サンジュッサイ!? サンジッサイ!?「三十歳」の正しい読み方 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. キャリアアップ
  4. サンジュッサイ!? サンジッサイ!?「三十歳」の正しい読み方

WORK

2018.10.06

サンジュッサイ!? サンジッサイ!?「三十歳」の正しい読み方

日本語の「いま」を見つめる国語辞典『大辞泉』が発信しているクイズで、ことばセンス&知識に関して自己点検。「間違いやすい表現」をマスターして言葉・表現に自信をもてるビジネスウーマンに。今回ピックする言葉は「三十歳」。

「三十歳」の正しい読み方って?

「もうすぐ彼のサンジッサイ(三十歳)の誕生日なんだ~。いよいよ彼も、おじさんの仲間入りって感じ?(笑)」と同僚女子から話しかけられたら、アラサー女子ほど“おじさん”と表現したあたりに、微妙な気持ちになるかも?

ところで「三十歳」は「サンジッサイ」や「サンジュッサイ」と言うけれど、どちらが正しい言い方だと思う? それとも、どちらも正しい言い方だと思う?

【問題】
三十歳の誕生日」あなたは、どちらで読みますか?

1.さんじっさい

2.さんじゅっさい

正解は?

サンジッサイ? サンジュッサイ?
(c)Shutterstock.com
はてな
(c)Shutterstock.com

どちらで読んでも正解!

本則は「さんじっさい」ですが、「さんじゅっさい」も許容されています。

【ことばの総泉挙/デジタル大辞泉】では56%が「さんじっさい」を選んでいました(2018年9月30日現在)。

常用漢字表には、「十」の読みとして「ジュウ・ジッ・とお・と」の四つが掲載されています。さらに、平成22年(2010)より、備考欄で「ジュッ」の読みも認められました。

『大辞泉』では、ルールとして見出しには「ジッ」を用いており、「じって(十手)」「にじっせいき(二十世紀)」などとしています。
(ことばの総泉挙/デジタル大辞泉より)

【もっとことばの達人になりたいときは!】
▶︎ことばの総泉挙/デジタル大辞泉

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.06.14

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.155に掲載しているパンツのブランド名に誤りがありました。正しくは、エイチ ビューティー&ユース〈トランスファレンス〉になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature