怖すぎ…彼氏が別れも考えた「モンスター彼女・妻」提案の罰ゲーム3 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 怖すぎ…彼氏が別れも考えた「モンスター彼女・妻」提案の罰ゲーム3

LOVE

2018.10.17

怖すぎ…彼氏が別れも考えた「モンスター彼女・妻」提案の罰ゲーム3

彼が約束を破ったりドタキャンしたり、はたまた浮気_x0007__x0007_が発覚したりといった出来事があると「罰ゲーム」で罪(!)を償わせる彼女や妻も。ところが、悪いのは自分だとわかっている男子でも、その罰ゲームの内容によっては「いくらなんでも、そりゃないだろ」と本気で腹を立ててしまうことが…。

本気でイラついた罰ゲーム1:「カードで限度額いっぱいの買い物」

「僕は過去に妻に浮気バレしているせいで、門限が夜中の1時に定められています。で、この前、新規の取引先と飲んだ日に、家から少し遠い場所だったのと、その場の雰囲気もあって、門限を1時間ほど過ぎてしまった日があったんです。

案の定、妻にはものすごい嫌味を言われたんですが、それで済んだかと思いきや翌月、家族カードの請求書を見てびっくり。勝手に限度額いっぱいまで買い物をされました。『約束を破ったんだから、当然。今後も、門限を破るたびに同じことをする』と一方的に宣言されたんですが、浮気したわけじゃあるまいし、いくらなんでも勝手すぎると、本気で腹が立ちました」(36歳男性/会社役員)

カードの請求書
(c)Shutterstock.com

約束を破った償い(!)に、なにかを買ってもらうのは比較的よく聞く話。しかしそれが、カードの限度額いっぱいとなると……!「たった1時間の門限破りの代償が、これ!?」と、苛立っても無理はなし。

本気でイラついた罰ゲーム2:「元カノに暴言を吐く」

「今カノと付き合い始めたときが、元カノから復縁を迫られている時期だったこともあり、今カノが元カノの存在をウザがっています。彼女とは“元カノとは一切会わないし、話もしない”と約束がありますが、元カノが同じ職場にいるので、実際にはそうも言っていられないときもあるんですよね。でも、彼女の気持ちを尊重したいから、仕事での必要最小限以外のコンタクトは。控えていました。

ところが、ある日元カノから親しげなLINEが届いてしまい。それを見た彼女が激怒。『約束していたのに嘘つき!』と罵られ、罰として、元カノに目の前で電話して暴言を吐くよう命じられました。揉めたくないので言われるがままにしましたが、内心では『さすがにこれはナシだろ』と腹が立ってました」(31歳男性/マスコミ)

元カノと口論
(c)Shutterstock.com

ルールを破ったからと言って、誰かを傷つけることで償うとなると、心中穏やかではいられない男子が多いはず。怒りに任せての彼女の思いつきによるものかもしれませんが、確かに“やりすぎ”な気がします。

本気でイラついた罰ゲーム3:「本気で好きなら結婚して」

「今年、2年付き合っていた彼女と入籍しました。結婚自体が罰ゲームみたいなものでした。実は、ちょっと前に二股が発覚してしまい、今の妻とは別れるだなんだって散々揉めた挙句に『私のことが好きなら、今すぐ結婚して償って!』と、トンデモナイ要求をされ、今に至ります。

まぁ、ゆくゆくは結婚しようと思って付き合っていた相手なので、これもアリかなとは思ってはいますが…。今でも事あるごとに『どうせあなたは罰ゲームで結婚しただけだから、私のことなんて、実はどうでもいいんでしょ』と妻に投げやりな言葉を吐かれることがあって、その度にイライラしますね」(38歳男性/飲食店勤務)

イラつき
(c)Shutterstock.com

二股発覚の罪滅ぼし(!?)で結婚する流れになったがゆえに、いつまでもそれを引き合いに出されれば、確かに苛立っても仕方ないのかも。妻は、きっかけがきっかけだけに、夫の気持ちが不安なだけかもしれませんが…。


かわいげのある「罰ゲーム」なら笑って許せても、度を超えた話になると本気で苛立ってしまう話にも。みなさんは、彼にどんな「罰ゲーム」を提案したことがありますか?

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.06.23

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.155に掲載しているパンツのブランド名に誤りがありました。正しくは、エイチ ビューティー&ユース〈トランスファレンス〉になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature