Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. アラフォー・独身・彼氏ナシ女にならないために、今からできる対策法

LOVE

2016.07.10

アラフォー・独身・彼氏ナシ女にならないために、今からできる対策法

01

「あの人、キレイで仕事もできるのに、アラフォー、独身、5年くらい彼氏がいないんですよ。誰か紹介してください」と毎週のように頼まれ続けて10数年……。様々な“紹介と言う名の飲み会”を催し、数年にわたって彼氏がいないアラフォー独身女性の方々の悩み相談をされ続けています。しかし、このパターンに陥っている女性たちに異常に共通点が多いのです。そこで今20代、30代前半のみなさんがこういう状況にならないための予防策を、そして現在まさにアラフォー独身街道を突き進む女性には自己改革のための善後策として紹介します。

母親との無意味なLINEをやめ、実家に住んでいるなら出る

彼氏が長期間いないアラフォー独身女性は、母親や家族と仲良し。母親や兄弟姉妹と「服買ったよ~」とか「かわいい猫、見た」など、“今伝える必要が特にないLINE”をしがち。ちなみに要件のあるLINEとは、予定時間変更や依頼内容変更などを含む内容です。

そして実家問題。アラサーならまだしも、アラフォーで実家暮らしは、母子依存や家事能力低下などいろんな意味でヤバい。さらに結婚や恋愛に対する切実な希求心の低下が懸念材料にもなります。

勤務先、容姿が並み以上という「白馬の王子様」願望を「普通」だと思っている

自分磨きに励んでいるアラフォー女子のほぼ9割が“自分に釣り合う白馬の王子様”を待っています。「勤務先はそこそこで、優しくて、容姿もそこそこで……」と言っており、それが普通だと思っている。周囲は「それ、ハイスペックだからw」とか「痛いわ~」と思いながらも、アラフォーになると注意してくれる人がいなくなり、ますます孤立。これを打開するには、転職経験が2回以下で“まあそこそこアリかな”と思う程度のブサメンと深い仲になってみることだと感じます。

仕事、孤独、年齢、老後不安…何かから逃げるための恋愛をしない

友達が結婚して子供を産む、親からの孫が欲しいとプレッシャーをかけられる、職場でのお局化している、ふいに老後のことを考え不安になる…..、こんなことから、それまで好き勝手に生きてきたのに急に結婚したいと焦るアラフォー女子が多いのです。

でももし自分が男だった場合、そんな焦燥感に満ちたガツガツアラフォー女性と付き合いたいと思うでしょうか?(よっぽど好みなら別かもしれませんが)

つまり何かから逃げるために恋愛を選ぶのは最低であるということ。とりわけ仕事から逃げたいがために恋愛を求めてはいけません。よっぽどのブラック企業でない限り、仕事は逃げなければ自分に対して金銭というメリットをもたらしてくれます。仕事は仕事でしっかり頑張った上で、“この人、いいかも”という男性と恋愛することが、遠いようで幸せへの近道になるのです。

最後に、アラサーまでは“恋愛=ときめき”ですが、アラフォーは“恋愛=相手が嫌じゃないこと”がポイントになると感じます。結局、恋愛も結婚も嫌じゃない相手とすることが長く続く秘訣。そういう視点から男性を選ぶようにすると、結果的に幸せが待っていると感じます。

初出:しごとなでしこ

沢木 文 Writer&Editor

1976年東京都足立区生まれ。大学在学中よりファッション雑誌の編集に携わる。
恋愛、結婚、出産などをテーマとした記事を担当。
著書に『貧困女子のリアル』『不倫女子のリアル』(小学館新書)がある。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.06.26

編集部のおすすめ Recommended

Feature