Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 婚活覆面座談会
  4. 小学校の幼なじみ、相談相手の先輩…婚活は再発見でゴールとなることも!?【アラサー独女の婚活座談会】

LOVE & WEDDING 婚活覆面座談会

2017.10.29

小学校の幼なじみ、相談相手の先輩…婚活は再発見でゴールとなることも!?【アラサー独女の婚活座談会】

Facebookでは毎月のように「結婚」「出産」報告。思えば最近合コンも減ったかも…。そう感じ始めたアラサーライターA。ようやく重い腰を上げて婚活を決意するも、何から始めていいかわからない! そこで真面目に婚活をしている3人のアラサー女子に、婚活のHOW TOをレクチャーしてもらうことに。今回は、理想の男の人って? 婚活中のメンバーが今どんな男の人を求めているのかうかがいました。

前回のお話し:結局アラサー女子の運命の相手はどこにいるの!?

【座談メンバー】

人1
サトミ(30)
メーカー勤務。ふんわりした雰囲気の堅実タイプ。今すぐ結婚って感じではないけれど、出会いを求めて婚活中。

人2
ケイコ(29)
メーカー勤務。みんなのお姉さんタイプ。参加した合コンは3ケタを突破。実体験に基づく鋭い考察は切れ味抜群。

人3
ユイ(27)
金融関係会社勤務。メンバー最年少ながら、やはり参加した合コンは3ケタを超える。変わった趣味の持ち主。

人4
聞き手:ライターA(30)
フリーランスライター2年目。数々の合コンで負った傷がなかなか癒えない独身女性。婚活には興味はあるが、実際に行動はしていない。


男性に何を求めてる……?

――みなさんどういうのが理想の結婚なんでしょうか。

一同:うーん。

――婚活をしてたり、彼氏ができないという話をするとすぐ「理想が高いんじゃない?」と言われてしまうけど、同じく婚活をしている周りの人を見ていても、そんなに理想が高いわけでもないような気がしていて。もちろん「絶対何千万稼がないとイヤ」とか「デートはステキなレストランじゃなきゃイヤだ」っていう人も中にはいるでしょうけど、意外と少数派なんじゃないかと思ってるんですが、どうでしょう。

女性にプレゼントする男性
(c)Shutterstock.com

ユイ:収入も自分より上だったらいいかなあって感じですね。別に結婚後も共働きで全然構わないです。うーん。……でもギャンブルしない人がいいかな!

――それは人として最低限みたいなところがありますよね~。

サトミ:なんだろう。求めているもの……安心かなぁ? 安心って一言で言えるのか分からないですけど。ずっと一緒にいたいなって思える人かな~。しみじみと。

――ケイコさんはどうですか?

ケイコ:安らぎ?

――はぁ~〜泣ける~〜〜。

ケイコ:安らぎっていうか、この人がいたら私も頑張れるみたいな関係が理想なのかな。
ちょっとしたことだけど「今日も1日仕事がんばろう」とかそういう風に思えることが大事かなと。

抱き合うカップル
(c)Shutterstock.com

――めっちゃいいじゃないですか。そういう関係って理想ですよね。収入とかスペックとかじゃなくて、こういう温かい関係を求めてるはずなのに、どうしてこんなにうまくいかないんでしょうね……。

サトミ:恋愛ってなると周りのそういう、世の中のタテマエが気になってきちゃうのかな……。

ユイ:周りの人が見る目ないだけじゃないですか? 我々の周りの人が……。

一同:ポジティブ~~~(笑)。

婚活は見る目を養うためにも続けるべき

ケイコ:でも私は周りの意見もけっこう聞いてたよ。「私のどこがいけないと思う?」って聞いてた。自分じゃ分からないから。

――なるほど。就活みたいなことですね。

サトミ:私の場合、逆に自分が周りを見すぎちゃってる気がする……。たくさん男性を見すぎちゃって、自分が良ければそれでいいはずなのに、周りの目をすごく気にしちゃう。「この人はこういう風に見られるのか」とか「こういう人はこう思われるのかな」とか……。

ケイコ:わかる! 私も気にしてた!

サトミ:外からの評価を気にしすぎちゃって、そこが譲れなくなっちゃってる。だから「理想高いんだよ」って言われるのかも。

――男の人を恋人候補だって思って見ると、周りの評価が気になって恋愛関係になる前にシビアになっちゃうんですかね。

ケイコ:そうなんですよね。でもそういう風に見てなかったけど「あれ? いいかも」ってことがあって、今まで圏外と思ってたポイントも「まあここは私が変えればいいか」と思える人が出てきたり……。

――最近私の周りでもその現象がかなり起きてるんですよ! 歴戦の勇者たちが続々と小学校からの幼なじみと結婚したり、ずっと相談にのってもらってた会社の先輩と付き合ってるとか言っていてですね! あんなに一緒に! どうしたらいいかって話してて……!(涙)

失恋
(c)Shutterstock.com

サトミ:話してたじゃないの、みたいなね〜(笑)。Aさん泣かないで(笑)。

ケイコ:でも行動は止めちゃいけないと思います。動きながら考えないと。どんなに彼氏ができなくてもめげてふさぎ込むってことはもったいなくて、ずっと動き続けてないと。

――なるほど。そうやってやってきたからこそ、今の彼氏さんのステキなところに気がつくことができたってわけですね……!

ケイコ:そう。いろんな人と出会って、連絡取ったりご飯食べたり、ちょっと悲しい思いもして、それではじめて「この人とは合わないんだ」とか、「だからこの人のこういうところが合うんだな」とか思えるんだと思います。

――見る目を養うべきってことですかね?

ケイコ:そうですね。そうやってると、自分の価値観も変化して、ふとした時に相手の魅力の再発見ができるというか。「いい人かも」って思えるようになってきたりすると思う。

――なるほど~。これだという出会いまで止まってはいけないのか……。

走り続ける人
(c)Shutterstock.com

ケイコ:だから、そういう再発見できる人を切らないように!

――じゃあ、今日はサトミさん、ユイさんもLINEやFacebookをもう一度見返してみましょう!

ケイコ:意外にいるんじゃない?

――励まされます(笑) 今回はありがとうございました!

一同:ありがとうございました!


【 おすすめの関連記事 】Read more

Today’s Access Ranking

ランキング

2017.11.18

人気のキーワード

PopularKeywords

編集部のおすすめ Recommended

●Oggi12月号で値段の間違いがありました。236ページ掲載の”パーカー”のボールペン(下)の値段は、正しくは¥20,000です。訂正いたします。

Feature