。

オッジェンヌ 赤荻典子

2019年からOggi専属読者モデル「オッジェンヌ」として活動開始。コンサル勤務の公認会計士で、お金の管理や仕事の効率化が得意。コーディネートはオンとオフのメリハリをつけるのが好き。Instagramアカウントはこちら:@nori_red


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.11.19

編集部のおすすめ Recommended

Oggi12月号 P183に掲載のバナナ・リパブリックのコートの本体価格に誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。(誤)¥25,818 →(正)¥27,637

Oggi12月号 P242に掲載のイレーヴのジャケットの本体価格に誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。(誤)¥66,000 →(正)¥72,000

Feature