映画コメンテーター・LiLiCoさん(46歳)の30代は「犠牲にしたものもたくさん」 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 先輩インタビュー
  4. 映画コメンテーター・LiLiCoさん(46歳)の30代は「犠牲にしたものもたくさん」

WORK

2017.09.09

映画コメンテーター・LiLiCoさん(46歳)の30代は「犠牲にしたものもたくさん」

本誌10月号で25人の著名人からメッセージをいただいた「あなたの30代ってどうでしたか?」企画。今回は、誌面ではお伝えしきれなかった、映画コメンテーター・LiLiCoさんの「30代だったころ」をお届けします!

『王様のブランチ』に抜擢! …でも、苦しかった30代

歌手になりたいと思って、生まれ育ったスウェーデンから日本に来たのが10代。20代ではなかなか芽が出ませんでしたが、30歳で『王様のブランチ』に映画コメンテーターとして出演するようになりました。

とはいえ、夢だった歌手として成功したわけではないし、ヘンな人にたくさん会ってイヤな思いもたくさんしたし(苦笑)、結婚生活もうまくいかなかったし、犠牲にしたものはいっぱいあります。それに当時は、自分がテレビで上手に立ち振る舞えていないとわかっていたから、周囲の人にどう思われているかが気になって、道を歩くのも怖いくらいでした。

でも、がむしゃらに働いて笑顔で乗り切った30代があるから、今がある。40歳になったときは、本当に好きな人に囲まれて、好きな家に住んで、好きなお酒が飲めて、好きな仕事ができて、最高の誕生日でした。今は仕事でも、「これが私!」という自信がもてるようにもなりました。努力もせずに「なんとかなる」と言う人は大嫌い。子供っぽいかもしれないけれど、私は「頑張ればいいことがある」って信じています。

30代は「種まき」の時期

30代のうちは、ちょっとイヤな上司にもこちらから懐に飛び込んでみたり、周囲の人と信頼関係を築くことが大切なんじゃないでしょうか。私は会社員ではないけれど、共通の話題もない仕事相手のおじさんが一生懸命会話の糸口を探して発したひとことが「今日はきれいだね、デートなの?」だったら、「セクハラ!」と非難するんじゃなくて、笑顔でかわすくらいの広い心はもってもいいんじゃない?

若いスタッフがミスをしたら、きちんと指摘して教えてあげる「嫌われる勇気」をもつのも先輩の役目。それらはすべて、40代で自分が輝くための「種まき」だと思うから。

一方で、30代後半で、友達と「無理して」つきあうのをやめたのもよかったと思います。仕事でめんどうくさい人間関係もあるのに(笑)、プライベートでまでめんどうな人に気を使いたくない、本当に好きな友達だけいればいいじゃないって。それに、昔は男の人とつきあうのも「仲よしグループの友達に気に入られる人じゃないと」なんて思ったりしましたが、よく考えたら彼氏を友達に紹介しないといけないわけでもないんですよね。いろいろラクになりました。

30代は苦しかったけれど、頑張って乗り越えてきた経験は人生の宝物です。当時の自分に「そのままでいいよ!」と声をかけたいですね。

前回は「ブルーボトルコーヒー」取締役 井川沙紀さんの強くしなやかに働く姿をインタビュー!<Oggi5月号掲載記事>

次回は新潮社出版部部長・コメンテーター・中瀬ゆかりさん(53歳)の30代は「恋に落ちて、編集長になって、子供を産まないと決めた」

Profile
スウェーデン生まれ。スウェーデン人の父と日本人の母をもつ。『王様のブランチ』(TBS)、『ノンストップ!』(CX)などに出演。J-WAVEナビゲーターも務めるほか、プロレスラーとしても活躍。

取材・文/酒井亜希子(スタッフ・オン)


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.08.01

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature