Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 結婚したい
  4. 結婚できないかも? と思ったら…。結婚できない人に共通する特徴【男女編】

LOVE

2019.07.22

結婚できないかも? と思ったら…。結婚できない人に共通する特徴【男女編】

結婚できない理由を、環境や相手のせいにしている男女は多いもの。でも、本当にそれだけが結婚できない理由なのでしょうか。「結婚できない人に共通する特徴」に関するアンケート結果を男女別にまとめました。

「出会いがない」「いい人がいない」は本当?

「そもそも出会いの場所がない!」「結婚をしてもいいと思える人がいない…」

自分が結婚できない理由を、環境や相手のせいにしている男女は多いもの。でも、本当にそれだけが結婚できない理由なのでしょうか。もしかすると、自分の中に原因が隠されているのかもしれません。

そこで今回は、「結婚できない人に共通する特徴」に関するアンケート結果を男女別にまとめました。結婚や婚活にお悩みの方は要チェックです!

【目次】
結婚できない女性に共通する5つの特徴
結婚できない男性に共通する5つの特徴
あなたが「結婚できないかも…」と思ったのは何歳のときですか?
「結婚したい。でもできない…」そう語る相談者に共通すること

結婚できない女性に共通する5つの特徴

1.自意識が高い

自分がモテると思っている(30代・会社員)
自分のことで精一杯(20代・無職)
変に美意識が高い人(30代・会社員)

周囲からの目を気にすることは大切ですが、それがあまりに過剰になると、自意識が高すぎると思われてしまうようです。「他人よりも自分を優先しそう」「自己評価が高い」「現実を見ていない」などと思われてしまうことも…。また、自意識が高い女性は、相手や結婚への理想も高いと思われてしまうようです。

2.おひとり様が板につきすぎている

映画もカラオケも何処でも一人で行く人(30代・会社員)
なんでもテキパキこなせる、男性が近寄れないくらい優秀(20代・会社員)

どんなことでも一人でこなしてしまう女性は、周りの人々に「立ち入る隙がない」と思われてしまいます。どんな男性でも、心の片隅では「女性に頼りにされたい」「好きな人を守りたい」と思っているもの。
時には男性を頼り、ちょっとした隙を見せることが、結婚できない女性を卒業する第一歩になるようです。

おひとり様
(c)Shutterstock.com

3.お金遣いが荒い

容姿ばかりにお金をかけている(30代・会社員)
オタク活動にお金をつかってしまう人(30代・主婦)
お金の管理が雑な人(30代・会社員)

ブランドバッグをいくつも所有していたり、大好きなアイドルを追いかけて地方遠征を繰り返したり…自分で働いて稼いだお金、好きに使いたいこともあると思いますが、それがあまりに巨額になってしまうと、男性は引いてしまうかも…。

「家計を任せられない」「俺が稼いだお金も趣味に使われそう…」このように思われてしまうと、結婚にはつながらないようです。

4.愚痴や陰口が多い

人の悪い所ばかり言う(30代・会社員)
人の陰口(ねたみ、そねみ)が多い(30代・会社員)
他人を見下したり、なじったりする(30代・主婦)

仕事やプライベートで嫌なことがあった日は、彼にやさしく慰めてもらいたいもの。
しかし、愚痴や陰口がヒートアップしないように要注意。

「もしかしたら俺のことも他所で愚痴っているのかも…?」「結婚したら、毎日のように文句を言われそう」など、いらぬ想像をさせてしまうかもしれません。マイナスイメージを持たれないように、いつも笑顔で楽しい話をしているほうが得策です。

愚痴や陰口が多い
(c)Shutterstock.com

5.何よりも仕事を優先してしまう

仕事に邁進している女性(30代・主婦)
男性よりも仕事ができるバリキャリ(30代・医療関係者)
休日返上で仕事をするのも当たり前(30代・会社員)

プライドを持って仕事をしている女性は素敵ですが、「毎日終電帰り」「土日も仕事を持ち帰っている」など、あまりに仕事一筋になってしまうのはNG。これでは、結婚のための出会いが少なくなるのも納得です。
時間は与えられるものではなく、作るもの。

出会いもこれと同じで、自然にやってこないのなら自分で作るしかありません。1日オフの日を作って、普段は行かない場所や出会いのスポットに足を運びましょう。

結婚できない男性に共通する5つの特徴

1.性格が細かすぎる

家具家電は気に入ったメーカーでしか買わないなど、いちいち細かい(30代・会社員)
小物の収納場所を1cm単位で決める、細かすぎる性格(30代・アルバイト)

