Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. スキンケア
  4. むくみ
  5. 年々ぼやけてきたフェイスラインに…、2万円台の「電気ブラシ」ってどうなの?

BEAUTY

2022.10.15

年々ぼやけてきたフェイスラインに…、2万円台の「電気ブラシ」ってどうなの?

「サロニア」からハリ美容ブラシが新登場! 体験レポートをお届けします。

富田友里恵

年々顔がぼやけてきた……「電気ブラシ」ってどうなの?

電気刺激で頭皮や顔をケアする、ブラシ型の美容機器って使ったことはありますか? 元祖は16万円越えの高級品ですが、今や様々なブランドから販売されていて、価格帯も機能もいろいろ。予算や好みに合わせて購入しやすくなっています。

私は基本めんどうくさがり屋であまり家で美容ギアを使いこなせないタイプなのですが、最近むくみ&たるみが急激に気になりだしまして…… いろいろ試しています。そんなときに「サロニア」から2万円台でハリ美容デンキブラシが登場するというニュースが! 今回お借りしてお試ししてみましたので、率直にレポートします。

サロニアの「EMS リフトブラシ」を体験!

サロニア「EMS リフトブラシ」の箱

「サロニア」といえば、シンプルでスタイリッシュな美容家電。もう箱からスマートです。

じゃ〜ん開封!

サロニア「EMS リフトブラシ」の箱を開けたところ

EMS リフトブラシ ¥27,500/サロニア

シルバーのおしゃれな機器が姿を現しました。

中に入っているのは…

サロニア「EMS リフトブラシ」の中身

本体と充電ケーブル、取扱説明書。専用のACアダプターが付いていないので一応注意! Type-AのUSB端子を手持ちのACアダプターやパソコンなどに接続して充電することになります。

コンパクトで使いやすそう!

サロニア「EMS リフトブラシ」を手で持ったところ

手で持ってみると、こんな感じ。手のひらにすっぽり収まるサイズで、約160gと私のスマホとほぼ同じ重さ。コンパクトで使いやすそう、という第一印象です。

サロニア「EMS リフトブラシ」の側面

このブラシは、スカルプ・フェイス・ボディと3つのモードを搭載していて、それぞれ刺激の強さは5段階レベルで調整できます。サイドにボタンが付いている、シンプルな設計。アタッチメントを変えることなくモードを切り替えるだけで全身に使えるので、めんどうくさがりには有り難い。

刺激がクセになる!

サロニア「EMS リフトブラシ」の電源を入れたところ

早速電源を入れてみます! 痛みにはそんなに弱くないのですが、電気のピリピリ感が久々だったので、若干ビビりながらとりあえず濡れた顔にレベル1から当ててみました。

すると…… 全然平気! LEDなどは搭載されていないのですが温感機能が付いており、じんわり温かさを感じます。レベル2に上げると肌で微弱な何かがうごめいている感覚。

どんどん上げてレベル5までいくと、かなりピリッピクピクと刺激を感じます。おぉEMSだ、と感激していました。この「EMS リフトブラシ」では、大小異なる低周波を組み合わせた独自の周波数で、普段動かさない筋肉を効率よく刺激することができるそう。私的には痛くはなく、クセになる感じで心地よかった。

ただ顔のケアでは特に、摩擦には気をつけたほうがよさそうです。顔のアレコレは頭皮のコリも影響していると言われているので、早々にスカルプモードへ。

ブラッシングするだけで気持ちいい……

サロニア「EMS リフトブラシ」

こちらのピンはクッション性があり、押すと少し凹みます。スカルプモードで頭皮をケアするときは、ピン先をゆっくり押し込み、そのあとブラッシングするといいそう。硬めのピンなので、ただブラッシングしてもなんか気持ちいいです。

完全防水ではない&肌を濡らす必要があるので、使えるタイミングが少しだけ限られるかもしれませんが、お風呂上がりや朝のスキンケア後に使用したい方であれば不便ではないはず。

そしてボディモードに突入。万年肩こりなんですが、レベル1〜2で優しくなでるとポカポカして軽くなった気が。ちなみに腕や脚にも使えます。

朝の美容ギアにしてスッキリさせたい!

サロニア「EMS リフトブラシ」

肝心の効果なのですが、やっぱり使うとスッキリするなぁと。最近朝起きたときの顔にギョッとすることが多いので、リアルに生活に取り入れるとしたら、寝癖を取るついでに頭皮を濡らしてこれを使いたい! そして顔や首をササっとなでれば、もういい感じな気分。

これから温泉が気持ちいい季節ですし、旅を計画されている方も多いですよね。これなら旅行カバンに軽々入れていけそうです。電気ブラシが初めてで、できるだけシンプルな機能を求めている方や、持ち運びに便利なものを探している方に、特におすすめです!

こちらの記事も読まれています

富田友里恵

美を探究するライター/エディター。心も体も喜ぶビューティ&ウェルネス情報に日々アンテナを張る。趣味はヨガ、旅の妄想、ものづくり。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.12.03

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature