Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. キッチン用品
  5. ただの保存容器… じゃない! 心底買ってよかった超名品♡

LIFESTYLE

2022.11.18

ただの保存容器… じゃない! 心底買ってよかった超名品♡

キッチン用品などを販売するののじの「マジックコンテナ」をご紹介!

家中の保存容器、全部これにしたい!

物価高により、スーパーの特売日などを狙ってまとめ買いをしている人も多いのでは。

そんなまとめ買いの必需品といえば、タッパーなどの保存容器。

でもみなさん、今使っている保存容器に満足していますか?

かくいう筆者は、プラスチック製や耐熱ガラス製、ホーロー製の保存容器を持っているのですが、いずれもどんなシーンでも使えるという万能さには欠け、使い分ける必要が。

プラスチック製は価格も手ごろで扱いやすいけれど、色やニオイ移りが気になる。洗っても洗ってもヌルヌルとした油汚れが落ちない、なんてことも。

その点耐熱ガラス製はお手入れのしやすさは抜群だし、電子レンジでも使えることが多い。でも重たくて割れやすいので普段使いにはちょっと不向きかな、と。

そしてホーロー製は、直火やオーブン、冷凍ができるというメリットがある一方、電子レンジで使えないところが難点。

でもどんな物事にも表があれば裏もあり。使い分ければ良いものだと思っていたのですが……

その概念を覆す、プラスチック製と耐熱ガラス製、ホーロー製のいいとこ取りをしたような、実に画期的な保存容器が存在したのです!

それが、ののじの「マジックコンテナ」

ののじの「マジックコンテナ」

▲ののじ マジックコンテナ/(写真:右から)S:¥2,640、M:¥3,520、L:¥4,180

ののじの「マジックコンテナ」は、ステンレス製の保存容器。

ステンレスといえば丈夫で軽量な点は優れているけれど、ホーローと同様、電子レンジで使用不可でしょ? と思いますよね。

違うんです! なんと! 電子レンジで使えるのです!!

ののじによると、形状にこだわり、さらに​ステンレスの中でもグレードの高い「SUS316」が使われているそう。

そのため、電子レンジ、オーブン、冷凍庫、食洗機…… これらがオールOK

さらに、驚くほど軽量で変形や割れなどの心配もなく、普段使いにうってつけ。色やニオイ移りもしづらいのでお手入れも簡単です!

個人的にはブラックのシックなデザインも好き。赤いパッキンもさりげないアクセントになっていて素敵です!

ののじの「マジックコンテナ」

サイズは、S(約17×13×5.8cm/650ml)、M(約21×16×7.9cm/1,300ml)、L(約24×19×8.3cm/2,250ml)の3種類。

重ねて収納できるところもポイント!

ののじの「マジックコンテナ」

耐熱温度は、本体250℃、フタ110℃、パッキン210℃。耐冷温度は、本体-20℃、フタ-20℃、パッキン-20℃です。

ののじの「マジックコンテナ」

▲作り置きしたおかずを冷凍して、そのまま電子レンジで解凍できるのでとっても楽!

ののじの「マジックコンテナ」

▲キムチやカレーなどニオイの強い食材の保存にも重宝。密閉力も高めなので安心です。

ののじの「マジックコンテナ」

▲魚やお肉の下ごしらえなどにも活躍! バットの代わりに使えるうえ、フタ付きなのでエコ。

一度この便利さを味わってしまうと、家中のすべての保存容器をこれに替えたくなる……!

価格こそお高めではありますが、この丈夫さと汎用性の高さは何にも代え難いもの。汚れも落ちやすいので、結果的に水道代や洗剤代は抑えらている気が。

ぜひチェックしてみてくださいね!

ののじ

※価格は税込み表示です。
※記事中の感想は筆者個人の感想です。

キッチン用品ならこちらも!


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.12.02

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature