公演迫る! 世界の至宝【マリインスキー・バレエ】3年ぶりに来日、3演目を上演 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. エンタメ
  4. 公演迫る! 世界の至宝【マリインスキー・バレエ】3年ぶりに来日、3演目を上演

LIFESTYLE

2018.11.26

公演迫る! 世界の至宝【マリインスキー・バレエ】3年ぶりに来日、3演目を上演

由緒正しき歴史を持つ、ロシアのバレエ団 マリインスキー・バレエが、この冬3年ぶりに来日し、東京文化会館にて3演目の公演を行います。

美しく気高い、マリインスキー・バレエの舞台が日本で!

ロシアで最も伝統あるバレエ団、マリインスキー・バレエが3年ぶりに来日。2018年11月28日(水)~12月9日(日)の期間、「ドン・キホーテ」「マリインスキーのすべて(ガラ)」「白鳥の湖」の3演目で公演を行ないます。

バレエの最高峰と言われるマリインスキー・バレエ(キーロフ・バレエ)は、18世紀半ばに創設された帝室バレエ学校(現在のワガノワ・バレエ学校)を発展させる形で組織され、1783年エカテリーナ二世によって設立された帝室劇場で公演を行うようになりました。

その後、今年生誕200年を迎える偉大な振付家プティパと、その弟子イワーノフによる「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」など、現在のバレエ界になくてはならない作品を上演。「クラシック・バレエの殿堂」としての地位を確立し、パヴロワ、ニジンスキーなど伝説の踊り手、ウラーノワ、ヌレーエフ、マカロワ、バリシニコフ、ルジマートフなど黄金のスターたちもこの劇場の舞台で踊ってきました。

マリインスキー・バレエ

Natasha Razina/瀬戸秀美

今回、日本で披露されるマリインスキー・バレエの演目は、現地で大人気の舞台でありながら、日本では22年ぶりの上演となる「ドン・キホーテ」、プティパ生誕200年に相応しい美しすぎるほど美しいマリインスキー劇場の決定版「白鳥の湖」、そして進化する伝統と斬新さを放つ「マリインスキーのすべて」。いずれの作品でも、“マリインスキー・バレエの現在”を堪能できます。

また、マリインスキー・バレエに入団したばかりの日本人、18歳という永久メイも登場。18歳という若さながら、すでにバレエ団からも観客からも大きな注目と喝采を浴びている彼女にも注目です。

美を極めたバレエ団による、ステージで積み重ねられる美しい一瞬一瞬を、ぜひその目に焼き付けてください!

マリインスキー・バレエ 2018
マリインスキー・バレエ 2018 特設サイト
会期:2018年11月28日(水)~12月9日(日)
会場:東京文化会館
お問い合わせ・チケット購入:ジャパン・アーツぴあ 03-5774-3040
※一部売切れ日・席種あり


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.01.20

編集部のおすすめ Recommended

Feature