交際1年で結婚! 式場選びで重視したのは「アクセス」の良さ! オッジェンヌ篠原菜月さん・前編【Oggi Wedding #3】 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. ウエディング
  4. 交際1年で結婚! 式場選びで重視したのは「アクセス」の良さ! オッジェンヌ篠原菜月さん・前編【Oggi Wedding #3】

LOVE

2023.05.27

交際1年で結婚! 式場選びで重視したのは「アクセス」の良さ! オッジェンヌ篠原菜月さん・前編【Oggi Wedding #3】

仕事にプライベートに充実した日々を送るOggi世代にとって、大きな人生の節目ともなる「結婚」。出会いや交際を経て結婚に至るまでの道のり、センスあふれる挙式や披露宴の様子、そして結婚後のライフスタイルなど、みなさんの結婚にまつわるエピソードをご紹介していきます。今回は、Oggi専属読者モデル・オッジェンヌの篠原菜月さんの結婚ストーリーQ&Aをお届けします。

働く30歳の結婚ストーリー #03 オッジェンヌ・篠原菜月さん〈前編〉

働くOggi世代にとって、人生の大きな節目である「結婚」。結婚に至るまでの道のり、挙式や披露宴の様子、結婚後のライフスタイルなど、Oggi世代の結婚にまつわるエピソードとは…。今回は、Oggi専属読者モデル・オッジェンヌの篠原菜月さんに、結婚にまつわるQ&Aをお答えいただきました!

オッジェンヌ・篠原菜月さん

オッジェンヌ・篠原菜月さん(36歳)
愛知県出身。コンサルティング会社勤務。会社では、法人営業部で営業事務として営業のサポートを行う。Oggi.jpでは、ファッション、コスメ、旅など幅広い記事を投稿するなど、オッジェンヌの傍ら、ライターとしても活動。今年2月に出産し、現在は育児休暇中で、双子の子育てに奮闘する日々を送る。

篠原菜月さんの「結婚」を深掘りさせてください!

Q. パートナーとの出会いは?

A. 友人の紹介です(交際期間/1年 入籍/2016年2月)

「私が海外旅行好きなので、『結婚相手は英語が話せたり、海外で仕事をしていたりする人がいいな』と友人に話していました。そんなとき、『ぴったりの人がいるよ』と友人に紹介してもらったのが、今の夫。帰国子女の彼は英語がペラペラで、海外旅行が趣味ということで理想のお相手でした!

オッジェンヌ・篠原菜月さんとパートナー

その後、友人がセッティングしてくれた飲み会を通して距離が縮まり、おつきあいすることに。そこからトントン拍子で1年後に結婚しました」

Q.結納や両家の顔合わせはどのようにしましたか?

A. 結納はなく、両家そろって顔合わせをしました

「夫の両親は当時、駐在先だった中東のアブダビにいたので、帰国のタイミングで両家の顔合わせをしました。場所は、私の地元にある『名古屋マリオットアソシアホテル』で、お料理は中華料理に。

始まる前まで不安でしたが、お互いの両親共に海外旅行好きで、アブダビの話や今まで訪れた旅先の話で盛り上がって、ほっとしたのを覚えています」

Q. 結婚式はどこでしましたか?

A. 『パレスホテル東京』で挙げました

「結婚式を挙げるにあたって、最初に重視したのはアクセス。私の家族が新幹線で愛知から来る予定だったので、東京駅周辺で式場を探していました。

いろいろな式場を見学した結果、お料理も美味しく、雰囲気も素敵な『パレスホテル東京』に。

『パレスホテル東京』での挙式の様子

チャペルの大きな窓からは優しい光が差し込み、皇居やその周辺の緑豊かな美しい景色が望めるところが気に入りました」

Q. ウエディングドレスはどんなものを選びましたか?

A.“ANNA MAIER”のマーメイドドレスと“ハツコエンドウ”のカラードレス

ANNA MAIER”のマーメイドドレス

「マーメイドドレスをずっと着たいと思っていて、アメリカのオートクチュールブランド“ANNA MAIER”のドレスに。シルエットが綺麗で、写真では見えていませんが、背中のくるみボタンもとっても素敵なんです!

“ANNA MAIER”のマーメイドドレス

カラードレスは、真っ赤な薔薇をそのままドレスにしたような“ハツコ エンドウ”のものに。マーメイドドレスのIラインでスッキリした感じとは違う印象にしたくて、ふわっとしたシルエットのものにしました♡」

“ハツコエンドウ”のカラードレス

Q. エンゲージ&マリッジリングはどんなものを選びましたか?

A. エンゲージリングはオーダーメイド、マリッジリングはティファニーで

「エンゲージリングは、夫が育ったアブダビでオーダーメイドしたものです。当時はブランドものに憧れたりもしましたが、今となっては彼にとって思い入れのある土地でつくってくれたというエピソードも愛着が湧きます。

マリッジ・エンゲージリング

結婚指輪は、当時、絶対にダイヤモンドが入っているものがいいというこだわりがあったので、検討した中でいちばん気に入った“ティファニー”のものにしました」

Q. ハネムーンはどちらに行きましたか?

A. カナダのバンフからロサンゼルス、サンフランシスコ、サンノゼなどアメリカ西海岸を周遊

ハネムーンの写真

「夫はご両親の仕事の関係で、幼少期をロンドン、中学時代をアブダビ、高校時代をN.Y.で育った人なので、交際当初から休暇のたびに一緒に海外旅行をしていました。

つきあい始めですぐの海外旅行は少しハードルが高い気もしたのですが、その壁を乗り越えたからこそ、お互いのことをよく知ることができて、一気に関係性も深まったと思っています!」(※詳しくは後編をCHECK♡)

Q. 結婚してよかったことは?

A. いちばんの味方ができたこと

挙式の様子

「なんでも話せて安心できるいちばんの味方ができたということです。夫がいつも応援してくれるので、仕事もオッジェンヌの活動も頑張れています。

また、夫は私と性格が正反対。私は前に出るのが好きなタイプで、夫は後ろから支えてくれるタイプ。だからこそ大きなケンカもなく、結婚生活を穏やかに過ごせていると思います」

▶後編はこちら

取材・文/正木 爽(HATSU)

▶︎あわせて読みたい!


Today’s Access Ranking

ランキング

2024.05.21

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。