Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 美人のマネー学
  4. ガマンなしの貯金がしたい!

WORK

2016.06.07

ガマンなしの貯金がしたい!

プチ贅沢を我慢せずに、お金を美しく貯めましょう

毎日働く女性なら、「自分へのご褒美♡」とショッピングや旅行、女子会とたまにのプチ贅沢で癒されるからこそ、毎日の頑張りに繋がるもの。

「貯金」と聞くと「我慢しなきゃダメ!」とつい思いがちですが、「楽しんでプチ贅沢をしながら、賢く管理のマネー術」があったら嬉しいですよね。

そこでファイナンシャルプランナーの私が、毎週、美人のマネーエッセンスを1つ、お届けします。

美人の貯金の極意とは?

貯金の1番面倒な点って、「毎日気にすること」ではないでしょうか。

毎日毎日、小さなお金を削って100円ずつ、チリも積もれば!という方法は立派ではありますが忙しいながらも毎日楽しみたい私たちとは相性が悪そう。

ではどんな方法がいい?と聞かれたら、私は「毎月一定額」をあらかじめ決めてしまい、残りのお金は外食も良し、買い物も良し、プチ贅沢だってOK! そんな貯め方を提案します!

月収の10〜15%を貯蓄に回すのが目安

「まずどの位貯めればいい?」と疑問なら、平均をまずは知ってみませんか?

一人暮らし、結婚、実家暮らしなど皆さんの生活スタイルによってもちろんばらばらなのでひと言で言うのは難しいものですが、貯金の平均の目安としては収入の「10〜15%」が妥当と言われています。

手取り30万の方なら3〜4.5万円、25万円の方なら2.5〜3.75万円程度。

もっといけると思えば20%、それだと難しいならもっと少なくても大丈夫。

目標があると目に見えてわかるのでトライしやすいはず。

目標額を決める時点で自分のお給料を見直すことは、今後の将来の自分の生活を築いていくためにも大切なこと。

では毎月の貯金の目標額を決めたら次のステップへ♪

「自動積立」でかしこく管理

自動積立とは、都市銀行や地方銀行など、ほとんどの銀行で取り扱っているサービス。

申し込みをすると決まった額を毎月自分で決めた日に自動的に定期預金口座へ移してくれます。

お給料日の次の日に設定すれば、残りの額でやり繰りしながら自由に毎日を楽しむ。

一度仕組みさえ作ってしまえば、自分で何もしなくとも勝手に定期預金に毎月貯金がされていくという「働く女性にぴったり!」な方法です。

ボーナス月にはいつもの2倍の額を!なんて設定や、万が一、どうしてもの場合は定期預金口座からすぐに引き下ろすことも可能です。

手軽に始められる&確実な仕組みを利用して、プチ贅沢も楽しみながら「賢く貯金」もしてみませんか?♡

001

初出:しごとなでしこ

花田浩菜 ファイナンシャルプランナー

学生時代からCanCamなどを中心に読者モデルを始める。
大学卒業と同時に金融関連会社に就職し、その後フリーランスのファイナンシャルプランナーに。
現在は月刊誌やweb上で連載を持ち、様々な媒体で女性のライフスタイルを大切にしたマネーコラムや経済情報を発信中。
趣味は旅行と食べ歩き。
instagram→hanadahirona


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.02.18

編集部のおすすめ Recommended

本誌3月号 P.109に掲載しているSHISEIDOのイベント開催期間が以下の通り、変更となりました。変更前)2/1~3/24、変更後)2/2~4/21。訂正してお詫び申し上げます。

本誌3月号 P.185 右上に掲載しているROPÉのツイードジャケットの値段が以下の通り、 変更となりました。変更前)¥26,000、変更後)¥36,000。訂正してお詫び申し上げます。

Feature