独身歴が長くなればなるほど、自分ルールが細分化していって、性格までもが細かくなってしまうという男性は多いもの。

「テレビのリモコンはテーブルの角に合わせて置くように」「お風呂上りは水滴一つ残らないように掃除して」など、あまりに細かすぎる注文は女性にとってNG。結婚をしても先が思いやられます…。

2.趣味に没頭しすぎている

趣味が多すぎて、休日はすべて趣味に使う(30代・主婦)
趣味だから仕方がない、と開き直って買い物贅沢三昧(30代・パート)
ギャンブルがやめられない(20代・女性)

趣味を愛しすぎている、というのも結婚できない理由の1つ。ある程度の収入があり、生活に余裕のある男性こそ、お金のかかる趣味を持っているというケースは多いもの。「趣味くらい好きにやらせてほしい」「自分のお金で赤字にならない程度に楽しむのだから問題ない」など、開き直って趣味を優先させる傾向にあるようです。

(c)Shutterstock.com

3.外見にこだわりがない

清潔感がない(30代・会社員)
自分はセンスがないから、と言って諦めている(30代・会社員)
美容に全く関心なし、頭髪や体型もオヤジ化する状況に自分から改善しようとしない(40代・会社員)

人は見かけで判断できない、という言葉もありますが、最低限の身だしなみは社会人として必須ですよね。ボサボサに伸びてしまった髪、シワシワのシャツなどは、身だしなみ以前に清潔感がなくてNG! 自己管理ができないだらしない大人、という印象を持たれてしまいます。外見にこだわりがないのは、結婚ができない大きな原因の1つです。

4.現状で満足している

毎日同じことの繰り返しに満足している(40代・会社員)
人の話に聞く耳もたない、新たなことに挑戦は絶対しない(40代・会社員)
誰に対しても受け身な態度(30代・会社員)

ルーティン化した毎日に満足し、新しいことに挑戦をしない男性は、「結婚へも消極的なのでは?」と思われがち。女性をエスコートしたり、デートで楽しませたりすることも苦手そう…というイメージを持たれてしまいます。

向上心があり、常に何かに挑戦をしている人のほうが女性の目には魅力的に映るようです。

(c)Shutterstock.com

5.常に自分が中心になっている

幼稚で自己中心的(40代・会社員)
話をすると、自分を誇示するような内容で終わる(30代・公務員)
自己中でナルシスト(30代・会社員)

やはり、周囲から自己中だと思われている人は、結婚ができない傾向にあるようです。

とはいえ自己中な人ほど、自覚がないケースがほとんど。人からのアドバイスも聞き入れることなく、「俺はこう思う」という頑固な主張で話が終わってしまうため、なかなか改善するのは難しいようです…。

あなたが「結婚できないかも…」と思ったのは何歳のときですか?

家族や友人に祝福され、幸せな結婚をするのが当然だと思っていた頃もあるでしょう。しかし、年齢を重ねると、いつしかふとこんな考えが頭に浮かびます。

「もしかしたら、このまま結婚できないかもしれない…?」

一体、世の中の人々は何歳くらいに結婚への不安を抱くのでしょうか。男女別にアンケート結果を見てみましょう。

女性編:あなたが「結婚できないかも…」と思ったのは何歳のときですか?

女性編:あなたが「結婚できないかも…」と思ったのは何歳のときですか? 結果グラフ

一昔前と比べると、初婚の平均年齢が上がっている昨今。このことを考えると、結婚と年齢の関係で焦りすぎる必要もないといえますが、やはり生涯独身への不安を抱く人も多いよう。

特に、結婚適齢期といわれる25歳以上になると、「結婚できないかも…」と不安に思う人の割合がアップ。30~34歳の世代では23.0%もの人が、結婚への不安を感じているようです。

とはいえ、全体の32.8%は「結婚できないと思ったことがない」と回答しています。あまり悲観的にならず、独身であることをポジティブに考える姿勢も大切です。

独身でポジティブ
(c)Shutterstock.com

男性編:あなたが「結婚できないかも…」と思ったのは何歳のときですか?

男性編:あなたが「結婚できないかも…」と思ったのは何歳のときですか? 結果グラフ

男性を対象にしたアンケートでは、女性の結果とは大きく異なる内容になりました。

なんと、59.3%もの人が「結婚できないと思ったことがない」と回答したのです。世の女性たちよりも、男性たちのほうが結婚に対して前向きであり、意欲が高いと言い換えることができます。

また、20-24歳の世代が最も「結婚できないかも…」と考えている割合が高いことも、このアンケートの特徴の1つ。30代以降の大人世代よりも、若い世代のほうが結婚に対して消極的になっているようです。これは反対に、男性は年を重ねたほうが結婚への自信がついてくる、と言い換えることができます。

結婚
(c)Shutterstock.com

「結婚したい。でもできない…」そう語る相談者に共通すること

本場ニューヨークで数多くの恋愛コラムを執筆。国境を越えた自身の数多くの恋愛経験から、恋愛アドバイザーとしても、これまで数百人の恋愛をサポートしてきた実績を持つAsamiが、なかなか結婚できない相談者の共通点について分析してみると…。

「結婚したい。でもなかなかできない…」という女性は多いはず。もちろん世の中てきに結婚に対しての捉え方が変わってきて、あえて一生独身でいる人の割合が少なからず増えてきているのも事実ですが…。そんな結婚氷河期でも結婚できる人、できない人がいます。

なかなか結婚できない相談者の共通点

自分の理想と需要がマッチしてない!

まず「出会い」で一番つまずきやすいのがこのパターン! 自分の理想と自身の市場価値にズレがあるということです。結婚相手に求める条件や理想のタイプはしっかりあるものの、それをクリアする人たちが求める条件に自分がマッチしていない。

簡単に言うと自己分析が十分ではないのです。もちろん一生を共にする結婚相手を選ぶにあたって、年収や職業、性格、価値観、見た目の理想は誰にでもあるはず。ただ男性側にも同じように理想の条件があるのです。そこがマッチしていないと、そもそも恋愛に発展しにくいものです。

例えばこんな相談者がいました。外見は綺麗ですごく落ち着いた印象で、性格も温厚で家庭的。誰が見ても良い妻、母親になるだろうという女性。しかし彼女は、外見が派手で仕事にも女性にもガツガツしたチャラついた男性を好むため、男性側の理想に合わずうまくいかないのです。

このように需要と供給がマッチしていない場合、自分の理想を変えるか、相手の理想に合うよう自分自身を根本的に変えないと、なかなか成就しません。

出会いの場には参加するものの、チャンスを有効活用できていない!

次に陥りがちなのがコレ! 合コンや婚活パーティ、マッチングアプリに結婚相談所。しっかり出会いの場には顔出しているのになかなかうまくいかないというパターン。

そんな女性に共通するのが、失敗を活かせていないということです。タイプの男性と出会ってもそこからイマイチ交際に発展しなかったり、進展があってもすぐダメになってしまう。そんなうまくいかなかった失敗サンプルをしっかり分析して次に活かすことが大切なのです。

過去問をたくさん解いて傾向を学んでいく受験同様、自分の好きになる相手のタイプを理解してどこでうまくいかなかったのか、相手は何を求めていたのかをしっかり考え克服していくのです。

出会いの場
(c)Shutterstock.com

焦りすぎて相手の温度感を読み誤る!

上段をクリアしてやっと交際に持ちこめても、そこでやりがちなのがコレ! 周りが結婚、出産ラッシュに突入する、特にアラサー世代の女性にありがちなパターンです。

「結婚」を意識しすぎて相手の気持ちや温度感を考えるよりも先に、結婚願望の有無を聞いたり両親を紹介したがったりしてしまうのです。タイミングがズレるだけで一気に重く感じてしまったり熱が冷めてしまうものです。男性も好きだからこそ交際に踏み切っている訳だし、その気持ちを大切に育てていきたいと思っているはずなので、しっかり相手の気持ちや小さな合図を見逃さないように進めていくことが重要です。

結婚とは相手あってのことなので自分本位になりすぎず、「結婚」は人生の一つの選択肢にすぎないのであまり意識しすぎず気張らず人間関係を楽しく構築していくことが一番の鍵かもしれません。

男女問わず、結婚に対しての不安は誰もが抱いているもの。

「私なんか結婚できない!」などと諦めモードや自暴自棄モードに入るのではなく、まずは自分の状況を冷静に見つめ直して、「結婚をするためにできることは何か」を探していくことが大切です。

今回ご紹介した結婚できない人の共通点を参考に、普段の言動や行動を少しずつ振り返ってみましょう。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.09.19

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号でブランド名の表記に間違いがありました。60ページに掲載のCORSOの靴の問い合わせ先は正しくは“ROPE mademoiselle”です。0120-298-133 になります。お詫びして訂正致します。

Feature