Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. なぜ女性との2ショットを!? アプリで見かける「いいねゼロ」男性の特徴

LOVE

2022.01.21

なぜ女性との2ショットを!? アプリで見かける「いいねゼロ」男性の特徴

アラサー独身女性4人が出会ったマッチングアプリの癖あり男たち…。問題はそのプロフィール写真にあり!? あなたなら“いいね♡”はできる?〈OLライターのタケ子の恋愛連載〉

OLライター タケ子

ツッコミ所満載! マッチングアプリのプロフ写真4選

2022年。今年こそは本命彼氏を作るぞ! と意気込んで始めたマッチングアプリ。けれどそこには“いいね♡”を押すのもためらう男性会員プロフの写真がチラホラ。

今回はそんないいねボタンやグッドボタンを押すにも躊躇したアラサー独身女子たちの本音を聞いてきました!

1. 筋肉アピールがすぎる男

(c)Shutterstock.com

男性的魅力のひとつに挙げられる“筋肉”。鍛え上げられた身体にうっとりする女性も多いのかもしれませんが、純粋に恋愛をしたいと望む女性たちとは感覚のズレがあるのかも。

「私は今年に入って初めてマッチングアプリに登録しました。そこで感じたことは“筋肉アピールがすぎる男”が多すぎる! 胸筋や背中、二の腕から下半身の筋肉自慢オンパレード。ジムで撮影していると思われるアイコンには筋肉自慢の圧がすごすぎーとツッコみたくなる。

そこで気がついたのは、筋肉自慢をする人の多くが顔をスタンプやモザイク加工で隠してあるんです! 女性陣が見たいのは筋肉じゃなく、あなたのお顔なのよ!」(販売・Mさん・28歳)

2. グルメ写真の連投

(c)Shutterstock.com

男女ともグルメ写真は好きなものの、そこに重点を置かれたらマッチングアプリの意味をなしませんよね。そんなグルメ写真を連投する男性会員に一言申したいと言う彼女。

「プロフィール写真の内1、2枚にグルメ写真が混ざっていてもいいとは思います。けどトップアイコンからグルメ写真の連続じゃ人柄もわからず、いいねを押したいとは思いません。“俺ってグルメだよ”とでも伝えたいのでしょうか? それならインスタでやってくれ!」(印刷会社・Cさん・31歳)

3. 盛りすぎ加工写真

(c)Shutterstock.com

自分をよく見せるため今では男性会員も加工写真をアップするのが当たり前! 中には加工をしすぎてもはや別人な男性も…。

「以前アプリで知り合った人と実際にデートをしたのですが、写真と全然違ったんです! 本人に聞いたら“元カノに加工の仕方を教えてもらって”と悪びれない様子。少し整えるだけならまだしも、目の大きさ、鼻の高さ、髪の生え方まで違ったんです! それ以来アプリでは目を凝らして男性会員の写真を見るようにはしています」(福祉・Yさん・29歳)

4. 異性との2ショット

(c)Shutterstock.com

恋人探しのマッチングアプリのはずが、何故かプロフ写真は謎の美女との2ショット! それは一種のモテ自慢なのでしょうか?

「たまにいるんですよね、女性との2ショットをアイコンにする人。友達でも元カノでもどっちでもいいけどそれを載せる心理どーなってんの? 一番引いちゃったのは車の展示会のような場所でコンパニオンのお姉さんたちと撮った2ショットを何枚もプロフに掲載していた男性。さすがにその男性会員さんへのいいね数はゼロでした」(飲食・Eさん・30歳)

* * *

このほか、自撮り男性やトイレで撮影した写真はダメ! と厳しいご意見もありました。2022年はそんな男性会員をかき分けて素敵な恋人探しが出来ることを応援します☆

TOP画像/(c)Shutterstock.com

OLライター タケ子

恋愛コラムや指南書を読み漁り、婚活の糧にしているOLライター。スイーツや食にも興味あり♪


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.28

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature