ただのキッチンマットのようで… ようやく出合えた名品♡ | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. ただのキッチンマットのようで… ようやく出合えた名品♡

LIFESTYLE

2021.10.19

ただのキッチンマットのようで… ようやく出合えた名品♡

生活雑貨を手掛けるオカの「優踏生 洗いやすい キッチンマット」をピックアップ!

キッチンマット難民に終止符! たどり着いたのは……

コロナ禍で料理をする時間が増え、必然的にキッチンに立つ時間も長くなりました。そうなると目につくのが、キッチンマット。

いままで雑貨屋さんでデザインが気に入ったキッチンマットを使っていたのですが、とにかくズレることが多く。料理を運ぶときに何度転びそうになったことか。これではいけない! と思い、惜しみながらも新調することを決意。

しかしキッチンマット選びって意外と難しい。そもそも必要なのか? とか、必要だとしても、拭けるタイプのほうがメンテがしやすいのではないか? など、いろいろと悩みました。

でもやはり水はね・油はねが気になるし、冬場は足元が冷えるし、などのことを考慮して口コミなども参考に選んだのが……

こちらのキッチンマット。その名も「優踏生 洗いやすい キッチンマット」

▲優踏生 洗いやすい キッチンマット/¥1,320~5,500(税込)

これが使ってみて想像以上によかったので、紹介したいと思います!

◆ズレにくいから快適!

独自開発のすべり止めにより、とにかくズレにくいのがこのキッチンマットの特長。

料理中ってバタバタとキッチンを動き回ることが多いけれど、びくともしません。

掃除機をかけるときも持ち上がってめくれることがなく、とっても快適! 使い始めてまだ日が浅いものの、いままでの苦労はなんだったのだろうかと思ってしまったほど。

掃除中にほつれたり毛羽立ったりすることもなさそうです。

◆やわらかくて洗いやすい!

一般的なキッチンマットって、洗濯機の中でかさばって洗いづらいところも難点。

でもこのキッチンマットなら、薄手で軽く、驚くほどやわらかいので、折りたたむとコンパクトに!

洗濯のハードルをも下げてくれる、これぞまさに優等生♡

薄いからキッチンの引き出しにも干渉しません!

◆オールシーズン使える!

分厚くてふかふかな感じではないけれど、かといってペラペラで頼りなくはまったくないので、オールシーズン使えます。

クッション性もほどよくあって、足に負担がきません。

◆豊富なサイズから選べる!

サイズ展開が豊富なところも、このキッチンマットの魅力のひとつ。以下のサイズから選べるほか、オーダーメイド(幅は45cmか60cmから選択)もあるそう(私は約45×90cmを選びました!)。

【サイズバリエーション】
約45×90cm/約45×120cm/約45×180cm/約45×240cm/約45×252cm
約60×180cm/約60×240cm/約60×252cm/約60×270cm/約60×300cm

またデザインは、ベージュ、ブラウン、グリーン、ヘリンボン グリーン、ヘリンボン グレーの全5種類。今回紹介したのは、「ヘリンボン グレー」。

さりげないヘリンボン柄と、北欧っぽい雰囲気に一目ぼれしてしまいました♡

いずれもナチュラルなテイストなので、どんな床にも合わせやすそうです!

オカ

※記事中の感想は筆者個人の感想です

文/川原莉奈


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.01.21

編集部のおすすめ Recommended

Oggi2月号「ベストコスメ」P.127で紹介している花王 キュレル 潤浸保湿 モイストリペアシートマスクの画像に誤りがありました。正しくはこちらになります。
https://www.kao.com/jp/products/curel/4901301395092/
お詫びして訂正いたします。

Oggi2月号「ベストコスメ」P.129で紹介しているパルファム ジバンシイ プリズム・リーブル・ブラッシュの色番号に誤りがありました。「2」ではなく、正しくは「4」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature