相手を励ましたいとき、活を入れたいときに使える! Englishワンフレーズ〈Oggi専属読者モデル 神谷成美〉 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 相手を励ましたいとき、活を入れたいときに使える! Englishワンフレーズ〈Oggi専属読者モデル 神谷成美〉

WORK

2021.10.15

相手を励ましたいとき、活を入れたいときに使える! Englishワンフレーズ〈Oggi専属読者モデル 神谷成美〉

Oggi専属読者モデル・神谷成美さんが紹介! さっと使えるとかっこいい、気の利いた「英語のワンフレーズ」。

オッジェンヌ・神谷成美さんの海外ドラマから学ぶ、Englishワンフレーズ

Oggi専属読者モデル オッジェンヌ 神谷成美さん
30歳・金融関連会社・秘書。NHK沖縄放送局のキャスターから外資系航空会社のCAを経て現職へ。趣味は、海外ドラマの鑑賞。

活を入れたい時に
「Stop second-guessing!(あれこれ考えるのはやめて!)」

「このフレーズが登場するのは、外科医たちの奮闘や恋愛模様を描いた医療ヒューマンドラマ『グレイズ・アナトミー』。利き手を負傷し職場復帰に自信がない心臓外科医のバークに対して、〝Stop second-guessing!〟と恋人クリスティーナが言い放つシーンがあります。〝Second-guessing〟は、変えられない過去を必要以上に批判したり、根拠もないのに将来を案じることを意味します。

私は、自分に活を入れるときや、相手を強く励ましたいときに使っています。今回のフレーズはやや直截的な表現なので、だれかに使いたいときは励ましの言葉も添えると丁寧です。〝Stop second-guessing! Confidence is everything, you need to move forward!〟(思い悩むのはやめなよ! 自信もって、前に進んで!)

決断に悩んでいる相手や自分自身の背中を押したいとき、ぜひ使ってみてくださいね!」(神谷さん)

〝Stop second-guessing!〟のしすぎに注意したい!

2021年Oggi11月号「月刊オッジェンヌ」より
構成/篠﨑 舞
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.27

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature