「とんかち」と「かなづち」って同じもの? 似ているけれど別物? | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 「とんかち」と「かなづち」って同じもの? 似ているけれど別物?

WORK

2019.01.18

「とんかち」と「かなづち」って同じもの? 似ているけれど別物?

小学館の国語辞典『大辞泉』が発信しているクイズで、ことばセンス&知識を自己点検!「間違いやすい表現」をマスターして言葉・表現に自信をもてるステキな女性に♡ 今回ピックする言葉は、日曜大工にも使う道具について。

「とんかち」と「かなづち」って同じもの or 別物…?

先輩に「備品を直したいから、倉庫から“とんかち”を持ってきて!」と言われたら、“かなづち”と同じものを意味していると思う?

それとも、似ているけれど、別のもののことだと思う?

【問題】
「釘などを打つ道具」あなたは、どちらを使いますか?

1.とんかち

2.かなづち

正解は?

とんかち? かなづち?
(c)Shutterstock.com
はてな
(c)Shutterstock.com

どちらも同じものを示すことばです。

【ことばの総泉挙/デジタル大辞泉】では78%が「かなづち」を選択していました(2019年1月12日現在)。

「とんかち」は、打ちたたくときの音からできた言葉とされています。
※    ※
かな‐づち【金槌/鉄鎚】
(1)槌の頭または全部を鉄で作ったもの。釘などを打ち込むのに使う。俗に、とんかちとも
(2)《1はすぐ水中に沈むところから》泳ぎのできないこと。また、その人。
(ことばの総泉挙/デジタル大辞泉より)

【もっとことばの達人になりたいときは!】
ことばの総泉挙/デジタル大辞泉


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.01.23

編集部のおすすめ Recommended

Feature