Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. 喜ばれる手土産なら“大人のティラミス”♡ 男性にも! コーヒー好きにも!

LIFESTYLE

2022.08.29

喜ばれる手土産なら“大人のティラミス”♡ 男性にも! コーヒー好きにも!

「THE chocola」のティラミスを紹介します! スイーツや肉料理に詳しいライター・大雄寺幹子さんによるおすすめブログです。

【THE chocola】ティラミス♡ 気になる味わいは?

濃厚なのに、⾷べた瞬間に⼝の中でシュワ〜ッととろけるエアリーなガトーショコラがテレビを始め各メディアでも話題となった「THE chocola」。

話題のスイーツブランド「THE」から第二弾のイタリアンプリン「THE pudding」、第三弾のスイートポテト「THE potato」に続いてまたまた斬新な第四弾の新商品が登場!

今回は、なんとティラミス! 4層の造形美が特徴のアーティスティックな正⽅形のティラミス「THE tiramisu」(3,500円)です。

お取り寄せから火がついたこちらのブランド「THE」は、2020年11⽉には、初の実店舗となる名古屋に「THE LAB NAGOYA」を、翌2021年7⽉には、東京・⾃由が丘に「THE LAB TOKYO」をオープン。店内ではテイクアウトの他、イートンスペースもあり、オリジナルのチャイと一緒にスイーツがいただくことができます。

新商品はティラミスの本場である、イタリアで修行していた経験のある澤⽥シェフが商品化に向け何度も何度も試作を重ね、ようやくたどり着いたオリジナルレシピ! イタリアンスイーツの鉄板であるティラミスを「THE」ならではの解釈で王道の中にも新しさのある形で表現。

約7cm×7cmの正方形の形が洗練されていてオシャレ!(大体3〜4名分くらいのボリューム感です。縦にカットしていただきます)

ティラミス

4層になったベージュとブラウングラデーションのコントラストが美しい「THE tiramisu」は、ほろ苦コーヒーとコクがあるのに軽いクリームとの相性がたまらない⼤⼈にぴったりのティラミスです。

4層のティラミスの一番下は煮出し製法で抽出した⾃家焙煎コーヒーで作られたシロップをたっぷりと染み込ませた⼟台のスポンジ。

煮出し製法とは、エスプレッソの原型とも⾔われる抽出⽅法で、ペーパーなどのフィルターを通さないで抽出するため、コーヒー本来の味をダイレクトに感じられ、濃厚でコクのある味いわいを楽しむことが出来ます。

その上には、マスカルポーネチーズと北海道産のフレッシュなクリームチーズを使ったふんわり軽やかな優しい甘さのクリームが。独⾃配合のマスカルポーネチーズにクリーミーで⼝溶けの良い北海道産クリームチーズがリッチでコクがあるのに軽い口当たりという絶妙な味わいが楽しめます。

その上には、ほろ苦ビターなスポンジと下層のクリームをベースに、パウダー状のカカオとカカオニブを混ぜ合わせたクリームが。フレッシュで軽やかなクリームをビターなスポンジと⼀緒に⼝に入れると、⼝の中でコクがあるのに軽いティラミスがしっかり完成!

カットするのが楽しくなる断⾯の美しさにも注目。今までのティラミスの概念を覆すような美しさは、味だけじゃなく見た目にも配慮された驚きあるスイーツです。これは甘いもの好きだけでなく、コーヒー好きの方、また男性にも贈りたくなる一品。

店頭では、人気のガトーショコラ「THE chocola」(グルテンフリー)や、北海道産⽣乳100%のクリームチーズをたっぷり使用した、円柱型フォルムが特徴の「THE pudding」、ピラミッド型が特徴の⿅児島県種⼦島産の安納芋を使用したスイートポテト「THE potato」などを購入することが出来ちゃいます。

私たちになじみのあるスイーツを王道かつ新鮮な形でアレンジした商品の数々は、お渡しする方やシーンに合わせてセレクト出来るので手土産や差し入れなどに悩んだ時には心強い味方になってくれそうです!

【詳細】
THE tiramisu
価格:3,500円(税込)
サイズ:7cm〜7cm

THE LAB TOKYO
住所:東京都⽬⿊区⾃由が丘2-9-8(⾃由が丘駅徒歩2 分)
営業時間:11:00〜17:00
定休⽇:⽔曜⽇、⽊曜⽇
※商品なくなり次第閉店

あわせて読みたい♡


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.09.30

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature