Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 知らないと赤っ恥! 野球の「バックネット」って和製英語?【伝わる英会話講座】

WORK

2022.01.03

知らないと赤っ恥! 野球の「バックネット」って和製英語?【伝わる英会話講座】

正しい英語を使うために! 英語のクイズに挑戦しましょう。今回は野球の「バックネット」。

野球の「バックネット」を英語で言ってみよう

野球好きで知られる外国人の取引先との雑談で、日本の野球について会話が始まりました。「バックネット」と伝えたとしたら、相手に正しく伝わると思いますか。

この「バックネット」は和製英語でしょうか。それとも……!?

【問題】
野球の「バックネット」を英語で言うとどっち?

1. back net

2. backstop

正解は?

(c)Shutterstock.com

2. backstop

野球に関するカタカナ表現は、英語をそのまま使っているように思いますが、いわゆる和製英語も混じっています。バックネットも和製英語で、英語ではbackstopと言います。backstopは「~のキャッチャーを務める」という意味の動詞としても使われます。

★Oggi.jpでは毎日朝6時に言葉クイズを更新中です。毎日チェックして言葉の達人になりましょう!
他の言葉クイズにもチャレンジしてみませんか? 記事一覧はこちら

【もっと英語の達人になりたいときは!】
ジャパンナレッジ「大人のためのやり直し英語練習帳


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.06.26

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature