育ちは一流、アッチは三流!? お坊っちゃまがベッドでイマイチだったとは… | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 育ちは一流、アッチは三流!? お坊っちゃまがベッドでイマイチだったとは…

LOVE

2021.12.30

育ちは一流、アッチは三流!? お坊っちゃまがベッドでイマイチだったとは…

人よりも優れた物を持ち、時に憧れの対象となる裕福な環境で育ったお坊っちゃま。なんでも手に入れられそうに見えてセックステクは手に入れられなかった!?〈OLライターのタケ子の恋愛連載〉

OLライター タケ子

お坊っちゃまにも欠点が!? 2人の女性の経験とは…

裕福な家庭に育ち有名私立学校を大学までストレートで通い、友人関係にも恵まれ更には大企業に勤める生粋のお坊っちゃま。そんな漫画やドラマの登場人物のような男性は案外都市部には多くいるものです。

生粋のおぼっちゃまは彼氏として申し分ない男性なのかもしれませんが、そんなお坊っちゃまにも欠点が!? 良家育ちの男性と交際、結婚した2人の女性に話を聞いたところ、共通項が見つかったので紹介します!

「お坊っちゃまは○○プレイがお好き?」あやなさん(仮名)28歳

(c)Shutterstock.com

私は普通のサラリーマン家庭に育ったのですが、大学は都内でも有名な良家の子女たちが通う学校でした。そこは幼稚舎から通う人たちもいましたが、私は同じく大学から入学した友人と仲良くしていたので普通の大学と変わらないキャンパスライフだったと思います。

3年の時に一学年先輩だった超セレブな彼を知り合いました。顔もそこそこイケメンだったのでモテていましたけど、なぜか一般庶民女子の私に声をかけてきたんです。『花より男子』みたいな恋愛始まっちゃう♡ と想像しちゃって舞い上がりました。

とにかくその彼は優しい! 今思えば尽くされたという感じは少なかったけど、食事もデートも旅行だってお金は全部彼持ち。今思えば、私のためというより自分が食べたいもの、行きたいところだったんですよね。私は大学生活を楽しめればいいかと軽い気持ちで付き合っていましたが、どうしてもダメだったのが彼とのセックス!

スイッチが入っちゃうと「○○でちゅ〜」って赤ちゃん言葉になるんです! 男の人がこんな急に赤ちゃんプレイになるなんて漫画の中だけの話かと思ったら、彼がまさにそうだったので衝撃! その後彼は基本仰向けになってマグロ状態。仕方なく私があれこれしてあげることでしかセックスが終わらず、ほんとに苦痛でした。

育ちは一流のはずなのにベッドでは三流以下の赤ちゃんプレイ。いい思いは存分にさせてもらいましたが、彼の就職によって私たちの関係は終わりました。

「下手っぴセレブは性欲怪獣」まゆかさん(仮名)43歳

(c)Shutterstock.com

今だから話せますが…、うちの旦那は超絶セックス下手。もう子作りしなくなったから誰かに言いたくて言いたくて!

出会いは… 私がOLをしていた時だから15年以上前。なんで私が入社できたの? ってくらい大手企業で育ちのいい男性社員がうじゃうじゃいて。そんな状況の中、同じ会社の今の旦那に熱烈アプローチをされたんです。

ちょっと小太りだし、服装も高校から変わってないんじゃないの? ってくらいダサかった。もちろん当時の彼氏の方が男前だったけど、周りからのお膳立てや母からは絶対その社内の人にしなさい! って言われ、付き合っていた彼氏とお別れして交際開始。当時はあんまりベッドに誘われることなく性欲がおとなしいお坊ちゃんって印象だった。交際してすぐご両親に紹介されて結婚へ。

旦那の実家は資産家で家も立派で、庭も広くて自然に囲まれて育ったからこんなおおらかで優しい人に育ったのかなと感じてました。

それが結婚してすぐに衝撃的な出来事が! ベッドの枠が外れるんじゃないの!? ってくらいドンドンガンガンするセックススタイル。悪く言えば乱暴。びっくりしすぎて私は声が出なかったほど。

下手とかそういう話じゃなく、彼自身の気持ちよさだけを追求している感じ。しかもほぼ毎晩! 蓋を開ければ性欲怪獣だったんです。私は気持ちいいとかそういう状態ではなかったけれど、結婚した以上、妻の役目かと思い耐えていました。結果、かわいい子供が2人できたし、最近は夫の性欲も落ち着いてきて私も一安心。

性格は優しくて浮気もしないいい旦那様なんですが、俺の性欲によく応えてくれたねといつか私を褒めてほしいですw

* * *

人と比べたくても比べられないのが自分のセックススタイル。欲望だけでは女性を喜ばせることはできませんよね。意外なお坊っちゃまの一面が見られましたか?

TOP画像/(c)Shutterstock.com

OLライター タケ子

恋愛コラムや指南書を読み漁り、婚活の糧にしているOLライター。スイーツや食にも興味あり♪


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.01.22

編集部のおすすめ Recommended

Oggi2月号「ベストコスメ」P.127で紹介している花王 キュレル 潤浸保湿 モイストリペアシートマスクの画像に誤りがありました。正しくはこちらになります。
https://www.kao.com/jp/products/curel/4901301395092/
お詫びして訂正いたします。

Oggi2月号「ベストコスメ」P.129で紹介しているパルファム ジバンシイ プリズム・リーブル・ブラッシュの色番号に誤りがありました。「2」ではなく、正しくは「4」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature