Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 巷で話題の【ナノバブルシャワーヘッド】を使ってみたら… もう普通のシャワーに戻れません!

LIFESTYLE

2022.09.07

巷で話題の【ナノバブルシャワーヘッド】を使ってみたら… もう普通のシャワーに戻れません!

今、巷で話題のナノバブルシャワーヘッド、使ったことありますか? 8月1日に発売されたばかりのボディケアブランド「マイトレックス」の大人気美泡シャワーヘッド「MYTREX HIHO FINE BUBBLE+」の体験レポートをお届けします。

ナノバブルシャワーヘッドをご存知ですか?

先日、私の大好きな朝の情報番組「あさイチ」でも紹介されていて、俄然興味が高まっていた「ナノバブルシャワーヘッド」という存在。通常のシャワーヘッドを、専用のシャワーヘッドに変えるだけで、細かく柔らかなミストシャワーが使えるようになるんです。

幸運にも、8月に発売したばかりの「MYTREX HIHO FINE BUBBLE+」をお試しする機会をいただいたので、さっそくその使用感をレポートします!

美泡シャワーヘッドといわれる「MYTREX HIHO FINE BUBBLE+」を体験!

スタイリッシュな黒い箱を開けると、

じゃじゃん! 想像よりも大きめで、立派なシャワーヘッドが登場。高級感があり、柄が長いので持ちやすそう、というのが第一印象です。

ものの5分で取付完了! 3種のアダプター付きで、さまざまな機種に対応も!

今までの人生で、シャワーヘッドを取り外したことがなかったので、取り付けには不安がありました。

が、元々付いているシャワーヘッドの先端を回して外し、付け替えるだけ。5分もかからず設置終了。全然面倒くさくありません。

どんな機種にも対応できるよう、3種類のアダプターもセットとなっているのも安心。我が家の場合(リクシルの本当に普通のシャワー)は、アダプターなしで付けられました。

真綿のような優しいミストに感動!

さっそく使ってみると、、、想像をはるかに上回るミストシャワーっぷりに感動しました! 水量たっぷりで肌を優しく包み込む「真綿のようなミスト」という表現が、いちばん伝わりやすいかなと。

ずぼらな私は、洗顔後シャワーで直接顔を洗い流すのが好きなのですが、このミストシャワーだと肌への刺激も少なく、むしろふわふわのミストに包まれている感じが気持ちいいんです。

「MYTREX HIHO FINE BUBBLE+」は、従来の商品よりもマイクロ・ナノバブル数が約2倍の5億3000万個にアップし、よりきめ細かい超微細泡を実現。毛穴の1/100サイズの以下のナノバブルが毛穴の奥まで入り込み、汚れをしっかりと洗浄してくれるのだそう。

さらに、独自の構造により、水の使用量をカットし節水できる、というのも嬉しいですよね。

この手のナノバブルシャワーは、粒子が細かいミストモードは水温が冷たくなりがち… と言われているのですが、その点にも「MYTREX HIHO FINE BUBBLE+」は改良が加えられていて、たっぷりの水量を維持しつつも、温かいミストが使用可能。ミストという特性上、水温は下がりやすいので、いつもより1~2℃シャワー温度を上げるのがポイント。しっかり温かいミストを楽しめます。

シャワーヘッドを変えたことによる、嬉しい副産物は…

シャワーヘッドを変えると、ミストシャワー一択になってしまうのでは…、と心配されている方、ご安心ください。「MYTREX HIHO FINE BUBBLE+」は、ヘッド下のレバーで3段階に設定でき、“いつもどおりのシャワー”も使用できます。

余談ですが、シャワーヘッドを変えたことによる嬉しい副産物としては、お風呂掃除のとき、水圧が柔らかいミストシャワーだと、水が飛び散って濡れる… という惨事が起こりにくいこと。これ、けっこう嬉しい発見でした。

ギフトはもちろん、自分へのご褒美にしても!

「MYTREX HIHO FINE BUBBLE+」のお値段は、税込み¥23,980。

気軽に買えるお値段ではありませんが、365日使うものですし、何年も使えるものなので、QOLが高まる良い投資、になると思います!

おすすめです!

MYTREX HIHO FINE BUBBLE+

副編集長 小森智子

3月よりWEB専任となり、Oggi.jpやInstagramを担当。趣味は料理教室通い。最近は、週末に通うヨガが、最大のリフレッシュ。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.09.29

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature