Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. シミ対策
  4. 【美容プロ大塚真里は語る】アラサーのうちに始めてよかった【ビタミンCコスメ】

BEAUTY シミ対策

2017.09.22

【美容プロ大塚真里は語る】アラサーのうちに始めてよかった【ビタミンCコスメ】

女の顔は、20代まではパーツ、30代以降は「肌」。これからの人生、肌がキレイだとあらゆる意味で得です。取り換えがきかない一生ものだけに、今のうちから後悔しないお手入れを…その正解を知る美容エディター・大塚真里が、自らの経験も踏まえて教えます。

Oggi編集部

ニキビ、毛穴、たるみ、あらゆる肌悩みに対応

「私はOggi世代のころ、美容雑誌の編集部にいました。当時は乾燥するのにテカってニキビもできる、いわゆる20代の典型的な肌状態で、特に忙しくなるとニキビは悪化する一方。

そんな中、ある皮膚科の取材で出合ったのが、当時はまだ珍しかった【ビタミンC化粧水】でした。

皮膚科医いわく【ビタミンCには高い抗酸化作用があります。それがマルチに作用して、ニキビはもちろん毛穴やくすみ、さらにはたるみにも効きます】。

試しに、と使い始めると頑固なニキビがみるみる完治、毛穴も目立たなく。以来欠かさず使っていますが、年を重ねるほどに、たるみも食い止めてくれているという実感が。【アラサーで始めてよかった】と、最も思うのがこれです。」(大塚さん)

大塚さん、ビタミンCって肌が乾燥しませんか?

ビタミンCが入ったコスメを使うと、ものによっては肌表面がつっぱる感じがします。肌の上に残った成分によるもので、肌自体の乾燥ではないから心配は無用。仕上げに乳液やクリームを塗ればつっぱり感はなくなります。

ビタミンCコスメをたっぷり塗った後、顔全体、もしくは乾燥が気になる部分に乳液かクリームを重ねて。

いかがでしたか? この他にもOggi10月号の誌面では、大塚さんオススメのビタミンCコスメやQ&Aをご紹介しています。詳しくは、本誌または電子版をチェック!

最新号の試し読みができます

※この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。
2017年Oggi10月号「20代から、最低限これだけは始めたい! ビタミンC スキンケアUV クレンジングクリーム」より
【本誌掲載時スタッフ 撮影/西原秀岳 スタイリスト/山本瑶奈 イラスト/Shapre デザイン/寺井晃子 構成/大塚真里】


【 おすすめの関連記事 】Read more

Today’s Access Ranking

ランキング

2017.12.17

人気のキーワード

PopularKeywords

編集部のおすすめ Recommended

Oggi1月号で値段の間違いがありました。133 ページ”J&M デヴィッドソン”のバッグの値段は、正しくは¥210,000(本体価格)です。お詫びして訂正いたします。

Feature