Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. 10月4日はお取り寄せの日! 気になる令和の「お取り寄せ」事情とは?

LIFESTYLE

2022.10.04

10月4日はお取り寄せの日! 気になる令和の「お取り寄せ」事情とは?

白髪染めのシャンプーやトリートメント、白髪隠しブラシの提供を通じ、美しい髪と豊かな社会の実現を目指す綺和美(スリーエム株式会社)では、10月4日のお取り寄せの日を前に、お取り寄せを普段からしている人へアンケート調査を実施。気になる今どきの「お取り寄せ」についての調査結果を紹介します。

OYUKI

10月4日はお取り寄せの日。今どきの「お取り寄せ」についてのアンケート結果をご紹介!

お取り寄せスイーツ画像

早いもので10月。もうすっかり秋本番となり、“食欲の秋”にちなんだ美味しそうなグルメがたくさん。特にウィズコロナ時代となってからは、全国からたくさん美味しいものがお取り寄せできるようになり利用する方も多いのでは?

10月はおいしいものがあふれる季節、そして4日は食(4)に通じることから、「おと(10)・り・よ(4)・せ」の語呂合わせで、10月4日が「お取り寄せの日」となったそう。

そんなお取り寄せの日を目前に、綺和美(スリーエム株式会社)が普段よりお取り寄せをしている人へアンケートを実施。気になる令和の「お取り寄せ」事情について紹介します!

■令和は半数以上の人が「お取り寄せ好き」

ネットショップが買い物の主流といっても過言ではない現代。遠く離れている地域の食べ物も気軽に手に入る時代となった今は、当たり前にお取り寄せを好む人が増えていますね。

■みんながお取り寄せをしている頻度はどれくらい?

お取り寄せの頻度についての調査結果

「お取り寄せを年に何回くらいしますか?」というアンケートについて、一番多かった回答は、「年に2~5回」で59%でした。そして、「年に1回程度」が30%、「年に15回以上」が10%と続きました。ちなみに、選択肢に「10~14回」もあったのですが、こちらは回答者がいなかったとのこと。さすがにそこまでのお取り寄せマニアはいなかったようです。

年に2~5回のお取り寄せが多いのは、四季折々に旬なものを注文している人が多いからと推測できますね。

また、年に6~9回のお取り寄せをしている人は、定期的にお取り寄せをしている商品があると回答している人も多いとのこと。

■お取り寄せをする理由1位はやっぱりアレ…

お取り寄せをする理由についてのアンケート結果

まず第3位は「珍しいものを食べたいから」で18%の人が回答。在宅ワークが増え、外出が少なくなると日々の食事はなかなか冒険せずにワンパターンになりがち。そんな中自分が住んでる地域では出会えない、珍しい商品があるとたしかに気になりますよね。

第2位の回答は、「少し贅沢気分を味わいたいから」で27%でした。お取り寄せといえば、普段は食べれない少し高級なものというイメージも多いですよね。近所のスーパーでは買えない、いつもとは一味違った商品はやはり魅力的。

そして第1位。51%と半数以上が回答したのは、「おいしいものを食べたいから」とまさに納得の回答でした。幸福度をぐーんと上げてくれる「おいしいもの」は人生においてとっても大事ですよね。

■お取り寄せをする際にこだわるべきポイントとは!?

最後に、「お取り寄せ好き」の皆さんが教えてくれた、お取り寄せ時のこだわりポイントをご紹介します。ご自身がお取り寄せをする際には、ぜひ参考にしてみてはいかがですか?

【お取り寄せをする際にこだわっていること】
・その地方ならではの食材にこだわります。
・あまりにも待つ時間が何ヵ月も先とか何年も先等と長すぎるものは欲しいものでもあきらめます。
・口コミは熟読するようにしている。
・家族みんなで楽しめる食べ物を選びます。
・手間をかけずにすぐ食べられるものをお取り寄せするのがこだわりです。
・誕生日月は送料無料やおまけが付属されるキャンペーンが多いので、自分の誕生日の時にお取り寄せをするようにしています。
・どちらかといえば、人に喜んでもらいたいので、贈る方をイメージしてお取り寄せします。
・旅行できない場所の食べ物を取り寄せて、旅行したような気分になっています。

アンケートの詳細はこちら

【調査概要】
「お取り寄せに関する調査」
・調査期間:2022年9月
・調査機関:株式会社クラウドワークス
・調査対象:20代〜50代以上の男女100人
・有効回答数:100
・調査方法 インターネットのクラウドソーシングサイト『クラウドワークス』によるアンケート調査

あわせて読みたい!


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.12.04

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature