Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. Oggi.jp's
  4. 旅先でうっかり忘れ物…そんなとき英語でなんて言う?|外資系IT企業OL・中谷晶子の知ってこなれる英会話

LIFESTYLE

2018.04.29

旅先でうっかり忘れ物…そんなとき英語でなんて言う?|外資系IT企業OL・中谷晶子の知ってこなれる英会話

連休中に海外旅行に行かれる方も多いのでは?? 旅行を満喫しつつ、忘れものなど旅先でのちょっとしたトラブルを解決する簡単・英会話フレーズを、外資系IT関連企業勤務・中谷晶子さんが紹介します。

中谷晶子

Lesson 3:「忘れ物をした」= “Forget~”で、あってる??

ついに始まったGW! 組織変更や異動など、色々と変化の多い4月にこの連休は本当に嬉しいですよね。さて、GWに海外旅行に出かける方も多いのではないでしょうか。

旅行プランを考えながら荷物を詰めて、準備万端で出発!!

…と思っても、たまにやってしまうのが忘れもの。

日本から持ってくるのを忘れた!! というケースもあれば、現地で観光しているときに、うっかりレストランやバスの中に荷物を置いてきてしまった…、というケースもあると思います。

今日はそんなときに使える簡単・英会話フレーズをご紹介します。

たとえば、レストランでジャケットを置いてきてしまい、問い合わせをするとき。

I left my jacket at your place, did you find one?

『お店にジャケットを置いてきてしまったのですが、ありませんか?』

「忘れもの」=“forget”というワードが最初に思い浮かぶ人も多いと思いますが、このようなシーンでは、「置き去りにした」というニュアンスで“leave”を使うことが多く、より自然な印象を与えます。

もちろん“forget”を使ってもOKですが、ちょっとしたワード選びで相手への印象も変わるので、ぜひこの機会に使ってみてはどうでしょうか。

ちなみにいわゆる忘れ物カウンターは“lost and found”。

空港や交通機関での移動中に忘れものをしてしまったときは、こんな風に周りの人に場所を尋ねてみましょう。

“Where is the nearest lost and found?”

『いちばん近い忘れ物カウンターはどこですか?』

うっかり忘れものをしてしまった! というときに、思い出してみてください。

Oggi.jp’s 中谷晶子

小中学校をアメリカで過ごし、現在はIT企業に勤める32才。2018年4月からOggi.jpにてブログを執筆する“Oggi.jp’s(オッジ ジェイピーズ)”としての活動を開始。趣味は新たなお店開拓。美味しいお肉とお酒を糧に日々奮闘中。働く女性に向け、ビジネスから旅行のシーンまで、簡単ながらこなれた印象を与える英会話情報を発信します。


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.12.10

編集部のおすすめ Recommended

Feature