Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【朝比奈彩の淡路島と神戸で1か月コーディネート】オフショットなど【淡路島編】

LIFESTYLE

2019.01.11

【朝比奈彩の淡路島と神戸で1か月コーディネート】オフショットなど【淡路島編】

〝淡路島で生まれ育ち、神戸で働く〟そんな女性が主人公の今月の1か月コーディネート。久しぶりに地元に帰った朝比奈ちゃんの素の表情もそのままお届けします! 今回は淡路島編をお届けします!!

Oggi2月号「朝比奈 彩の淡路島&神戸で1か月コーディネート」企画では、モデル朝比奈彩の地元・淡路島でのロケを行いました。

モデルとして地元でファッション撮影を行うのは初となった朝比奈ちゃん。リラックスしつつ楽しんでいた淡路島と神戸での撮影の舞台裏と共に、編集部おすすめのスポットを紹介します。

編集部おすすめスポット【淡路島編】

■一度は訪れたい格式のある神社【伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)】

この伊弉諾神宮は朝比奈ちゃんもよく訪れている場所で、日本最古の神社なんです。荘厳な雰囲気の神社で、境内には「夫婦大楠」という樹齢900年の大きな木が。

こちらの木はもともと二株だった木が合体してひとつになり育ったという奇樹で、夫婦円満、子宝、縁結びの信仰がある人気スポット。

訪れた際には、ぜひひと目見てみてください。

せっかくなので、朝比奈ちゃんもおみくじをひいて、緊張しながら開くと・・・・・・

「中吉!」真剣に読み込んで、その後、みくじ縄木に結んでいました。

その後にせっかくなので絵馬も書いて、たっぷりと伊弉諾神宮を堪能しました。朝比奈ちゃん、達筆ですよね!!

実は、撮影をした日はあまり天候に恵まれず、ずっと曇り空だったのです・・・。

でも、伊弉諾神宮に着いた瞬間から晴れだして、とても気持ちのよい気候の中撮影をすることができました。

伊弉諾神宮
住所:兵庫県淡路市多賀740
電話番号:0799-80-5001
公式HPはこちら

■淡路島で遊ぶなら【Bicycle Hub Awaji】

淡路島で遊ぶならサイクリングがオススメで、自然溢れる景色を楽しみながら回ると、とっても気持ちがいいんです。

朝比奈ちゃんといえば、運動神経がよく、NHKで放送中のサイクリング番組『チャリダー☆』にレギュラー出演中ということもあって、P.123では自転車に乗るシーンを撮影しました。

今回自転車を借りた「バイシクル ハブ アワジ」なら、神戸から近くの道の駅東浦ターミナルパーク内に店舗があるため、行きやすく手ぶらで訪れることができます。借りられる自転車の種類も、初心者用のものから、本格的な上級者向けの自転車まで揃う豊富なラインナップです。

Bicycle Hub Awaji
住所:兵庫県淡路市浦657 道の駅東浦ターミナルパーク 東浦物産館103
電話:0799-70-4252
営業時間:3月~11月中旬 8:30~18:00(返却は17:30まで)、11月下旬~2月 8:30~17:00(返却は17:00まで)
公式HPはこちら

■淡路の特産物を食べて買って遊ぶなら【うずの丘 大鳴門橋記念館】

淡路島の特産物といえば、玉ねぎ!

ご存知でしょうか、淡路島には、リアル玉ねぎを使った「たまねぎキャッチャー」があることを。P.123の左上のカットの撮影で訪れたのが「たまねぎキャッチャー」のある「うずの丘 大鳴門橋記念館」。

ここでは、淡路島が誇るウニやしらすなどの海産物や淡路牛をいただけるレストラン「絶景レストラン うずの丘」や、お土産が買える「ショップ うずの丘 味市場」があります。

また、「うずしお科学館」や「たまねぎキャッチャー」など遊べる要素もたくさん。1日楽しめてしまいます!

せっかくなので、撮影後にカメラマンと朝比奈ちゃんが「たまねぎキャッチャー」にトライ!

本物の玉ねぎを使っているので、つるっと落ちてしまってなかなか取れない・・・奮闘すること5分・・・。

ちょっと休憩をしている隙に、地元の男性が挑戦。すると、挑戦していた誰もが苦戦していたのに、なんとすぐに玉ねぎを獲得!!!!

その後、他のお客さんが何人か試みるも失敗。見かねた先ほどの男性が再びマシンに向かうと
また簡単に引き上げてしまうのです・・・。

そこで、玉ねぎ師匠(と勝手に名付けました)にコツを聞くと、なんと直後に朝比奈ちゃんも、カメラマンも玉ねぎをゲット!!!!!

会場中が湧きました!!

喜びすぎてブレている朝比奈ちゃん笑。

玉ねぎ師匠、ありがとうございました!!

その後、みんなでお土産タイム! うずの丘の方に聞いたオススメと、実際に買ってみて食べた結果のお土産ランキングを紹介します!

1位 玉ねぎスープ

玉ねぎスープはスタップ含め、全員買って帰りました! 種類が豊富なので全部試したかった! のですが・・・本企画担当編集は生姜入りの物を購入。スープとしてはもちらおん、出汁としても使えるので便利です。

2位 味付け海苔

海苔もかなりおいしかったです! ¥540なので、ばらまき土産にぴったり。しっかりと味がついているのですが、甘すぎず、ご飯のお供に最高です!

3位 おいもさん巻

味市場で一番売れているお土産だそうです!! 甘さ控えめでふわふわの生地にやみつきになりました。

ちなみに・・・玉ねぎも買えます。

いろいろなお土産が並ぶ味市場ですが、店頭では玉ねぎも売っています。一玉がかなり大きく重いので沢山は買えませんでしたが、甘みがあり深い味わいなので、荷物に余裕がある場合はぜひ買ってみてくださいね!

うずの丘 大鳴門橋記念館
住所:兵庫県南あわじ市福良丙936-3
電話:0799-52-2888
営業時間:レストラン[10:00~15:00]、味市場[9:00~17:00]
公式HPはこちら

■淡路島に来たら海鮮はマスト!【はまだ】

P.126でおいしいふぐ料理を撮影させてもらったのが洲本にある「はまだ」。

朝比奈ちゃんも、淡路島に来たら、絶対に海鮮を食べて欲しい! と言っていたほど。冬なのでふぐにしたのですが、新鮮で本当においしい! しかも、贅沢なふぐのコース料理が東京などでは考えられない値段でいただけます。

朝比奈ちゃんいわく、淡路牛もかなりおいしいらしいので、淡路島を訪れたときは、海鮮と淡路牛にぜひトライしてみてくださいね。

創作和食 はまだ
住所:兵庫県洲本氏本町5-2-31
電話:0799-24-1682
営業時間:17:00~0:00
定休日:火曜日
公式HPはこちら

モデル/朝比奈 彩 撮影/倉本ゴリ、谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/渡辺智佳 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY)


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.21

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature