【ヘラルボニー×FANO】コラボ|アートピース級の扇子が、この夏の相棒に決定! | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. インフォメーション
  3. チームOggiのハマリモノ
  4. 【ヘラルボニー×FANO】コラボ|アートピース級の扇子が、この夏の相棒に決定!

INFO

2021.07.07

【ヘラルボニー×FANO】コラボ|アートピース級の扇子が、この夏の相棒に決定!

毎日の生活の中で編集部員たちが愛するモノやコトを紹介する「チームOggiのハマリモノ」。今回は、新しいアートの形に挑戦する会社「へラルボニー」のコラボグッズを紹介します!

異彩を放つ福祉実験ユニット【HERAL BONY(ヘラルボニー)】にわくわくしっぱなし!

先日放送された「報道ステーション」の特集でたまたま知ったのがこのヘラルボニーという会社。その視点とコンセプトに痺れちゃいまして、放送当時開催されていた渋谷スクランブルスクエアのPOP UPに即、足を運んだ次第。どんな会社かは、公式HPに掲載されているMISSONを読んでいただくのがいちばん手っ取り早いのでどうぞ。

知的障害。その、ひとくくりの言葉の中にも、無数の個性がある。豊かな感性、繊細な手先、大胆な発想、研ぎ澄まされた集中力…

“普通”じゃない、ということ。それは同時に、可能性だと思う。

僕らは、この世界を隔てる、先入観や常識という名のボーダーを超える。そして、さまざまな「異彩」を、さまざまな形で社会に送り届け、福祉を起点に新たな文化をつくりだしていく。

具体的には、知的障害のあるアーティストの方々の作品をさまざまな形で世の中に送り出し“ビジネスとして成立させている”会社なのです。

で、私が購入したのはこちらです!

FANOコラボの扇子!

ちなみにFANO(ファーノ)は、広島に贈られた折り鶴の再生紙を利用してデザインした扇子。複雑な直線が織りなす幾何学と配色の妙に惹かれ、アーティストMichiyo Yaegashi氏の「おりがみ」という作品を選んで購入。

クーラーの設定温度を17度くらいに設定しておきたい重度の暑がりのため、夏場のオフィスは扇子などの自衛策が必須でして。この夏は職場の夏をこの「おりがみ」で乗り切りたいと思います。

▲逆側のデザイン

▲ちなみに折りたたむとこんな感じ。開いてよし、閉じてよしのグッドルッキンなアイテムですよね。涼しげな名前もツボ。

福祉をチャリティ以外で捉えるクールな視座!

もともとアウトサイダーアートなどに興味のあった私ですが、この「ヘラルボニー」という会社は、知的障害を“障害”ではなく“個性”と捉え(私的には才能と自動変換)、さらにその発想をビジネスとして成立させている、というところにとにかく感動。

日本全国の福祉施設に所属しているアーティストの作品の販売はもちろん、その意匠から派生したグッズやイベント、ギャラリーの開催など多角的に展開しており、下記にほんの一例を。

・成田空港のオープンスペースでのミュージアム

・ネクタイやハンカチ、スカーフ、エコバッグなどの小物類

・日本橋コレドの期間限定POP-UP

ちなみに社名の「ヘラルボニー」とは、創業者の松田崇弥CEOと松田文登COO両氏(おふたりは双子!)の、自閉症と知的障害がある兄、松田翔太氏が7歳の頃に自由帳に記した謎の言葉とのこと。

どおりで耳馴染みのないはずですが、声に出してみるとリズムや響きがなんとも心地よく、口の中で何度も転がしたくなる名前です。

というわけで、「先入観や常識という名のボーダーを超える」と宣言している、このアートライフブランド【HERAL BONY(ヘラルボニー)】これからも注目していきたいと思います!

ヘラルボニーHP

【公式】HERAL BONYオンラインストア

エキスパートエディター 岩﨑僚一

Oggi・Domaniブランド室エキスパートエディター。20年近く、雑誌、ウェブ、写真集、書籍など数々の編集を経てきましたが、エキスパートになったのは二日酔いだけ。ちなみに今年に入ってふと一週間ほど断酒をしたら(成人以降初めての経験、、、、)体重は落ちるわ体調は抜群だわで良いことしかないです。で、そのままなんとなく飲酒量は激減。もはや二日酔いも卒業の勢いで、私は一体、何のエキスパートなのでしょうか、、、。あ、ちょっと前ですが美容鍼打ちました


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.07.29

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature