Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. アイテム
  4. 【コンバース スニーカー】特集|ハイカット・オールスターを使ったコーデも

FASHION

2018.02.27

【コンバース スニーカー】特集|ハイカット・オールスターを使ったコーデも

コンバーススニーカー。今回はどんなファッションにも馴染み、こなれた感じが醸し出せるコンバースのスニーカーをご紹介。またコンバースのオールスターやハイカットデザインのスニーカーを使ったコーデもピックアップ! お気に入りのスタイルを見つけてみて。

【目次】
コンバース スニーカー
コンバースオールスタースニーカーコーデ
コンバース ハイカットスニーカー・コーデ

コンバース スニーカー

【1】コンバース×オールレザースニーカー

コンバース×オールレザースニーカー

大人のカジュアルなコーディネートに洗練感を与える、コンバースのスニーカー。取り入れるなら、カラーはクリーンな白、素材は格の上がるレザーで決まり。ワンパターンになりがちな足元の鮮度アップに◎。
【コンバース】【エーエムビー】のオールレザースニーカー|Oggi的名品File

【2】コンバース×ハイカットスニーカー×白レザー×黒ライン

コンバース×ハイカットスニーカー×白レザー×黒ライン

白レザーのコンバースは、キャンバス素材にはない大人のリッチ感が魅力。白レザー×黒ラインのハイカットは、ショートブーツの感覚でコーディネートすれば簡単にスタイルが決まります。
これからの私に、「程モード」なバッグ&靴|100のスーパーベーシック

【3】コンバース×オールホワイト×黒ラインスニーカー

コンバース×オールホワイト×黒ラインスニーカー

雨でも履ける安心のレザー。何よりオールホワイト×黒ラインのシンプルさが◎。どんな洋服にもピタリとハマる白コンバースは、カジュアルなのに、洗練されていてどこか上品。歩き方すら意識するヒールのようなスニーカー。
定番【白コンバース】を格上げするオールホワイトのレザーモデル|吉田なぎ沙の海外移住日記

コンバースオールスタースニーカーコーデ

【1】トラッドスタイル×コンバース 白スニーカー

トラッドスタイル×コンバース 白スニーカー

ネイビー&グレーの知的な色合わせのトラッドスタイルには、スニーカーで足すスポーティなホワイトで軽やかに仕上げて。ローファーよりスニーカーと軽やかな白が洗練感をプラス。
【1/1のコーデ】初詣はリラックスコーデに洗練感をプラスする白スニーカーで♡

【2】休日パンツコーデ×コンバース 白スニーカー

休日パンツコーデ×コンバース 白スニーカー

オールホワイトのスニーカー。アウターと足元に白を効かせれば、週末のお出かけも大人カジュアルなこなれ感がぐっと高まります。
【1/14のコーデ】大人の休日カジュアルに効く! 白スニーカースタイル

【3】デニム×コンバース 白スニーカー

デニム×コンバース 白スニーカー

コンサバファッションや控えめカジュアルに遊び心を1つプラス出来る、コンパースのスニーカー。チノパンや白シャツ、デニムなどと合わせて。
定番【白コンバース】を格上げするオールホワイトのレザーモデル|吉田なぎ沙の海外移住日記

【4】キレイ色ロングスカート×コンバース 黒スニーカー

キレイ色ロングスカート×コンバース 黒スニーカー

黒のコンバースのスニーカーとコーデュロイのロングスカートは、ともすればゆるく見えがち。トップスにはカーキやブラウンのくすんだダークカラーをセレクト。鎖骨見せやゴールドのツヤで色気を足した分、ヴィンテージっぽいスカートを合わせるとちょうどよくマッチします。
【明日のコーデ】冬のマキシスカートを女っぽく見せる深Vニットコーデ

【5】ニットスカート×コンバース 黒スニーカー

ニットスカート×コンバース 黒スニーカー

暖かいニットスカートは、下半身の冷えも解消してくれて防寒対策も完璧。近所の神社までお散歩するにも、ニットスカート×スニーカーなら歩きやすくて快適。
近所の櫛田神社までお散歩。ニットスカート×スニーカーなら歩きやすくて快適

【6】マキシスカート×コンバース 黒スニーカー

マキシスカート×コンバース 黒スニーカー

コンパクトなブルゾン×マキシスカートのスタイルアップコーデには、コンバースのスニーカーで抜けを添えて。
【黒のライダース型ブルゾン】ONとOFFそれぞれの着回し方

【7】ワイドパンツ×コンバース 黒スニーカー

ワイドパンツ×コンバース 黒スニーカー

ワイドパンツ×スニーカーともバランスよく決まる、グレンフェルのトレンチコート。少し短めの着丈だから、カジュアルもきれいめも。幅広いスタイルを受け入れてくれます。
名品トレンチコート【GRENFELLグレンフェル】の魅力、徹底解剖!

【8】白ニット×ボルドーパンツ×コンバース 黒スニーカー

白ニット×ボルドーパンツ×コンバース 黒スニーカー

大人カラー、ボルドー。華やぎがありつつキレのある印象にしてくれるカラーは、アクティブに遊びたい休日のスニーカースタイルをシックに格上げしてくれます。ファーバッグでヘルシーな着こなしにかわいげをONすれば、デートの日も◎。
【明日のコーデ】休日お出かけの日の愛され白ニット×カラーパンツコーデ

【9】お仕事コーデ×Oggiスタッフ×コンバース 白スニーカー

お仕事コーデ×Oggiスタッフ×コンバース 白スニーカー

入稿時でもおしゃれスタイルのOggiスタッフ。カジュアルになりすぎないギャルリーヴィーのボーダートップス×エンフォルドのワイドパンツにウエストINして脚長&着痩せ効果を。足元は重くなりすぎないよう白コンバースでまとめて。
Oggiスタッフのボーダーコーデ

コンバース ハイカットスニーカー・コーデ

【1】花柄ワンピース×コンバース 黒ハイカットスニーカー

花柄ワンピース×コンバース 黒ハイカットスニーカー

旅に大活躍! 飛行機移動や旅先でのウォーキングにスニーカーは鉄則。シワになりにくくかさばらない、花柄ワンピースと合わせて軽快に。
【2泊3日旅コーデ】初日は花柄ワンピ×スニーカーで軽快に【2017 10/7のコーディネート】

【2】タイトスカート×コンバース 黒ハイカットスニーカー

タイトスカート×コンバース 黒ハイカットスニーカー

白シャツ×ブラウンタイトスカートに、コンバースの黒ハイカットスニーカーで、きれいめカジュアル方向にコーディネート。
【9/23のコーデ】女子会がある日は、白シャツをきれいめカジュアルに着こなして

【3】ボリュームコート×デニム×コンバース 白スニーカー

ボリュームコート×デニム×コンバース 白スニーカー

チェック柄ストールをぐるぐる巻きにしてトップにボリュームを出すと、全体が重たくならずにスタイルアップがかないます。白スニーカーで足元に抜け感をプラスして。
【12/10のコーデ】ボリュームコートを休日に着るなら、デニムでカジュアルダウンが正解!

【4】ガーリーブラウス×コンバース 白ハイカットスニーカー

ガーリーブラウス×コンバース 白ハイカットスニーカー

コンバースの白ハイカットスニーカーとガーリーな白のコットンレースでつくる高感度なグラデ。男の子みたいなチノパンとざっくりニットに、可憐さが映えます。
【ニットの秋】着るなら今でしょ! ニット6

【5】チェックパンツ×コンバース 黒ハイカットスニーカー

チェックパンツ×コンバース 黒ハイカットスニーカー

チェックパンツはハイカットコンバースや黒レザー小物で都会的に引き締めて。どんなときもキレのいい女らしさを追求するのが「きちんとかっこいい系」な印象に。
【9/30のコーデ】早起きしてフラワーショップへ♡ 最近キャップがお気に入り

【6】ワイドチノパン×コンバース 黒ハイカットスニーカー

ワイドチノパン×コンバース 黒ハイカットスニーカー

背中開きのボーダーカットソー×濃いめのドライベーシュ。厚手の素材で都会的にはけるワイドチノには、コンバースの黒ハイカットスニーカーでゆるりとした休日を。
【9/3のコーデ】この秋、注目のワイドチノパンツをさっそく休日に履いてみる!

【7】レイヤードスタイル×チノパン×コンバース 白スニーカー

レイヤードスタイル×チノパン×コンバース 白スニーカー

人気のハイウエストのチノパンのすそからチラッと見せた白が、コーディネートにニュアンスをプラスしてくれます。トップスはシルクカシミアのリブニットだからこそ、ボーイズライクな白カットソーのレイヤードスタイルに合わせても、上品さは程よくキープ。
【秋のデートファッション】手がつなぎたくなるコーディネート♥5

【8】紺ブレ×白Tシャツ×コンバース 黒ハイカットスニーカー

紺ブレ×白Tシャツ×コンバース 黒ハイカットスニーカー

白Tシャツにスニーカー…カジュアルダウンすることで清涼感のあるトラッドに。品行方正なトラッドなジャケットは、まずはカジュアルに着るのが◎。ネイビーなら×淡色もさわやかに。
軽快に着られるこの色を選択【紺ブレ】今買って、秋まで着回せる服


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.05.28

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号の記事に誤りがありました。98ページ右上のブランド表記"ENFÖRD"は、正しくは"ENFÖLD"です。ここに訂正し、お詫び申し上げます。

※芸能事務所やモデルエージェンシーによる、Oggiの名前を騙ったスカウトが報告されています。本誌とは一切関係ありませんのでご注意ください。

Feature