Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. マネー
  4. 貯金額に年収は関係なかった!? お金が貯まる習慣を実践!|移動時間で学ぶマネーレッスン#2

LIFESTYLE マネー

2017.09.19

貯金額に年収は関係なかった!? お金が貯まる習慣を実践!|移動時間で学ぶマネーレッスン#2

貯金や給与、投資など、働く女性のお金の管理に役立つ情報を、お金のプロ、女性ファイナンシャルプランナーの石川福美さんがわかりやすく紹介しています。今回は年収と貯蓄額の関係。年収が低いから貯金ができなーいというのは言い訳だった???

石川福美

トータル・ファイナンシャル・アドバイザーの石川福美(いしかわふくみ)です。
私たち働くアラサー女性の毎日は、遊びにキャリアに大忙し。思いっきり働き、思いっきり遊ぶために、“かしこく”、“効率的に”おカネに働いてもらう仕組みづくりをご紹介します。ぜひ通勤時間を有効に使って自分のマネーに対して理解を深めてください。

(c)Shutterstock.com

もう言い訳できない! 貯金額に年収は関係なかった!?

「わたしはお給料が低いから、貯金に回すお金がないの。だから貯められなくて当たり前」

みなさんはこんな風に考えたことはありませんか? 私も派遣社員時代、そう考えていました。正確には、そう自分に言い聞かせ、いつまでたっても貯金が貯まらない言い訳にしていました。
今の仕事に就き、たくさんの方の資産状況を見ていく中で、そこにはとんでもない事実が。下の図をご覧ください。

なんでこんなに差がでるのでしょうか…? いろいろな要因はあると思いますが、おカネが貯まる人と貯まらない人とでは、ある明確な考え方の違いがあります!

貯蓄上手は給与を受け取る前に貯金する!?

おカネが“貯まる人”と“貯まらない人”の違いを見てみましょう!

お給料が入ったら、まず使う! 残ったおカネを貯金に回そうと考える方。この考え方では、よっぽどおカネがかからない趣味の方、物欲のない方しか貯まりません…。

対して貯まる人の考え方は…

お給料が入ったら、まずは先に必要額を貯蓄口座に分けてしまいます。企業の財形貯蓄制度などは、お給料から天引きされるので、最初からなかったものとして貯蓄に回すことができます。そして残ったおカネをしっかり支出項目ごとに予算を決め、やりくりをしていくのです。

人の意思は弱いもの、だからこそ意思ではなく、仕組みでしっかりおカネを貯めましょう!

ではどのくらいの貯金があればいいの? については、また別の機会にお話ししますね。

石川福美 ファイナンシャルプランナー

貧困女子出身のアラサーファイナンシャルプランナー。定期的に開催している女性限定セミナーや、各メディアなどで、自身の経験からくる効率的な将来対策・万一のリスク対策の必要性について、多くの女性へ向け発信している。さまざまな金融商品を組合せることによって、“今の充実”と“将来の安心”のバランスを考えたライフプランニングを目指す。株式会社クレア・ライフ・パートナーズ所属。


【 おすすめの関連記事 】Read more

Today’s Access Ranking

ランキング

2017.11.19

人気のキーワード

PopularKeywords

編集部のおすすめ Recommended

●Oggi12月号で値段の間違いがありました。236ページ掲載の”パーカー”のボールペン(下)の値段は、正しくは¥20,000です。訂正いたします。

Feature