Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. 23時からの万能スープレシピ●温まりたい日のSoup編

LIFESTYLE

2016.05.25

23時からの万能スープレシピ●温まりたい日のSoup編

本格派だけど作り方簡単♪夜遅くからでも、パパッとつくれちゃう!23時以降でも胃にもたれない、たべごたえ◎なのにカロリー低め!と、忙しいしごとなでしこにうれしい野菜のスープレシピです。

レンコン鶏団子と白菜のスープ

根菜には血行を促すビタミンEや美容効果も高いビタミンCが含まれているので、代謝UP間違いナシ。

soup

材料:

・和風スープベース 1人分 ※スープベースの作り方はこちら
・鶏団子(市販品) 70g
・レンコン 20g
・醤油 小さじ1/2
・ごま油 小さじ1/4
・生姜チューブ 小さじ1/2

作り方:

1. 白菜、チンゲン菜はざく切り、レンコンは皮をむき、5mmほどの粗みじん切りにする。生の状態で売っている市販の鶏団子にレンコン・生姜を入れスプーンで混ぜ合わせ、食べやすい大きさに丸めなおす。
2. 鍋に和風ベースを入れ、沸騰したら中火にし鶏団子をスプーンで入れる。醤油、酒で味つけする。
3. 白菜とチンゲン菜を入れ、野菜がやわらかくなったら器に盛る。最後に香りつけのごま油をかける。

エビとアボカドのトマトクリームスープ

トマトは温めるとリコピン吸収率(=美白効果)が3倍に上がるそうホットトマトで美力アップ♡

soup2

材料:

・玉ねぎスープベース 1人分 ※スープベースの作り方はこちら
・トマト缶 50g
・塩、胡椒 各少々
・むきエビ 50g
・白ワイン 小さじ1
・粉チーズ 少々
・アボカド 1/4個
・生クリーム 大さじ1
・片栗粉 適量
・マッシュルーム 2個
・砂糖 ひとつまみ

作り方:

1. アボカドは皮と種を除き、2cmの角切りに。エビは片栗粉と塩をまぶし、1分置いて水洗いする(くさみが取れる)。マッシュルームは1/2〜1/4に切る。
2. 鍋に玉ねぎベース、トマト缶、エビ、マッシュルーム、白ワイン、砂糖を入れ、中火で加熱する。
3. 火が通ったらアボカドと生クリームを入れ、塩胡椒で味つけする。器に盛り、お好みで粉チーズをかける。キャベツや、エビの代わりに鶏肉を入れてもおいしい♪

野菜たっぷりサンラータン

ピリっとした辛みのあるスープが体をじんわり温めてくれます。さらに、血行を促進してくれるきくらげを入れると効果がUP!

soup3

材料:

・チキンスープベース 1人分 ※スープベースの作り方はこちら
・たけのこ、にんじん 各20g
・しいたけ 1枚
・長ネギ 1/3本
・きぬさや 4本(約10g)
・きくらげ 2g
・卵 1個
・生姜チューブ、ごま油 各小さじ1/2
・豆板醤 小さじ1/4
・酒、酢 各小さじ1

作り方:

1. きくらげは水につけて戻し、たけのこ、にんじん、しいたけ、長ネギは細切りにする。きぬさやはヘタと筋を取る。
2. 鍋にチキンベース、1を入れ中火にかけ、野菜がやわらかくなったら、Aで味を整える。
3. 2 に溶き卵を入れたらすぐ火を止め、器に盛る。

<ベースになるスープのレシピ>

和風スープ

材料:

・粉末・顆粒の和風だし 小さじ1/2
・湯 200cc

作り方:

沸騰したお湯に和風だしを溶く

玉ねぎスープ

材料:

・玉ねぎ 1/6個
・粉末コンソメ 小さじ1/2
・湯 200cc

作り方:

玉ねぎを繊維に沿って薄切りにし、耐熱容器に入れ電子レンジ(600w)で1分半加熱。その後、粉末コンソメを溶いたお湯に入れて混ぜる。

チキンスープ

材料:

・粉末チキンスープ 小さじ3/4
・湯 200cc

作り方:

沸騰したお湯にチキンスープの素を溶く。

CanCam3月号掲載「23時からの万能スープ、できました!」より

【CanCam2016.3月号掲載時スタッフ 撮影/栗井信行 料理監修・フードスタイリスト/岡本ゆかこ 構成/櫻井恵里奈】

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.02.19

編集部のおすすめ Recommended

本誌3月号 P.109に掲載しているSHISEIDOのイベント開催期間が以下の通り、変更となりました。変更前)2/1~3/24、変更後)2/2~4/21。訂正してお詫び申し上げます。

本誌3月号 P.185 右上に掲載しているROPÉのツイードジャケットの値段が以下の通り、 変更となりました。変更前)¥26,000、変更後)¥36,000。訂正してお詫び申し上げます。

Feature